管理人管理人

最近、自分の中でキーボード熱が沸々と沸騰中。重言のような気がするが、二度主張したくなるくらいキーボード熱が沸騰している。そんな中、ふと思い出した。もう二度と帰ってこないバタフライキーボードのことを・・・[@appleshinja_com]

Apple製品を購入検討中のあなたへ

Amazon公式のApple製品ポイント還元率が凄まじい事になっているのをご存知だろうか?

※現在、品切れの製品も多い上に、還元率は頻繁に変わるので早めにチェックしておこう


M1 MacBook AirM1 MacBook ProM1 Mac mini


11インチiPad ProiPad Air無印iPadiPad mini12.9インチiPad Pro


Apple Watch Series 6Apple Watch SE


安く買うコツ

バタフライキーボードの黒歴史

2015年。
突如としてバタフライキーボードはその姿を現した。12インチの小さなボディに収まった最薄クラスのMacBookに搭載されて。

あまりの薄さと軽さに世界中の人が困惑しながらもあーだこーだ言っていた。その後、MacBook AirやMacBook Proに搭載されることになるのだが、第二世代バタフライキーボードまでははっきり言って失敗作だった。

薄型化させすぎたあまり、埃が入り込んだり、キーボードがめり込んで戻ってこないなどの不調が発生しまくりAppleが無償交換プログラムを実地したほど。実際に私も2016年版のMacBook Proを修理に出したことがある。

さらに、バタフライキーボードは一部の熱狂的なファンを除き、好む人が少なかったという事実もある。

海外版のギズモードの記事でも、

個人的には、ここまで長く続いたことが奇妙にも思えます。今日まで、バタフライキーボードを積極的に好む人に会ったことがありません。むしろ、キーボードを理由にウィンドウズに乗り換えたという話や、アップルのエコシステムから離れたくがたいために仕方なくキーボードを許容したという話、アップルがバタフライキーに切り替える前に最後の2015年のMacBookを購入して老朽化したシステムを持ちこたえたという人たちの話を聞いていたものです。
引用:アップルのバタフライキーボードよ、さようなら。 | ギズモード・ジャパン

ということが語られている。

私もバタフライキーボードで100万文字打ち込んだ僕の辛口レビューという記事を過去に出しているくらいバタフライキーボードが好きではなかった。

ただ・・・バタフライキーボードの終了が決まって1年が経過した今、思うことがある。

第四世代バタフライキーボードは革命的だった

何度も改良を繰り返され続けた結果、2019年版のMacに搭載された第四世代バタフライキーボードは革命的だった。そう私は思っている。

店頭で触ったときに、

「あっ、これはすごい。薄型なのに、ちゃんとクリック感もある。静音性もすごい。さすがApple、やっと答えにたどり着きつつあるなぁ。」

と思ったものだった。

私は2016年版のMacBookプロを当時めちゃくちゃ愛していたがキーボードのためだけに買い換えてもいいと思えるほどの完成度だった。

ただ・・・

それは一瞬の輝きだった。線香花火のように。
そう、第四世代バタフライキーボードは線香花火だった。
一瞬輝いて、そして翌年には姿を消してしまった。

不遇のキーボードとまでは言わないけれど、Appleからすると製造コストや故障リスクを許容できずにバタフライキーボードとお別れするほかなかったのだろう。

第四世代バタフライキーボード VS Magic Keyboard

2020年にMagic Keyboardが搭載されることが決まった際には、世界中が「これこれ。これでいいんだよ。」と思った。

私も実際に店頭でタイピングしたり、M1 MacBook Airを購入して「うんうん。これなら長時間のタイピングもしやすいね。」と思った。家では絶対にHHKBなどの自分が好きなキーボードを使うが外出先でも快適なタイピングができるのはありがたい。

Magic Keyboardは革新的ではなかったが、2015年までに搭載されていたMac本来のキーボードのような良さがある。

そう、これでバタフライキーボードの革命は止まった。そして、終わった。世界中の人がそう思ったはず。

しかし、あれから1年経過して思うこと1つある。それは、

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

第四世代バタフライキーボードを使ってみたかったよぉぉぉぉぉ!!!

Appleよ、無難でいいのか?

Magic Keyboardは無難。The・無難。
文句のつけようがないキーボードだと思う。

ただ、第四世代バタフライキーボードの革新が私は忘れられない。あのクリック感・あの静音性。答えまで・・・究極の薄型キーボードの完成まであとちょっと、あとちょっとだったような気がする。

本当にもったいない。

Appleは結局はiMacなどに付属されているようないわゆるペチペチ系のキーボードを主体としていくのだろうけど、無難すぎる。面白みはない。あのペチペチ感が好きな人は多いだろうけど、バタフライキーボードの成長は見ていて楽しかった。

第二世代

第三世代

第四世代

とキーボードが進化していく過程を見れるってあまりないと思う。それだけに残念に思う。あぁ、第四世代バタフライキーボードを一度くらい使ってみたかったなぁ。

今日のお告げ「キーボードにもう一度脚光を」

Appleはキーボードに全然力入れてないよね。

という旨の発言を私がTwitterなどですると、昔ながらAppleファンの方々から「昔はエルゴノミクス系もあったんですよ〜。」というありがたいお言葉をいただく。

Apple/Macテクノロジー研究所 Appleが人間工学を考慮した製品〜Apple Adjustable Keyboard考の記事とか面白い。昔はこんな風にキーボードに力を入れていた時期もだったんだなぁと思わされる。

もう一度キーボードに力を入れて欲しい。
深く、指への跳ね返りがあり、肩と首に負担をかけない最高のキーボードを。1日の時間の中でキーボードに触れている時間を考えれば、Apple Watchの健康系機能と同じくらい大切なことだと思うのだけれど。

無難なMagic Keyboardに舵を切ったAppleがキーボードに革新を起こすことはもう二度とないのかもしれない。それが少し寂しい。