管理人管理人

読者さんに教えていただいた神アプリPixelmator Pro。5ヶ月ほど使ってみて”効率的な編集方法”が自分の中で確立されつつあるので、その方法を共有させていただきたいと思う。[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


2月25日(火)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2020年2月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

まず結論:Pixelmator Proを”超効率的”に使う5つの編集テクニック

だらだらと基本的な仕様・使い方を解説してしまっても眠くなるだけなのでまずは結論から。

Pixelmator Proを”超効率的”に使う5つの編集テクニックとは、

  • 基本的な3つの編集方法(文字入れ、フィルター、ML Enhance)
  • 応用的な2つの使い方(Mac純正アプリからの起動方法、一括編集するAutomatorの導入)

の「基本編」「応用編」に分けられる2つのテクニック。

他の編集方法についてはいじりながら覚えていく方が習得が早いように私は思う。そのため、上記のおすすめの使い方だけを当記事ではお伝えしていきたい。

ちなみに「応用的な使い方のAutomatorの導入」については全てのMacユーザーが今すぐ行うべきことだと私は思っている。それくらい重要だし、便利。

では、次項からPixelmator Proの実際の使い方を解説していこう。より理解を深めるために、まずはPixelmator Proとは?というところから。

Pixelmator Proとは?

まず、一言で行って仕舞えば、Pixelmator Proとは、

Photoshopには劣るが、Appleが認める、Macとの連携機能が便利な超高性能画像編集アプリ。

Pixelmator Pro

4,900円
(2020.02.15時点)
posted with ポチレバ

実際、Appleは公式ストアで以下のようにPixelmatorについて触れている。

Mac で写真を編集する方法 – Apple サポート

私も読者さんに「Macから編集しやすいので便利ですよ〜。」と教えていただいて即購入したのだが、「もっと早く買っておけばよかった!」と後悔してしまうほどに高機能。

では、まずは基礎編から。

【基礎編】まずはここから!使い方3選

私がおすすめする基礎的な使い方は主に3つ。

  • テキスト挿入
  • 自動編集
  • フィルター

以下、1つずつ解説していこう。

1、テキストを入れて”伝えたいこと”を明確に

テキストを入れるために、まず、Pixelmator Proの右側タブの中にある「T」のアイコンをクリックしよう。

すると画像上に「テキスト」というテキストが入ったはずだ。これでテキストを入力できるようになる。

さらに、画面右側にあるオレンジで囲った部分を変更すれば「フォント」「文字の大きさ」「文字の色」を変更することが可能だ。

試しに文字を入れてみた。

ただ、これだけだと少し味気ない場合がある。その場合は文字の周囲に縁をつけてあげると見やすくなることが多い。

画面右側の最上部にあるアイコンをクリック。

次に、「線」と書かれた部分をタップしてみよう。すると文字の周囲に色の枠がつく。「線の幅」「色」などを変更可能なので、好みの枠線をつけてみよう。

たったそれだけで文字がすごく目立つようになる。

さらに!

文字に枠をつけただけでは物足りない場合は、文字にシャドウ(影)をつけることもできる。

画面右側にある「シャドウ」の部分にチェックマークを入れると以下のようにシャドウが表示されて立体感が出る。

シャドウのコツは「ぼかし」と「距離」をうまく調整すること。ほどほどにシャドウをぼかして、距離をつけてあげると立体感が出る。

文字入れに関しては、以上のことだけを知っておけばそれなりの画像が作成できるようになるので、色々と試しながら自分の好きなパターンを身につけていってみてほしい。

ちなみに私は画像編集も好きだが、最近はいろんなフォントを買ったりダウンロードして遊んでいる。これもまた画像編集の面白さでもある。

2、フィルター機能を使って”より美しい”写真へ

次に、写真を簡単に魅力的にするためにフィルター機能を使ってみよう。

画面右側の以下のピンク枠で囲った部分をクリックしてみよう。するとオレンジ枠で囲ったようにたくさんのフィルターが表示される。

自分のイメージに近いものを色々と試してみると、オリジナルよりも自分が伝えたいものになることもあるので面白い。

以下の画像はビンテージを採用してみたもの。少し昔の喫茶店っぽくなってなんだか親しみが湧く。

Pixelmator Proには多くのフィルターがデフォルトで用意されているので色々と試してみるといいだろう。

3、驚異の自動編集”ML Enhance”

