管理人管理人

例年であれば9月に発表される新型iPhoneが発売されなかった。それにより、「iPhoneっていつ発売なの?」と思う人が増えたようだ。(私の家族含めて)当記事では最新のiPhone 12の噂をまとめてみたので待つかどうかの参考にしてみて欲しい。[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


10月25日(日)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2020年10月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

いつ発売なの?

【iPhone 12シリーズ】
イベント日:10月13日の26時ごろ(時間については明らかにされていないが、基本的には日本の深夜に行われることが多い)
予約開始日:イベント後
出荷時期:10月19日

【iPhone 12 Proシリーズ】
予約開始・出荷ともに11月ごろ

これが有力なリーカーと呼ばれるリーク情報を持っている人物やアナリストたちの大方の予想。

ソース源としては、

有名な予想屋のプロッサー氏。

世界的に有名なアナリストのクオ氏も、

  • iPhone 12は10月上旬
  • iPhone 12 Proの5Gミリ波非対応モデルは10月下旬
  • 5Gミリ並対応モデルはそれ以降

と予想している。

これらの有力な情報を加味すると、10月中には新型iPhone 12は発表されそうだ。

ただし!
5Gの真価を発揮すると言われているミリ波対応のiPhoneは年末ごろの発売になりそうなので、狙っている人はさらに待つ必要がありそうだ。

※上記2名は2019年〜2020年頃の的中率は高かったが新型コロナウイルスの影響で2020年中盤以降は予想が外れまくっている。特にプロッサー氏はほとんど外れ。Apple側が何かしらの対策を取っているのかもしれない。そう考えると発表はイベントなしのサプライズ発表も考えられる。もしくは、12月ごろになる可能性も視野に入れておく必要があると言えるだろう。

Source: 【苹果研究】近期Apple新产品量产时程与发布预测更新;大部分供应商股价在新产品发表后上涨空间有限

Via: iPhone12の発表が10月上旬、Proシリーズの出荷に遅れ〜ミンチー・クオ氏 – iPhone Mania

iPhone 12はどんなスペック?

スペックに関しては従来から噂されている通りのラインナップになりそう。

  • 発売されるモデルは4種類(通常モデル2種類、プロモデル2種類)
  • 通常モデルのiPhone 12は5.4インチと6.1インチ
  • 通常モデルは5Gの性能を活かしきれないかもしれないsub6に対応(4Gモデルと考えた方がいいかもしれない)
  • プロモデルのiPhone 12 Proは6.1インチと6.5インチ
  • プロモデルは5Gの性能を活かすためにミリ波に対応(発売はミリ波非対応のモデルが早いかもしれない)
  • New プロモーションには非対応
  • New カメラはプロモデルは光学3倍ズーム
  • New プロモデルはLiDARに対応
  • New 端子は全てライトニング端子

上記のスペックについては3ヶ月ほど前に、今、iPhoneは買うな!iPhone 12を待つべき5つの理由の記事内でお伝えした通り。あまり変化はない。

後ろの4つが新しい噂だが、性能差として嬉しいのは光学3倍ズームに対応することくらいだろうか。

LiDARは2020年のiPad Proから搭載されたAR機能をさらに進化させるようなカメラ性能なのだが、正直、今の段階では使い道が見えてこない。まだ必須の機能とも言えないし積極的に狙う理由にはならないだろう。

もし、さらに詳細なスペックを知りたいということであれば他メディアではあるが、以下のiPhone maniaさんのページが参考になると思う。

特集!iPhone12のスペック・端末料金を徹底比較 – iPhone Mania

どれが買い?

まだ販売はされていないが個人的には、非プロモデルのiPhone 12 Max(6.1インチ)が気になる。

非プロモデルということもあり、まだ安価だろうし、なによりもiPhone XS Max(6.5インチ)を所有している私としては大型iPhoneの魅力は分かっているつもりなので、ぜひ、この大型iPhoneの魅力が広まって欲しい。

プロモデルについては、

  • デザイン良し
  • カメラ性能やや良し
  • 5Gのミリ波に対応

というメリット以外にはそれほど魅力的な機能は搭載されなさそうなので、多くの人にとっては必要ないと思う。そもそも高額すぎるだろし・・・

多くの人は5.4インチか6.1インチの非プロモデルのiPhone 12で悩むことになりそうだ。

【おすすめ関連記事】
【完全版レビュー】iPhone XS Maxを1年間使ってわかった15のこと

今日のお告げ「iPhone買わなくていい買わなくていい運動」

私が当ブログを発足した当初から言い続けていることだが、iPhoneの買い替えは頻繁に行う必要はない。

最低でも3年使ってから買い換えることをおすすめする。1、2年で買い換えるなんて論外。

特に最上級のプロモデルは所有欲を満たすだけのモデルと言ってもいいくらいの機種なので、買うとすれば非プロモデルのiPhone 12シリーズをおすすめしたい。

そして、安価で高スペックなiPhoneを購入した後は、iPadやMacを購入検討してみることをおすすめする。

この辺りの話は、Apple製品”三種の神器”論「直感は熟考を超える」 を読んで頂きたいが、要するに「Mac」「iPad」「iPhone」の三種の神器を揃えた時にこそApple製品の作業効率は最大化されるということだ。

iPhoneだけを持つならAndroid機の方が利便性が高い部分も多いが、iPadやMacと組み合わせるなら絶対にiPhoneが良い。ぜひ、あなたもiPhoneだけではなく、iPadやMacにも目を向けてみて欲しい。

何よりも・・・「Mac」「iPad」「iPhone」の3つに囲まれて生活するのは最高ですよ?

【おすすめ関連記事】
【最新】Apple製品購入完全ガイド!絶対に後悔しない買い方まとめ