管理人管理人

ついに人生初めての超高級万年筆を購入!ペリカンのM1000を購入したのでそのレビューを当記事ではお伝えしたいと思う。一言で言えば、「もう他の万年筆を買う必要性を感じなくなった。」ふわっふわの書き心地。最高すぎる・・・[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


7月16日(木)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2020年7月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

開封レビュー

紙袋までおしゃれ。大切にとっておきたくなる。

人生初めてのペリカンさん。

綺麗にシールを剥がして・・・
いざ、開封。

ドーンッ!

インクと一緒に買った。

カパッ。

このシマシマァ!!!ずっと憧れてた。

あかん…
輝きすぎるだろ…

世界で一番美しいのでは?とさえ思わせてくれるペリカンがキャップ上部に。

さて、開封。
の前にスポンジの下には説明書?のようなものが。大切にとっておこう。

取り出してみた。
美しすぎる・・・

光を当てると縞縞が光っていと美しい。

ペリカンのこのロゴが最高。

キャップのゴールドも美しい。もう最高。好きすぎる。

ペン先。好き。両耳に突き刺したい。

この弾力のありそうな神々しい雰囲気。

後ろから見るとなんだか重厚感があってかっこいい。

手に持ってみた。意外と大きいとは感じない。

これからこの角度でM1000を何回も何回も見ることになる。

このペン先を眺めてから書き始めるのが最近のマイブーム。

ボトルと並べてみても最高に美しい。完璧すぎる。

これからよろしく、M1000!!!

動画レビュー「インク補充&初書き」

インクを入れてみた。この瞬間がたまらなく好き。

書いてみた。ペン先が柔らかすぎて脳がとろけそう。最高に幸せ。

万年筆で書いているときの音・・・至福すぎる。

使用レビュー

最高すぎる。「まだ万年筆初心者には早いかな?」と思っていたけど早めに買ってよかった。

1、ふわっふわ

万年筆についてのレビュー記事などをみていると、書き心地を表現する擬音としては、

  • カリカリ
  • ぬらぬら
  • ぬるぬる
  • サラサラ

などがある。

だが、私がペリカンM1000に持っている感想は「ふわっふわ」だった。ふわふわではなくふわっふわ。

雲の上に文字を書こうとするとこんな感じなのかなぁ?と思ってしまうほどにふわっふわの書き心地。その秘密は超大型のペン先と異常にしなる柔らかさにある。

最高の書き心地とも評されるペリカンM1000の良さは私のような万年筆初心者でもわかった。紙に書いている時、脳内に異常な興奮物質が分泌されているのがわかる。

ペリカンM1000にはそんな中毒性もあると私は思う。

2、思ったより大きくはない

見た目では大きいかな?と思ってしまうペリカンM1000だが、実際に持ってみると私の手には非常に馴染んでいる。

持ち運ぶには大きいかな?と思っていたのだが、今ではたまに持ち運ぶほどに。何よりもこの書き心地に変えられるものは他にはない。

3、所有欲が満たされる

万年筆って次から次に欲しくなるので注意が必要ですよ。

と私は読者さんたちから注意を受けていた。実際、私もあれよあれよと言う間に3本目を購入してしまった。知人からのプレゼントも含めるとすでに4本の万年筆を所有している。

だが・・・

ペリカンM1000を手に入れてからは他の万年筆にほとんど見向きもしなくなった。

ペリカンM1000の書き心地を超えるものが存在しない。

と思ってしまうとどうしても他の万年筆に興味が湧かない。見た目が美しいなぁと思ってもどうしてもペリカンM1000の書き心地と比べると「普通だな…」と思ってしまわずにいられない。

新しい万年筆よりもペリカンM1000をこれから大切に育てていきたい気持ちの方が強い。

4、中字はB5ノートに最適

海外製万年筆の中字は日本の太字に相当する。

と聞いていた私。

そして、私の主な使い方は手帳やノートに簡単に書くというだけだったことからも、私にとっては海外製の中字は無縁のものだったと思っていた。

だが、ペリカンM1000の中字に惚れて購入してみたら、そんなことはなかった。ノートのサイズを変えて、自分の文字を書く大きさを変えれば全く問題ない。むしろ大きなノートにデカデカと文字を綴っていくのは快感ですらある。

今ではB5ノートに当ブログ記事のアイディアも含めて様々なこと綴るまでになった。

5、とにかく美しい

もはや語る必要もない。

この圧倒的に美しい縞縞模様に心を奪われない人なんていないのではないだろうか?

と思ってしまう。

実際、先日、高級万年筆を求めてVol Final.「購入」の記事内でペリカンM1000の購入を報告したところ以下のようにコメントをいただいた。(コメントくださった読者さんたち、本当にありがとうございます!)

参考までにこんな記述がありました。
『スーベレーンの縞軸は、プレキシグラスの透明板と色板を何枚も重ねて圧縮し、縞模様になった断面を薄くスライスして、それを丸めて繋いで形成する。このようにして生まれる一本一本の縞模様は、すべて微妙に異なる。』
なるほど、えらく手の混んだ工程で製作されている事がよくわかりました。。。。
既に芸術品一歩手前ですね。

緑の縞、のぞき込むと規則正しく並んでいるようでいて(上の方で解説して下さっていましたが)手作りのプレキシグラスの不規則性があって、正しくオーナーしか知りえないことですよね。茶軸のニュアンスのある様子は誰にでも伝わりやすいです。

とにかくも、アナログで最高のを買うと、少なくとも10年、いや普通の人なら一生それを味わえて、しかも失望することがない…。それはデジタルに対する絶対的な利点ですよね。

そう、この縞縞模様はもはや工芸品。「緑」や「グリーン」と簡単に呼べるような色ではない気がする。例えるなら新緑?翡翠?とかそういう感じ。

すごく高貴で生き生きとした色。

こんなに美しい万年筆に日々触れながら文字を書き続けられることが幸せでたまらない。

総評レビュー「もうこれ以上は存在しない。」

最初からいいものをドカンと買う!

というのは正しいようだけど私は少し違うと思っている。どんなものでもエントリーモデルの製品を使い込んだ後だからこそ、その上位モデルのものを使ったときの違いが分かるし、その製品の真価を見出して正しく使いこなすことができると思っている。

今回のペリカンM1000購入で私は、他のモデルとの違いが初心者ながら分かったし、「なぜ、最高の書き心地と言われるのか?」ということが初期の頃よりは分かるようになった。

それに、なんだか「もうこれ以上は存在しない。」とすら思えてしまう。しばらくは万年筆欲も収まりそうなのでノートやインクにハマっていきたいと思う。

と、言いつつもモンブランが気になっていたりするのは内緒…でも幸せ。

【おすすめ関連記事】

はじめての万年筆の選び方「知っておくべき5つのこと」(万年筆ど素人の備忘録)