管理人管理人

あかん。触らんかったらよかった。見なければよかった。[@appleshinja_com]

Apple製品を購入検討中のあなたへ

Amazon公式のApple製品ポイント還元率がヤバい事になっているのをご存知だろうか?

※現在、品切れの製品も多い上に、還元率は頻繁に変わるので早めにチェックしておこう


M1 MacBook AirM1 MacBook ProM1 Mac mini


11インチiPad ProiPad Air無印iPadiPad mini 612.9インチiPad Pro


Apple Watch Series 7Apple Watch SE


安く買うコツ

上位版Macのファーストインプレッション

まず、一目見た感想。

古のMacやん。
PowerBook G4やん。

まじでこんな感じだった。というかそっくり。


PowerBook G4 – Wikipedia

見た瞬間。
私は・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

かわいい…(ボソッ)
お餅みたい。ぼってり感が可愛い。やだぁ。
何この子。

と思った。
いや、率直に。

イベントで見た時は、

「デザイン変更ないやん!
なんでやー!
絶望的なデザインや、欲しくないー!」

と喚いていたけど実機を見たら、「あらヤダァ。」とクネクネしてしまういつも通りのメンヘラりんごおじさんだった。

いや、まじで可愛かった。

というかPowerBook G4は私がまだ学生でお金もなく買えなかった機種。中古ショップで何度も見た憧れの機種。

いや、、、やばいぞこれは。

上位版Macを触った感想

次に少しばかり触ってみた感想を。

キーボードええやん

キーボードオタクとしてめちゃくちゃ触りたかったので叩きまくってみた。
それで気付いたのだが、

「あれ、これ最上級クラスの打ち心地じゃないか?」

今まで触ってきたMacBookの中ではトップクラスにいいと思う。M1 MacBook ProやMacBook Airのキーボードがチープに感じるくらいいい。

私は自宅ではHHKBや分離型キーボードを使い分けるくらいにキーボードマニアなのだが、今回の上位版Macのキーボードはマジでいいと思う。

公式サイトを見ると、

MacBook ProのMagic Keyboardに、初めてフルハイトのファンクションキー列が登場。そのメカニカルキーは、プロユーザーが夢中になる感触です。Spotlight、音声入力、おやすみモードのために新しいキーボードショートカットも追加。Touch IDには新しい触覚リングを加えたので、指だけで簡単かつ安全にすばやくMacのロックを解除できます。
14インチMacBook Proと16インチMacBook Pro – Apple(日本)

と書かれているだけだし、イベントではあまり触れられていなかったのだがキーボードオタクとしては「うほほほほほ!!!これはずっと叩きたくなるやつぅ!」と思った。

個人的にはこのためだけに買ってもいいと思うくらい気に入った。

ディスプレイはよく分からん

ミニLEDがどうとか、何億色がどうとか。
私には分からんかった。
多分、目が肥えていない。

普段から映像や写真に携わる人じゃないと分からないと思う。

重すぎ

持ってみてびっくりした。

重ぉ!!!

重い。
従来のモデルから200〜300gしか変わっていないはずなのだが重い。ずしっとくる。

重さに敏感な方は絶対に店頭で持ってみた方がいい。重さにびっくりすると思う。今までのMacが軽すぎただけかもしれないが・・・

音がすごい。でも必要ない

音質がすごかった。
もう、、、なんやろ。
Bluetoothスピーカーとかは間違いなくいらん。

映画観るのも、音楽聴くのも、MacBook Pro1台でいいと思う。

ただ、私の用途だと自宅ならヘッドホンを使っていることが多いのでちょっと使い道がなさそう。

補足:デザイン変更は待たない方がいいかも?

私は上位版Macが発売された直後から、

「うーむ、デザインが。。
M2になってデザイン変更したら買ってもいいかなぁ。」

みたいなことを言ってきた。(そのくせ実物見たら「デザイン好きぃ。大好きぃ。」とかいつも通りメンヘラでごめんなさい)

ただ、実機を見て、

「あ、AppleはPowerBook G4の型に舵を切ったな。しばらくはこのままのデザインでいきそう。MacBook Airは”エントリーモデルは多色展開”の最近のAppleの法則的にはカラバリになりそうだけど、MacBook Proは・・・このままじゃない?」

という考えが頭をよぎった。

全ては予想でしかないけど、iPhone 12 Proと同じように過去のデザインの良いところを取るような方向へAppleが舵を切っているのだとしたら上位版Macもしばらくはこのままな気がする。

今日のお告げ「for Pro。for Future。」

M1 Pro、M1 Maxのレビューが出回り始めているようだが、私は1つの動画も1つの記事も見ていない。去年のメモリ8GBでいけるいけるトレンドを見てネットの情報を探すのは時間の無駄だと悟った。良い情報もあるのだろうけど、それを探す時間すら惜しい。

そのため、ブログ読者さんや視聴者さんのレビューを待っている状態。

ただ、スペック面で考えてみてもこれから5年は最低でも使える未来の詰まったマシンだと感じた。

CPU、GPU、メモリ性能に加えて、ミニLEDとあのスピーカー性能。プロが現場で映像を処理している絵が浮かぶ。まさにfor Pro。

というわけで一般用途にはそぐわないが久々にバケモンのような製品が出てきてApple好きとしては嬉しい。

あとは排熱とバッテリー持ちがどうなるか。
引き続きレビューを待ちたい。