管理人管理人

電子書籍はiPadで読めばええやん?と思ってKindleには見向きもしなかった私だが、最近になってお風呂で本を読みたくなったのでKindleを検討し始めた。さて・・・どのKindleを買おうか・・・[@appleshinja_com]

Apple製品を購入検討中のあなたへ

Amazon公式のApple製品ポイント還元率がヤバい事になっているのをご存知だろうか?

※現在、品切れの製品も多い上に、還元率は頻繁に変わるので早めにチェックしておこう


M1 MacBook AirM1 MacBook ProM1 Mac mini


11インチiPad ProiPad Air無印iPadiPad mini12.9インチiPad Pro


Apple Watch Series 6Apple Watch SE


安く買うコツ

Kindleを買おうと思った理由

私はお風呂でiPad miniを使うのが習慣化していた。実際、以下のようなiPad防水ケースを使ってお風呂の中でブラウジングや、動画視聴を楽しんできた。

しかし・・・

最近、以前にも増して読書をする時間が増えてきた、そして読書をする時間を増やしたい欲求に駆られているのでお風呂でも読書をしたくなってきた。

iPad miniでも防水ケースやジップロックに入れていれば読書はできるのだが、タップを連続でしたり、スワイプをしたりするのはケース上からはやりづらい。というか誤操作が多くて本を読む気になれない。

というわけで動画視聴機として活躍させてきたのだが・・・

「やっぱり読書がしたい!お風呂で2日に1回読むペースで読みまくりたい!」

という欲求を抑えきれそうにない。

そんなこんなでYoutubeのライブ配信で色々と相談したところ、Kindle Oasis派とKindle Paper White派がいることを知った。そして、その2つのどちらを買うべきかをブログ読者様方に相談してみたいなぁと思い立ったわけだ。

いつも通りの。
そして、5年間続けている買い物シリーズ。
助けてあげてくださいませ。

まずは、2つのKindle端末についての情報をまとめていきたいと思う。

Paper WhiteとOasisの違い

違いついては以下のように私は考えている。

【Paper White】

  • 2021年に発売されたばかり
  • iPad Air 4並の神アップデート
  • 充電端子がUSB-C
  • ページ送りが上位版のOasisより速いか、ほぼ同じ
  • 物理ボタンがないのでお風呂では操作しづらいかも

【Oasis】

  • 2017年に発売
  • iPad Pro的なポジション
  • 受電端子はMicro USB
  • 物理ボタンありなので手が濡れていてもページが捲りやすい
  • Paper Whiteよりも1万円くらい高価

以上が私が調べて、そしていろんな方からコメントをいただいてわかったことのまとめ。

まとめると、Oasisは上位版ではあるけれども、充電端子はMicro USBだし、Paper Whiteのアップデートが良すぎたので、実質、物理ボタンがあることくらいしかメリットがない。という感じになる。

この時点で私は、まずはプロモデルよりもエントリーモデルの方がいいだろうし、Paper Whiteかなぁと思っていた。

ただ・・・

お風呂で使うならOasisを絶対に使ってください

という声がちらほら届いた。というか、かなり届いた。

こんな感じ。




いやぁ、コメントをくれた方々に心の底から感謝を伝えたい。自分自身の失敗体験談を伝えてくれているのでネット上のどんなレビュー記事・動画よりも役立つ。

これだけ言われたら、Kindle Paper Whiteを買いたいという気持ちも吹き飛んで、Oasis一択なってしまいそう。

あぁ・・・

迷う。
迷いすぎる。

今日のお告げ「Kindleユーザーさん教えてぇぇぇ」

私は当ブログを5年間運営してきているのだが、Kindleの話は一度もしてこなかった。iPadがあるのだからKindleを買う必要がなかったからだ。

ただ、お風呂時間を快適にすることを考えたときには、Kindleの選択肢は一番に上がってきた。読書をすることのリターンを考えれば、Kindleに投資する価値は十分にある。あとはどちらを買うべきか。

やらしい話をすれば、とりあえずKindle White買ってみて、その後に出るであろう新型のOasisを買ってレビューすればアクセスも再生数も収益も伸びていいことだらけなのだろうが、当ブログではずっと言っているようにレビューのために製品を買い始めた時点でそのメディア死ぬと私は思っているので、それはしたくはない。

そもそもブログに愛着もあるので、ここまで大切に育ててきたブログの方向性は変えたくない。

そう。
そんなわけで。

みんな助けてぇぇぇぇぇ!
価格差1万円もあると迷うよぉぉぉ!