管理人管理人

先日、iPhone SE(第二世代)の白色を購入して毎日ウキウキの私。そういえば・・・身の回りにあるApple製品って白が多いよな。。と思ったのが当記事の始まりだった。白に惹かれたりんごおじさんの行く末は・・・[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


9月20日(日)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2020年9月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

はじまり

そもそもの始まりは、iPhone SE(第二世代)の白色を手に入れたことだった。あまりにも美しすぎる・・・

それゆえに。
美しさゆえに。
好奇心を煽るがゆえに。

MacやiPadも白色で統一してみたい!!!ええやん!絶対素敵やん。

と思い始めたりんごおじさん。

ただ、Apple製品には現行製品として白色のものはあまり残っていない・・・気がする。というかほぼない。

そもそも現行製品に白色は何種類あるのか?

現行製品で残っている白色を含む製品は以下のもののみ。

  • iPhone SE(第二世代)
  • iPhone 11
  • iPhone XR
  • Apple Pencil
  • AirPods
  • AirPods Pro
  • Apple Pencil
  • 純正のケーブル類
  • Apple Watchのバンド
  • Apple Watch Series 5 ホワイトセラミックケース
  • Magic Keyboard (単品)
  • Magic Mouse

これらが白色のApple製品。他にもある気がするけど、主なところはこんな感じ。

あれ・・・?

調べてみたらかなりあった。むしろApple製品は白色で構成されているのに、なぜかiPadとMacだけ白色が存在していない。

MacとiPadに白色がないので白の存在感が薄れている気がするだけで、純正ケーブルや周辺機器は全て白色で統一されているということ。

これって何か意図的に行っているのだろうか?Appleが無意味に色を分けているはずはない。

と、地球の片隅でギャーギャーと考察を繰り広げても仕方がない。

でも、よくよく考えてみると、「MacとiPadだけが白色が販売されていないのではなく、MacとiPadを白にすれば全てを白色で統一できる。」と言える。

そう思った瞬間から、私の中で「白色で統一したい。」という思いだけが大きくなっていく。

白Macの根強い人気

巷では白Macと呼ばれているものが過去には存在した。当時の記事とか読み直すとかなり面白い。

ASCII.jp:白MacBook、メッタぼめ独演会!! (1/4)より引用

少なくとも私の周りなら2016年くらいまではバリバリ現役で使われていた印象。

ここ数年で動画編集や画像編集を始める人が多くなったのでスペックの問題などでメイン機として使っている人は少なくなってきたが、読者さんたちの中には「いまだに白Mac大好きです!たまに使っています!」という方もいる。

今、みても・・・白Mac美しいなぁ。

白Macを見るとフランスで泥棒に白Macを盗まれて信じられないくらいブチ切れていた友人を思い出す。「愛してたのに…」という彼の言葉が忘れられない。

本題:MacとiPadを白色へ。白白化計画。

かなり前置きが長くなってしまったがここから本題。

MacとiPadを白色にすべくりんごおじさんが用意したのがこちら。

何やら、Amazonや楽天などで評判が良かったので買ってみた。ネタバレになるけど、このWraplusという会社の製品、相当質が高い。驚くほどに。

白白化計画Vol1.「届いた。貼ってみた。」

届いた。

ぺりぺり。

ラベルがすっごくかわいい。

ロゴもおしゃれ。

説明書きもかなり丁寧。

取り出してみた。表面、裏面、側面のシールが入っている。

Macと並べてみた。

ブログ用に、Wraplusを貼るところを動画か写真に残しておかないと・・・と思ったけど、集中力MAXの状態で貼り付けたので動画にも写真にも残せなかった。

貼るときは公式動画の通りにやった。(おかげで気泡とか全く入らなかった)

というわけで、完成形を・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

ヤダ、この子。また可愛くなっちゃって。

と、微笑むりんごおじさん。

これは素敵すぎる。

白白化計画Vol2.「並べみた。圧巻。」

並べてみた。

いや、、、ちょ。
これは、、、とてつもなく可愛い。。

鼓動が高鳴るぅ!

震えるほどかわいい。

側面も真っ白。

つなぎ目はよく見ればわかる程度。

スピーカー周りはこんな感じ。

開ける瞬間にワクワクする。

背面も超可愛い。らぶい。

iPad miniもとてつもなく可愛くなってしまった。あかん。らぶみがすごみ。

白いふちもいい感じ。

横は貼り付けシールがない。構造上貼るのが難しいのだと思う。

あかん、この小型なボディに白の可愛さ。もう、誰もいらんわ。君だけがいればいい。

見ているだけで心がスゥーっと透き通るようになる。大好きな製品にお洋服を着せてあげたような気分になり多幸感が溢れ出してくる。

白白化計画Final.「使い心地。」

最後に、使い心地を。

私はMacやiPadは裸で使ってきたので、Wraplusのようなシールを初めて使ったのだが・・・大きな変化があった。

まず、手触りが最高に良い。持ち歩いても滑りづらい。というメリットがある。Wraplusの表面はツルツルというよりはざらざらしている。この触り心地がすごく良い。

この辺り、画像ではあまり伝わらないと思うので動画を撮影してみた。

Wraplusは手首を置く、トラックパッドの両脇にも貼れるのだが、触り心地がたまらなく良い。手首を置いていても不快感はない。

ただし、iPadの場合、防護シールを貼ってからWraplusを貼るか、Wraplusに合わせて防護シールを切り取って貼るかをしないといけない。

私は防護シールを切り取って中のディスプレイ部分にだけ貼っている。

余談ではあるが、久々に防護フィルムを外して操作したら操作しづらすぎた。

やっぱりこのフィルムは神。→どれがおすすめ?IPad mini (2019)用のガラスフィルムを貼ってみた

最後に「助けて。」

こんな感じで並べたりして、一人部屋で悦に浸るりんごおじさん。

ふふふ。
可愛いなぁ、もう。

あかん。
白、、、統一感が半端じゃない。

と、ここでとんでもないことに気付く。

あ、、、

そういえば、、、

あぁ、、、、、

ヤバい。

ヤバみ。

気付いてなかった。

いや、気付いてしまった。

どうしよう。

最悪。

いや、最高か。

どっちでもいい。

とりあえず。

この展開はマズい。

抑えろ。

欲求を抑え込め。

頼む。

この欲求。

どこかへ。

どこかへ。。

どこかえぇ!!!!!

あぁ

あぁぁ

あぁぁぁぁ

あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!

あぁぁぁぁぁ!!!!!!

セラミックモデルが欲しいイアァァァ!!!

ぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!

ウワァァァァァ!!!!!!!!!!!!!

助けてぇぇぇぇぇぇぇぇ!
セラミックモデルを買ってしまうぅぅぅぅ!