管理人管理人

私はCote&Ciel Isarを7ヶ月使って使うのをやめた。日常生活で使い続けるには重さ気になったからだ。カバンだけで1.7キロほどあるため、他のカバンを検討することになった。そして、私が見つけた超軽量で、かつオシャレ、そしてApple製品にも合う美しいカバンがPorter Tanker Daypack(19L)だった。1ヶ月使ってみたのでそのレビューをしていきたいと思う。[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


12月11日(火)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2018年12月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

【レビュー】1ヶ月使い続けて分かった9つのこと

では、Porter Tanker Daypack(19L)のレビューを早速していこう。

ちなみに私が購入したのは以下のモデル。

1、外観

買ってきた直後。買い物袋もオシャレで丈夫。

取り出すと袋もかっこいい。

美しいポーターのロゴがここにも。

黒っ!!!美しい。

このロゴがカッコいいんだよなぁ・・・

近くで見ると、この高級感。

チャックがちょっと硬いけど、しっかりしてていい。

サイドのポケットがかなり便利。(理由は後述)

このポーチがついてくるのがありがたい。コンデジや、小銭を入れられる。

MADE IN JAPAN!!!!!

中身はこんな感じ。ツルツルのナイロンが気持ちいい。

19Lなのでかなりの量が入る。

と、外観レビューはここまでにして、次は使ってみて分かったレビューをお伝えして行こう。

2、ポーチが素晴らしい

このポーチがPorter Tanker Daypack(19L)を買うだけで無料で手に入るのが素晴らしい。

人によりここに財布を入れたり、小銭だけを入れたり、カードを入れたりすると思うのだが、私はここにコンデジを入れている。

ぴったり入る。

3、褒められることが多い

ファッションに疎い私だが、Porter Tanker Daypack(19L)を使い始めて、「そのカバンいいね。」と知り合いに褒められる。

以前使っていた、Cote&Ciel Isarもそうなのだが、カバンを背負っているだけで褒められるというのは嬉しい。

私は普段はシャツを着ていることが多いのだが、フォーマルなシャツにPorter Tanker Daypack(19L)を背負っているだけでオシャレに見えるらしい。

カバンがオシャレなので、Tシャツとバックパックを背負っているだけで、それなりに様になると考えればカバンに投資する価値はあると思う。

4、MacBook ProとiPadが余裕で入る

13インチMacBook Proがちょうど入るくらい。15インチは厳しそう。

MacBook Proを入れただけでは、まだまだ余裕がある。

追加で、12.9インチiPad Proも入る。

ただし、MacBook ProとiPad Proを両方インポケットに入れると完全には閉まらない。

まぁ、12.9インチiPad Proと13インチMacBook Proを持ち歩くなんて私だけかもしれないが・・・

5、前面ポケットにiPadが入る

前面ポケットに・・・iPadが入る!!!

9,7インチモデル、もしくは10.5インチモデルだけだが、前面ポケットにiPadを入れておけば、サッと取り出していつでも仕事ができる。

さらに前面ポケットにはインポケットがある。私はここにパスポートなどを入れてある。

さらにもう1つの前面ポケットにはモバイルバッテリー。これでいつでもどこでも充電が可能。

6、サイドポケットに必要なものが入る

サイトポケットにはすぐに取り出したいものを入れておくと非常に便利。

私の場合は、ここに潔癖症グッズを入れている。

お口のために。

お手手のために。これがないとご飯が食べれない。

7、このカバンだけで2泊3日はできる

見よ、この大容量感!!!

19リットルも入るので、二泊三日には十分。

私は、Porter Tanker Daypack(19L)に、

  • 13インチMacBook Pro
  • 12.9インチiPad Pro
  • HHKB
  • SONYのヘッドホン(WH-1000XM2)
  • Tシャツ2枚
  • 下着2枚
  • 歯ブラシ
  • 髭剃り
  • パスポート

を入れて旅行に出かけたが余裕だった。

重さは感じるが、カバンの容量的にはまだ詰めれる感じ。これだけ美しいカバンにこれだけ詰め込めるというのは非常に助かる。

8、チャックが硬い

これはメリットでもあり、デメリットでもあるのだが、Porter Tanker Daypack(19L)のチャック部分は全ての箇所が硬い。

片手でサッと開けるのはやや硬いので両手で行う必要がある。

メリット→スリ被害に遭いづらい
デメリット→たまに煩わしい

といったところだろうか。店頭で一度確認してみることをオススメする。ただし、長く使っていけば、このチャックの硬さについては改善される可能性があるので、その点は引き続き確認しながらチェックしていきたい。(長期的に、継続的にレビュー記事は書いていく予定)

9、空気を背負っているかのように軽い

これが、Porter Tanker Daypack(19L)の最高のメリットだと思う。とにかく軽い。圧倒的に。もう、背負っているのを忘れるほどに軽い。

私は、日々の作業はほぼ全てを27インチiMacにて行い、外出先には13インチMacBook Proと12.9インチiPad Proのいずれかを日により持ち運んでいるのだが、いずれか一方を入れるくらいでは本当に重さを感じない。

13インチMacBook Pro(1.3キロ)とPorter Tanker Daypack(19L)(600グラム)を合わせると2キロにも満たない。

この軽さでバックパックを背負ってもほぼ重さを感じない。これならどこまでもいける気がする。

軽いゆえに、いつでもどこでも自分の好きなMacを持ち運べるので、ふと仕事をしたくなった時にふらっとカフェに寄って仕事をすることだってできる。

やはり、軽さは正義・・・!!!

総評:軽いバックパックが欲しいなら超オススメ

軽いバックパックが欲しいなら超オススメ!!!

毎日使うものだからこそ、バックパックは可能な限り軽いものの方が良い。どれだけ屈強な人でも、重いよりも軽い方がいいはずだ。

今回紹介した、Porter Tanker Daypack(19L)はメインポケットに13インチサイズのMacBook Proなら余裕で入るし、前ポケットには9.7インチサイズのiPadが入る。

これだけでもApple製品ユーザーには嬉しいのだが、さらに、Porter Tanker Daypack(19L)には多くのメリットがある。

  • 圧倒的に軽い
  • ポーチがついてくる
  • 二泊三日分の旅行でいける

と良いことづくめ。軽いバックパックを探している人にはかなりオススメできるバックパックだ。

ただし、女性の場合は、Porter Tanker Daypack(19L)は大きいと思うので1サイズ小さい方をオススメする。

こちらが小さい方。

こちらが私が購入したサイズ。

当記事があなたのバックパックライフの一助にされば幸いだ。

【参考】11個のカバンを徹底比較!Apple製品に合う究極の鞄はどれだ?【Mac,iPad,iPhone】