最後に、基本的なPixelmator Proの使い方として「ML Enhance」について解説させていただきたい。

そもそも、私がPixelmator Proを使い始めた最大の理由は「ML Enhance」すごいですよ!」という読者さんからのメッセージだった。

論より証拠。こちらが公式サイトにアップロードされているML Enhanceの動画。すごすぎる・・・

2,000万枚のプロの写真を機械に自動学習させたものを反映した機能らしく、ほとんどの写真で”最高の写真”にしてくれる超賢い機能。めちゃくちゃ優秀。

試しに、先ほどのあんみつの画像で試してみよう。

ML Enhanceの使い方は、画面右側の以下のピンクアイコンをクリック。(前述したフィルター機能と同じ箇所) 次に、画面右上のオレンジで囲ったML Enhanceを選択しよう。

すると・・・

こんな感じで見るからに美味しそうになった。少し黄色がかっていた全体が実際に目で見た通りの色味になり、ソフトクリームやフルーツが最適なカラーバランスになっている。

並べてみるとわかりやすい。ソフトクリームの色が特に。

ML Enhanceを使えば多くの場合は細かい編集が必要ないくらいに綺麗な写真になるので、私はもっぱらML Enhanceばかりを最近は使っている。

【応用編】”超効率的”な2つの編集テクニック

次に応用編として、さらにPixelmator Proを使いこなすテクニックをお伝えしていこう。

1、純正写真アプリから”直接”起動

冒頭で「Macに最適な画像編集アプリ」と定義したのはこれが理由。Pixelmator ProはMacの純正写真アプリの編集画面から直接起動させることができる。

起動のさせ方もかなり簡単。

まず、写真アプリを起動させて編集ボタンをクリックしよう。

その後、以下の部分をクリックするとPixelmator Proを選択できる。

するとMacの写真アプリ上でPixelmator Proが起動する。そのため、編集を行ったものを保存すればそのまま写真アプリ上で保存される。

つまり他の画像編集アプリのように、

写真アプリを起動する

別の画像編集アプリで写真を読み込む

画像を編集する

画像を指定したファイルや写真アプリに書き出す

という面倒な工程を一気に飛ばして「直接、写真アプリ上で起動させて、編集し保存する」ということが可能になる。

これがめちゃくちゃ便利。一度使うと他のアプリを使う気が失せてしまう。

2、大量の写真をAutomatorで”自動化”編集

次に、私が最もお伝えしたかったAutomatorの自動化についてお伝えしていこう。とは言っても難しくはないので安心してほしい。

まずは、Mac上でAutomatorを起動させよう。

※Automatorとは?という方はこちらの記事を参考→【作業効率化】今さら聞けないAutomatorの設定・使い方ガイド

すると、どの書類を作成するか聞いてくるのでクイックアクションを選択。

その後、以下のように「Auto Enhance images」を選択して、右側へドラッグアンドドロップ。

あとは「コマンドキーとS」を同時押しして保存しよう。

その後は、クイックアクションを起動させるだけで、選択した画像がすベて一括で自動編集される。

クイックアクションの起動方法は以下の通り。

ファインダー上で複数の画像ファイルを選択

右クリック(トラックパッド上で2本指でクリック)

クイックアクション

作成したクイックアクションを起動

これだけで選択した写真が全て一括で自動編集されていく。

もはや快感。

ちなみに私がこのAutomatorを活用する場面だが・・・以下のシリーズで私は素晴らしいカメラを購入したので、景色や食べ物、人物などを大量に撮影するようになったことがそもそもの要因。

ド素人のミラーレス一眼購入化計画Vol1. 「高級コンデジからのステップアップ」

それらを友人や家族に配ってあげるとすごく喜ばれるのだが・・・

50枚、100枚とかの写真を一気に編集していくのは時間がかかる。そのため、最近は上記のAutomatorにて一括編集している。個別にザーッと写真をチェックしていき変な自動編集されているものだけ個別で編集を加えればいい。(変な自動編集される場合はほとんどないが)

これで私の作業も効率化されるし、私の家族や友人も喜ぶしいいことだらけ。

総評レビュー「画像編集アプリとして個人的にNo,1アプリ」

Mac上で私はいろんな画像編集アプリを使ってきたのだが、Pixelmator Proを使い始めてから、「これは、間違いなく自分史上No,1アプリ。」と思うようになった。

もちろん、プロから言わせればフォトショップには劣る画像編集アプリだとは思うが、仕事で使わないのであれば十分に高性能。しかも画像編集アプリの中ではかなり安い部類。

Pixelmator Pro→4,900円
フォトショップ→月額980円

という感じで買い切り版なので将来的なコストもかなり安くつく。フォトショップも高くはないのだが、仕事で使わない限りは必要ないだろう。

Pixelmator Pro

4,900円
(2020.02.15時点)
posted with ポチレバ

そもそも、私もPixelmator Proの機能を全て使いこなしているわけではないのでまだまだ勉強中。Automatorとの相性も良いので色々と自動化していこうと思っている。

もし、あなたが便利な使い方を発見されたらコメント欄で共有していただければ幸いだ。