管理人管理人

先日、知り合いの前でiPadから電話をかけると「ファッ!?iPadから電話かけれるの?」と驚かれたのでその方法を当記事ではシェアさせていただきたい。iPadでも基本的には電話がかけられることを覚えておくとかなり便利。[@appleshinja_com]

Apple製品を購入検討中のあなたへ

Amazon公式のApple製品ポイント還元率がヤバい事になっているのをご存知だろうか?

※現在、品切れの製品も多い上に、還元率は頻繁に変わるので早めにチェックしておこう


M1 MacBook AirM1 MacBook ProM1 Mac mini


11インチiPad ProiPad Air無印iPadiPad mini12.9インチiPad Pro


Apple Watch Series 6Apple Watch SE


安く買うコツ

はじめに:iPadから電話をかける方法は”2つ”

まず、iPadから電話をかける方法は主に2つあることを知っておこう。その2つとは、

  • FaceTime
  • Wi-Fi通話(iPhoneを通して電話をかける)

これら2つは似ているようで全く違うので覚えておこう。

・FaceTime→相手がiPhoneであれば通話可能【通話料無料(通信費はかかる)】
・Wi-Fi通話→相手がiPhone以外でも通話可能 ※iPhoneの電話アプリを通じて電話するので固定電話やAndroid機にもかけることができる【iPhone側で契約しているSIM業者の通話料がかかる】

相手にFaceTimeで通話可能かどうかは、連絡帳であればアイコンが出ているかどうかでわかる。


(アイコンが点灯していればFaceTime可能。上記の場合は不可)

あるいはFaceTimeオーディオで実際にかけてみるという手段もある。

iPhoneやiPadでは基本的にメモ帳やSafari上の電話番号を長押しするとどのアプリから電話を発信するかどうかの選択が可能だが、FaceTimeオーディオができない相手の場合は、1コールかかった後にツーツーツーと音が鳴って自動的に切れるようになっている。

ただ、実用的なことを考えると、

・FaceTime→知り合い(相手がiPhoneの場合)
・Wi-Fi通話→知り合い以外のレストランやホテル、配送業者など

という感じで使い分けるといいと思う。

FaceTimeの場合は電話帳やFaceTimeアプリから電話番号を通じて電話をかければ良い。この記事では、相手がiPhoneではない場合にiPadから電話をかける方法を3つ紹介させていただこう。

Wi-Fi通話を使うために必要な2つの設定

iPadから電話をかけるためには、iPhone側とiPad側の設定を1つずつ行う必要がある。それらを以下、解説。と言いたいところなのだが、その前に以下の条件は満たす必要がある。

  • 同じWiFiに接続していること
  • 同じiCloudにログインしていること

そう、同じWiFiに接続する必要がある。
Appleの公式サイトを見てみると”iPhoneを通じて電話をするWi-Fi通話”を行うためには、それら2つが条件であることが明記されている。iPadで電話をかける/受ける – Apple サポートにて確認できる。

次に、早速iPhone側の設定から解説していこう。

iPhone側の設定

設定アプリを開く

モバイル通信を選択

「ほかのデバイスでの接続」を選択


許可したいデバイスをONにしよう。基本的には全てONにしておくと良いように思う。

iPad側の設定

設定アプリを開く

FaceTimeを選択

iPhoneから通話をONへ

以上で設定は完了だ。
次に、iPadから電話をする方法を3つ紹介していこう。

iPadから電話をかける方法3選

これぞApple。好きすぎる。

1、Safari・SNS・マップアプリ上の電話番号をタップする

Safari上にある青色リンクになっているような電話番号には電話をかけることができる。例えばApple Storeであればこんな感じ。

「iPhoneで〜に発信」を選択すると電話をかけることができる。

マップアプリからも電話可能。


Googleマップからも可能。



私はレストランの予約をするときなどに使っているがかなり便利。iPad miniでサクサクとブラウジングしてから通話できるなんて幸せすぎる。

2、電話帳からかける

「連絡先」アプリを開いて発信というアイコンをタップしよう。

するとiPhoneを通して電話ができるWi-Fi通話にて発信できる。

3、FaceTimeで電話番号を入力する

FaceTimeアプリを開いて+アイコンをタップ。

電話番号を入力してreturnキーを襲う。

するとオーディオという項目が出てくる。

こちらをタップすると電話を発信することができる。

以上がiPadから電話をかける3つの方法だ。

今日のお告げ「LINEからFaceTimeへ移行すべき時は今。」

FaceTimeは今秋のアップデートからAndroid、WindowsにもWeb版からかけれるようになる。Zoomのようなアプリになり、世界中に広まる可能性も大いにある。

また、FaceTimeは通話が無料であることに加えて、音質も素晴らしい。ビデオ通話の質も高い。こちらのツイートのリプライでもいくつか、そういう感想を抱いている人の声が確認できる。

一方でなぜか日本で流行しているLINEは重い・遅い・セキュリティガバガバの三重苦が改善されないまま、年々余計な機能を搭載させ続けている。LINEスタンプは可愛いものが多くて私は大好きだが、「なんで日本人みたいな製品の質に厳しい人たちがLINEを使っているか謎。」と私の外国人の友人が言うようにアプリの質自体は高いとは言えない。

例えばFacebook messengerとかだとWebページを爆速で開くことができるように改良に改良を重ねているし、WhatsAppであれば電話番号さえ知っていればメッセージも通話も無料でできる。海外に住んでいる私の友人たちもよくWhatsAppでビデオ通話をかけてくる。両アプリとも引き継ぎもめちゃくちゃ簡単。一方でLINEはLINEスタンプ以外は・・・という感じ。

Apple信者として悲しい気持ちもあるが、ただただ、「FaceTimeはめっちゃ便利やでー!」と主張したい。

iPhoneが普及していない国であればまだ納得できるのだが、これだけiPhoneが普及しているのにFaceTimeがほぼ使われていないのは???と思ってしまう。

そんなわけで今後はLINEを捨ててFaceTimeを使おう!とまでは言わないが、オーディオ通話・ビデオ通話はせめてFaceTimeを使おう!と主張していきたいと思う。

一度ぜひ使ってみてくださいませ。