管理人管理人

Apple信者たるものApple株を買わねば!!!そんな焦燥に駆られた私と私の友人(Apple信者見習い)の実話を今回はお伝えしていこう。途中、ちょっと笑いそうになった部分もあるが・・・[@appleshinja_com]

私と私の友人が利用したアプリがこちら
↓↓↓
One Tap BUY 米国株版の無料ダウンロードはこちら

口座開設した時の話がこちら
↓↓↓
【保存版】One Tap BUYを完全レビュー!手数料、仕組み、使い方すべて解説

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


11月21日(水)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2018年11月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

One Tap BuyでApple株を買ってみた!

「One Tap Buy」を使用して株を購入する方法は簡単である。まずは手持ちのiphoneから「One Tap Buy」を起動してみよう。

最初に4桁のパスコードの設定を求められる。

※パスコードは忘れないようにどこかにメモしておくことをおすすめする

もうまもなくApple株を所持できると思うと期待で胸が膨らむ。はよぉぉぉぉぉ!!!

アプリを起動したら次に銘柄を選ぶ作業に入る。画面をスクロールして目当ての銘柄を探せば良い。ここまでくればわくわくは最高潮だ。私は迷わず「Apple」を探した。

目当ての株を発見したら、それをタップする。すると金額を指定するためのロールが画面下部にあらわれる。

ここから金額を指定すれば良い。今回は、とりあえず1,000円で指定してみた。

その後「買う」をタップすると、「注文パスコード」の入力を求められる。

※次回から省略という項目もあるが、誤作動や乗っ取りなどの観点からもパスコードは毎回、自分の手で入力することを強くオススメする。

4桁のパスコードを入力すると確認画面がポップアップであらわれる。

再度「買う」をタップする。これでついに・・・ついに、Appleの株主になることができたっ!!!なんだか感無量である。嬉しいなぁ。楽しいなぁ。(1,000円だけど)

これで私はもうAppleの株主になれたというわけだ。圧倒的感動ッッッ!!!

ん???

えっ!?!?

あなたは経営者よりパワーをもちました?

1000円なのに???

くっ。。人が緊張しながら株を購入しているのに、シュールな笑いを・・・

でも、嬉しいなぁ。。

まぁ、気を取り直して・・・あらためて無事に購入できたかはトップページの画面の「履歴」で確認できる。

私はアップル株を1,000円ぶん(0.05539株)保有していることになったのだ。

とてつもなく嬉しい。

これまで一度も株の購入をしたことがなかった私でも、ものの数分間で取引を完了することができた。このことから「One Tap Buy」は株式売買の初心者でも、とっつきやすいアプリだということがわかる。

ちなみに、なぜ「One Tap Buy」では1,000円から株が買えるのかという理由を簡単に説明しておこう。

アプリ中毒の私を唸らせる素晴らしいアイディアがこのワンタップバイ には詰まっている。

→One Tap BUY 米国株版の無料ダウンロードはこちら

なぜ「One Tap Buy」では1,000円から株が買えるの?

通常、株の購入は〇〇株単位で行われる。この「〇〇」の部分は株式を発行している会社によって数字が異なる。たいていの場合100株や1,000株という形が最小の単位である。Appleの場合は1株から購入が可能となっている。

それに対して「One Tap Buy」を経由して購入すると銘柄にかかわらず株式を金額指定で購入できるのだ。

株数ではなく、金額指定で株を買うことができる。これがワンタップバイの画期的なシステムだ。

なぜ、ワンタップバイでは1,000株からの株式購入なのか?実は・・・

One Tap Buyの仕組みとは?

簡単にいえば「One Tap Buy」では、株のまた売りを行っているだけだ。

イメージとしてはこんな感じ。我々、株を買いたい人とAppleの間にワンタップバイが入っているイメージだ。

つまり一度「One Tap Buy」が一括購入した株を金額ごとに小分けにして、我々アプリユーザーに販売しているというわけだ。

そのおかげで、株の知識がない私にような人間でも自分の指定した金額で株の売買が行える。これが「One Tap Buy」の仕組みである。

ちなみに購入直後の私のページにはこのように表示されている。One Tap Buyでは所有している株の価値の上下がひと目でわかるようになっているのだ。

※購入した直後に20円さがってしまった……

One Tap Buyの注意点

One Tap Buyはいくら手軽だといっても、やっていることは正真正銘の株式売買だ。そのためアプリをダウンロードするだけでは利用ができない。

本人確認を行ったうえ、口座を開設する必要がある。もちろん口座開設には審査がある。そして無事に口座が開設できたとしても、株式の売買を行うためには、その口座に入金しなければならない。

そして、もちろん投資は自己責任である。知識がない素人が貯金を全額ぶち込むようなことはやめよう。

今日のお告げ

やっとApple株買えたぁぁぁぁぁ!!!ひゃっほぅぅぅぅぅ!!!!!

「Appleが大好きだからApple株を買ってみたいけど、株のシステムはよく分からないしそもそも大損とかしたくない。」

そう考えていた私からすれば1,000円でApple株が所有できるというのはまたとない話だった。ちなみにネットで調べたところほかの紹介会社では10株60万円以上や、1株6万円以上などの高額な資金が必要だった。

Apple株をたった1,000株を持つことには意味がないように思えるが、私からすれば、またAppleへの愛着も湧くし、さらに日々が楽しくなるきっかけとなった。

個人的にはキャリーケースに各国のシールを張っている感覚に近い。

意味がない行動でも、本人からすれば思い入れが増して、ワクワクする一部になるわけだ。

もし、あなたがApple株に興味があるなら・・・一緒にApple株を所有してさらに毎日をワクワクするものにしよう!(実際、今回の株購入を私は友人と騒ぎながら行った。おっさんが2人で1,000円投資しただけでハイタッチする様子は痛々しかったかもしれないが、本当に楽しかった)

→One Tap BUY 米国株版の無料ダウンロードはこちら

→【保存版】One Tap BUYを完全レビュー!手数料、仕組み、使い方すべて解説