管理人管理人

Cote&CielのIsarを使って7ヶ月ほどが経過した。過去最高のバックパックだと思ってはいたのだが、私は結局、7ヶ月ほど使ったあとにPorterのバックパックへと買い換えることとなった。その理由と共に、Cote&CielのIsarのメリット、デメリットをお伝えしていこう。一言で言うなら、たった1つのデメリット以外は完璧すぎるバックパックがCote&CielのIsarだ。[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
もし、あなたがApple製品に興味があるなら・・・    

以下の情報は今すぐチェックしておこう。(100%後悔しない買い物をするために)


平均15%安いApple認定整備済製品!(当ブログ調べ)

8月22日(水)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする

私が今、オススメしている公式整備済製品はこちら


60,801人が読んでいる超人気記事→Apple製品購入完全ガイド


製品別の選び方→Mac(ノート型)の選び方iMacの選び方iPadの選び方


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ

はじめに:私が購入したモデル

私が購入したモデルはこちら。Cote&CielのIsarのMサイズ。

男性が背負うとジャスト、女性が背負うとかなり大きいサイズ感だと思う。

実際に試着して決めて、7ヶ月ほぼ毎日のように背負ってきた。そんな私だからこそお伝えできることを以下、正直にレビューしていこう。

Cote&CielのIsarのメリット

まずは、メリットから。Cote&CielのIsarははっきりいって最高。

これ以上のバックパックを見つけるのはなかなか難しいと思う。

1、見た目が美しい

とりあえず見た目がかっこいい。美しい。超綺麗。

Apple製品に完璧すぎるほどマッチする。

女性(店員さん)に「そのカバンかっこいいですね。」と声をかけられることも多い。

2、Mac、iPadを完璧に保護できる

Appleユーザーに特にCote&Cielが愛される理由の1つがこれだと思う。背面にガジェットを完璧に守ってくれる収納部分がある。

しかも、大きい。12.9インチiPad Proと13インチMacBook Proを入れてもまだ余裕がある。

例えば、記事が薄いカバンだと、床に置くときや何か物にぶつかった時に「コツんっ」と音が鳴ってガジェットと接触したかのような音が鳴り、心配になることもあるが、このCote&CielのIsarではそういったことは一切ない。

私は、Cote&CielのIsarを7ヶ月使ったが、ガジェット類の外部的な衝撃を心配したことはない。

背面も、表面も、側面も、底も大切なガジェットを守ってくれるように厚く作られているからだ。

3、収納数が多い

収納数が多いのもCote&CielのIsarの魅力だろう。

まず、表面。

表面の中に、1つポケット。

背面。

背面にも1つポケットがある。

さらに、側面に1つ隠しポケット。

これだけ収納部分が分かれていると、どこに何を収納するかを決められるので非常に使い勝手がよい。

私の場合は、背面にはパスポートや身分証明証などのあまり取り出さないもの。側面には、取り出しやすいように、食前に手を綺麗にするためのアルコール類を入れている。

4、スリ被害に遭いづらい

カバンの形状にもよると思うのだが、チャックがフルオープンになっていると、人混みでスリを警戒しなくてはならない。

私は海外(発展途上国)へ仕事で行ったり、旅行で行ったりすることも多いためスリへの警戒は怠らない。前にリュックを背負ったりしないといけない場所だってある。

ただ、Cote&CielのIsarを使い始めてからはその心配がだいぶ激減した。

なぜなら、チャックを開ける場所が分かりづらいから。そして、そのチャックを見つけたとしても、そこは表面の収納部分なので折りたたみ傘や本などの安いものしか入れていない。

