管理人管理人

ちょっと期間が空いてしまったが、いよいよ、高級メガネを買うまでの当シリーズの最終回を書く日がやってきた。そう、今日はメガネが届く日。高級なレンズも入っている生まれて初めての高級メガネ。総額7万円。その金額を出すことを即決した意外な理由とは・・・?そして、私が購入した高級メガネとは?[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


11月21日(水)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2018年11月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

はじめに

当記事は「高級メガネ購入化計画」という私が高級メガネを買うまでのシリーズ。前回までの経緯は以下。

端的に言うと、ある程度は購入予定のブランドやフレームは決まってきたけど、結局はどのフレームもよく見えてきた、という話。

第一回→高級メガネ購入化計画vol1.「メガネの選び方。気になる3つのブランド」

第二回→高級メガネ購入化計画vol2.「読者さんにオススメされたブランドに行ってみた」

第三回→高級メガネ購入化計画vol3.「購入予定の最終候補7選」

迷いすぎてもはやどれも正解に見えてきた・・・

ここまで書いてきてあれだが。

ごめんなさい。

全部、一緒に見えてきた。

フレームも、店員さんの接客も、ブランド価値も、一流の店舗であればどれも素晴らしい。ファッションセンスが著しく低い私としてはどれもオシャレに見える。

直感で選ぼうにも、私の直感はどのメガネフレームを見てもピキーンとは鳴らなかった。

ダメだ。もう決められない。。

あなたはこんな経験はないだろうか?

「迷いすぎてもうどれでもよくなってきた。」

私は滅多にこのような経験をすることはないのだが、高級メガネに関しては、この領域に入ってしまった。もう、堂々巡り。

頭の中を、

「あの製品ならつけ心地もいいかも?」
「見た目ならあれがいいかも?」
「2本目も買うだろうし最初の一本はあれがいいかも?」

そう考えすぎて、もはや無限ループ。

メガネを探すだけで1日1万歩以上は余裕で突破する日々が続いた。Apple Watchは「おめでとう!今日もたくさん運動しましたね!」的な褒め言葉をかけてくれるが、「違うんだ。メガネを迷っているだけなんだ・・・」と呟きたくなる。

あぁ。

あぁぁぁ。。

あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!

誰か決めてぇぇぇぇぇぇ!!!!!

そう、発狂しそうになっていた時。

私に一筋の光明がさす。

運命の出会い。

いつも通り、メガネ探し、いやメガネ徘徊をしていたとある日。何度か行ったことががある店舗に入った時、店員さんが話しかけてきた。

(この人は見たことない店員さんだなぁ。)

そう思いながらいつも通り、自分が探しているメガネの大まかなデザインやデザイン、欲しい理由などを伝えたところ、一気に7、8本のメガネを出してくれた。そして、それぞれの特徴について解説してくれた。

(へぇ、この人かなり詳しそうだなぁ。他の店員さんはそこまでメガネを出してくれなかった。)

メガネについての説明を2、3分受けながら私はとある事実に気付いた。

担当者担当者

この子は丸みが可愛くて〜」

担当者担当者

この子はフレームが大人な雰囲気でかっこよくて〜」

担当者担当者

この子はかけた時に印象を爽やかにしてくれて〜」

・・・・・

・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・

こ、この人!!!

私と同じだ!!!!!

製品を好きすぎて愛でるタイプの変態!!!!!!

自然と製品に対して「この子」呼ばわりしている。しかもメガネに夢中になりすぎて私の存在を忘れているのかと思うくらい、メガネの説明をし続ける。

もはや、このまま放っておいても1時間は話そう。

しかも満面の笑み。

担当者担当者

「へへへ。この子はですねぇ〜」

と、ニヤニヤしながら説明するあたり、もはや狂気を感じる。しかし、この人の気持ちはわかる。私も何度も何度もドン引きされてきた。Apple製品について語っている時に。

もし、この店員さんが私と同じように製品を愛して、顧客を大切にしているなら、、、はっきり教えてくれるはずだ。。

私は思い切って質問してみた。

うぉずうぉず

「今、10個くらいかけましたけどどれがオススメですか?」

すると、即座に回答が返ってきた。

担当者担当者

「絶対この子ですね。一番お似合いでした。」

あぁ、この人の言うことなら間違いないだろう。他の店舗ではメガネのことをフレームと、呼んでいたしそれが当たり前だとは思うのだが、この店員さんはメガネを「この子」とナチュラルに呼び続けた。

そして、メガネに対する豆知識と説明がひたすら長い。メガネに対するたまらない愛を感じることができた。

この人に全てを委ねてみよう。。

そう決めた、私はとあるメガネフレームを購入することになった。

私が購入したモデル

私が購入したのは、オリバーピープルズのCARSWELL MBKというモデル。レンズ込みで7万円くらい。(レンズは読者さんオススメのニコン製)

黒縁メガネを探していた私としてはその形状、デザインには完璧に惚れた。

黒縁の形も丸ではなく、やや四角みがある。ボストン?というのだろうか?かっこいい。

そして、私が気に入っているのはこのサイドの形状、素材。

サイドまで黒縁だと普通すぎるかなぁ?と考えてはいたが、ゴールドやシルバーはちょっと目立ちすぎるなぁ。。と悩んでいた私にはかなりツボ。

アンティークゴールドが美しすぎる。Apple製品と並べてみても負けず劣らずのクオリティ。美しさ。

あぁ、幸せ・・・

簡易レビュー

オリバーピープルズのCARSWELL MBKについては後日詳しくレビューする予定。今のところ、周囲の反応は良い。

「かなりオシャレっぽいよ!」

と言われることが多くなった。あまりの変貌ぶりに待ち合わせ場所で気付いてもらえないことがあったくらいに見た目は変わったようだ。

メガネでここまで印象は変わるのか・・・と驚いている。

さらに、私が驚いているのは見え方の違い。

一流の眼鏡士さんに見てもらってかけ心地が抜群なのは言わずもがななのだが、「見え方」が素晴らしい。

某格安メガネ店では検眼は5分10分で終わることが多かった。だが、今回は30分以上に及ぶ検眼、テストを繰り返した。

担当者担当者

うぉずさんは右目が利き目なので、右側をほんのすこし上げるだけでもかなり見え心地が良くなりますよ。

というアドバイスのもと、私は度数を1段階あげてみたのだが、かなり見えやすくなった。遠くがクリアに見える感じ。

読者さんからも色々と教えてもらっていたのだが、一流のメガネ屋さんでしっかりと検眼すればいいメガネができる、というのを改めて実感した。

最後に。

ここまで読んでくれたあなた。そして、アドバイスをくれたあなた。本当に感謝している。

法が許すのであれば、あなたの家の洗濯物を全て回収し、代わりにiPadをぶら下げておきたいくらいに感謝している。

オリバーピープルズについては読者さんからオススメがあったからこそ知ることができるブランドだったし、私一人ではあんなオシャレなお店にはビビって入れなかったと思う。

だから、本当に本当に感謝している。

また、個人的にはあの狂気に満ちた店員さんとの出会いは素晴らしいものだった。結局、人はモノを買う時、迷う。高価な製品であればあるほど迷う。だからこそ、強く自分の信念を伝えないと人の心は動かないことを改めて学んだ。

もちろんビジネス上、売り込みをかけることも重要だし、店の人も売らないと生活ができないというのは事実として存在する。

要はバランスとの問題だとは思うのだが、広告や売り上げよりも自分の信念を貫く比率が上回っている時に人の感情は動くのだと私は改めて今回の経験から学んだ。

これからも、当ブログでは自分の信念を貫き通すメディアを作っていきたいと思う。