管理人管理人

「USB-Cハブを探しているのですが、どれがおすすめですか?」という質問を当ブログではたくさん受け続けてきた。当記事ではその結論を出したいと思う。一言で言えば、非純正品を買うのはあまりおすすめできない。(理由は記事内で)[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


2月25日(火)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2020年2月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

まず結論

だらだらと製品紹介リンクを貼るよりも、まずは私の結論をお伝えさせていただきたい。私の結論としては、「Apple純正品のUSB-Cアダプタを使うべき。」というものだ。

純正品を使うべき理由は、

純正品のUSB-Cアダプタは動作が安定している。

という単純ではあるが最も重要な理由。

非純正品を使うことによるデメリットは後述していくが、私ははっきり言って非純正品を購入して一定期間使ってきたことを後悔している。

13インチMacBook Pro購入当初はサードパーティ製のUSB-Cハブもあまりなく、私が購入した製品はその中でもレビューが良いものだったが・・・それでも品質的に問題があった。

その経験、体験を当記事ではあなたに共有していこう。

非純正品の3つのデメリット

まず、私が使ってきた非純正に対して思うデメリットは以下。

  • 熱い
  • 不安定
  • 接続部分の堅牢性

もちろん、純正品よりは安いと言うメリットもあった。

ちなみに、私が購入した製品はこちら。

レビューを辿ってみると2017年ごろから販売停止になっているようだ。トップページにいってみても全ての製品が現在在庫切れの表示。理由は定かではないが、ちょっと何かを勘繰ってしまう。

ただ、繰り返しお伝えさせていただきたいが、当時はUSB-Cハブはそれほど種類が多くはなく、この製品は比較的安価(6,000円くらい)だったこともあり多くの人が購入していた。人気もあったように思う。今、調べてみても2016年、2017年当時のレビューが大量にGoogle上で見つかる。

販売停止になっている製品に対して今さら文句を言うようで申し訳ないのだが、この製品を使い始めた直後はあまり問題はなかった。SDカードを挿して、たまーにUSBハードディスクを繋ぐくらいなら特に問題はない。

ただし、色々と使っていく中で、

  • HDMIケーブル接続中にUSB-Cポートへ接続してもゆるゆるなので少しぶつかっただけで映像が途切れる
  • HDMIケーブルで外部出力中に鉄板のような熱さになる
  • USBハードディスクなどを接続中に少し動作が不安定になるのでドライブが強制的に取り出されることがある

などの問題が生じ始めた。もちろん、私の購入した製品個別の問題である可能性はある。それは否めない。

ただ、これらの問題を抱えたままで使い続けるのはあまりに不安だったので、Apple純正品のUSBハブを使い始めたのだが・・・

安定感がすさまじい。

→USB-C Digital AV Multiportアダプタ【Apple公式】

  • 抜き差しするときに「カチッ」という感覚がありしっかり差し込めるので安定している
  • 長時間外部出力してもそこそこ熱くなる程度で鉄板のようにはならない
  • 動作が安定している

とメリットだらけ。

もっと早く買っておけばよかったと後悔しているくらいだ。7,000円以上するので躊躇っていたが、安定性を考えれば何よりもいち早く投資しておくべきだった。

補足:おすすめできる4つの非純正品USB-Cアダプタ

ただし!

Apple純正品はシンプルすぎるがゆえにUSB-Cハブの種類は少ない。前述した私が購入したUSBハブもSDカードは一緒に読み込めなかったりと不満がないわけではない。

そこで、以下、Apple純正品ではないがAppleが公式ストアで販売しているハブを紹介していこう。(当記事執筆時点では以下の4つしか存在しなかった)

→Belkin 4ポートUSB 3.0ハブ、USB-Cケーブル

→CalDigit Thunderbolt 3 Mini Dock

→CalDigit TS3 Plus Dock

→Belkin Thunderbolt 3 Express Dock HD

ちなみに、Apple公式ストアでなくても評判の良い製品は存在する。例えば、Satechi。

私は使ったことがないので無責任なことは言えないのだが、Satechiのファンは多いらしく当ブログの読者さんたちにも愛用者は一定数いるようだ。報告もちらほら届いている。

何よりも見た目がかっこいいので試してみてもいいかもしれない。

注意:ハブ沼には気をつけて

記事のトップ画像を見ていただければわかるように、私はApple純正品のUSB-C、ライトニングのハブ、アダプタを大量に保有している。

これは、アホなApple信者の一例なので真似しないように。

USB-CからSDカードを読み込んだり、ライトニングからHDMI出力したりと、たまにしか使わないものをわざわざ純正品で揃える必要はない。そもそも、私はiMacを所有しているのだから拡張性はそこそこある。なぜ、こんなに揃えてしまったのか…

1つ揃えると2つ目以降も欲しくなってしまう。くっ・・・真っ白なアダプタを見ているだけで幸せすぎる・・・

アダプタ型の寝袋とかあればいいのに。
いつかこの中に入ってみたい。

今日のお告げ「可能な限り純正品を!」

私が当記事を書いたのには主に2つの理由がある。

  1. USB-Cハブへの質問がたまに届くこと
  2. 私自身が純正品へと買い替えて感動したこと

だからこそ、当記事では「USB-Cハブを買う場合は可能な限り純正品を!」という結論で再度、締め括らせていただきたい。もしくは、Apple Storeで公式に認められている製品が無難だろう。

Amazonや楽天では粗悪な製品が増え続けているし、レビューを見分けるのは難しい。Google上のウェブサイトも、Youtube上の動画も信用できない情報が混ざってしまっている。

どうか、私のように後悔のない買い物をしないためにも、しっかりと製品を調べた上で製品を購入することをおすすめする。(私はその調べる時間が無駄だと思っているのでApple公式ストアや国産メーカーのものしか購入しないようにしている)