背面収納部分に大切なパスポートや、高価なガジェット類は入れているが、これは構造上、私が背負っている限り100%開けることはできない。

ゆえに、スリを警戒することなく安心して背負っていられる。

5、女性に褒められる

前述したように、Cote&CielのIsarは背負っているだけで女性に褒められる素晴らしいバックパックだ。

主に、店員さんが多いのだが、褒められると嬉しい。

海外にいても「そのカバン好き!」といきなり話かけられることが結構あった。

オシャレにそこまで敏感ではない私だからこそ、外見を褒められるというのは貴重な体験だった。

6、スティーブ・ジョブズ氏が使っていたという逸話

Apple信者ならここに惹かれないわけにはいかないだろう。Cote&CielのIsarはスティーブ・ジョブズ氏が使っていたという噂がある。

私が購入するきっかけとなったのも、スティーブ・ジョブズ氏が背負っていたという情報をネットで見たからだ。

彼と同じものを背負い、彼が創り上げたiPhoneを使ったり、Macを使っていると、やはり胸が高鳴るというものだろう。

ただし、スティーブ・ジョブズ氏がCote&CielのIsarを背負っているような写真などは発見できなかった。ゆえに、「本当に使っていたのだろうか?」という疑問は残る。

7、丈夫すぎる

私は、Cote&CielのIsarをだいぶ荒く使ったし、この子だけで少なくとも3カ国くらいは旅をしたのだが、全くといっていいほどに劣化していない。

ほぼ新品の状態。

くたっとした感じもない。

ロゴもまだまだ綺麗。

初期の頃に比べてやや撥水性能が落ちている気はするが、それでも水でぐっしょり濡れることもあまりない。

汗を何度も吸い込んでいるにも限らず、異臭がするようなこともない。

背負い心地に関しては、徐々に柔らかくなっていき、自分の背中にジャストフィットしているような感覚さえある。ピタッと背中にフィットしている感覚は一度知ってしまうとクセになる。

おそらく、メンテナンスをすることなく3年くらいは余裕で使えるだろう。そう考えるとコスパの面でもかなり良い部類に入ると思われる。

Cote&CielのIsarのデメリット

次に、Cote&CielのIsarのデメリットをお伝えしていこう。とはいっても、そのデメリットは1つしかない。

1、唯一のデメリットは・・・

Cote&CielのIsarの唯一のデメリットはその重さだ。

カバンの重みだけでその重量は、1.7キロ。そう書き間違いではない。1.7キロもの重量がある。

カバンだけで、13インチMacBook Proの1.3キロの重みをはるかに上回るのだ。最初は問題ないと思っていたのだが、ずっと背負っていると重く感じてくる。

気付けば、駅などで、カバンをとりあえず下ろしている自分に気が付いた。

私は、華奢ではあるのだが、そこまで弱い体つきではない。それでもはやり長時間背負っていると重くなってくる。

ガジェット類、13インチMacBook Proやその他モバイルバッテリーなどを追加していくと重みがより増す。4キロ、もしくは5キロはあるだろう。

その結果、背負う事すら、やや億劫になってしまう。

また、私は肩や首のコリから体の不調を抱えることが多いためカバンの重みについては人一倍デリケートな部分もある。

上記の理由から私はCote&CielのIsarの使用をやめて、Porterのタンカー(19リットル)へと買い替える事となった。

Porterのバックパックはとても軽く、出歩くのが非常に楽しくみになった。ただ、Cote&CielのIsarをかなり気に入っていてこれからもずっと使い続けるつもりだったので残念な気持ちもかなり強い。

まとめ:ライフスタイルと共に

カバンを決めるならライフスタイルとともに合わせるべき!!

というのが私の最近の持論。

毎日持ち歩き、ちょっとしたところでもバックパックを持っていきたいのであれば、「軽さは正義」である事がかなり重要だと気付いた。

例えば、近くのコンビニへ行く時や、ウォーキングを少ししたい時などにも気軽に背負える軽さのリュックというのは素晴らしい。

常にカバンにiPadやMacを入れておけば、ふと何か思いついたりした時にカフェに入ってパパッと仕事を行うことができる。そのためには、常にカバンを持ち歩いておく必要がある。

とはいえ、Cote&CielのIsarを重いと感じない人もいるだろうし、屈強な方もいることだろう。その場合には、Cote&CielのIsarはめちゃくちゃオススメ。

私は本気で、Cote&CielのIsarは買い替えたくなかった。仕方なく買い替えたという感じだ。

ぜひ、あなたのライフスタイルに合わせたカバン選びをしてほしい。

※もし、あなたがカバンを探しているのであれば、以下の記事はオススメ。

11個のカバンを徹底比較!Apple製品に合う究極の鞄はどれだ?【Mac,iPad,iPhone】