管理人管理人

2021年はハイレゾ元年である。そう、Apple信者にとっては。当記事ではハイレゾ音源をiPhoneで再生するために必要な製品と設定を全てまとめてみたのでどうか参考にしてみてほしい。良い音楽は人生を変える。[@appleshinja_com]

Apple製品を購入検討中のあなたへ

Amazon公式のApple製品ポイント還元率が凄まじい事になっているのをご存知だろうか?

※現在、品切れの製品も多い上に、還元率は頻繁に変わるので早めにチェックしておこう


M1 MacBook AirM1 MacBook ProM1 Mac mini


11インチiPad ProiPad Air無印iPadiPad mini12.9インチiPad Pro


Apple Watch Series 6Apple Watch SE


安く買うコツ

まず結論

詳しい理屈とかは後にして、まずは結論から。

必要なモノ→2つ。ハイレゾ対応のポータブルアンプと有線イヤホン
設定→1つ。iPhoneでハイレゾ再生するための設定のみ

こう考えると非常にシンプルだと思う。
つまり、2つの製品を買ってiPhoneでサクッと設定すればそれだけでハイレゾ音源が聴ける。

ちなみにハイレゾとはCDの16bit/44.1kHz〜云々ほにゃらら的な話は後半にお話ししているので、興味ある方はぜひ。ただ、それは覚えなくてもいい。こんな事言うとオーディオファンに怒られそうだが、「理屈はどうでもいいので、とりあえず良い音で聴ける方法を教えて欲しい。」という私のようなオーディオ初心者向けに当記事は書いている。

と、まず結論をお伝えしたところで、まずは必要な製品についてお伝えしていこう。

必要なモノ2つ

1、ポータブルアンプ

ポータブルアンプとは持ち運びができる小さいアンプのこと。略してポタアンと呼ばれることが多い。

こんなやつ。

アンプについて簡単に解説すると、

  • 本来は音を増幅させる装置
  • なぜなら、イヤホンやヘッドホンによってはアンプがないと音が十分な音量で聞こえないものもあるから
  • ただし、ポタアンはDACという音質を良くするようなチップが入っているため、ポタアンを接続すると音質が良くなると感じる人が多い

という感じで知っておくと良いと思う。

もっと端的に説明すると、「DACというなんだか素敵なチップのおかげで、音質が向上する素敵な端末」と覚えておくだけで良いと思う。

そのポータブルアンプだが、いろんな種類ものが発売されており悩むと思う。が、当ブログ読者さんたちの話を聞いている限り以下の3つが良さそう。

私が愛用しているのはコレ。音質がめちゃくちゃ良くなる。

こちらも上記の製品とよく比較されるやつでいいらしい。

Amazon.co.jp: iFi-Audio ポータブルヘッドホンアンプ ペトロールブルー hip-dac

3つ目はこれ。前述した2つの製品と違い軽くて安いため、かなり人気の製品らしい。

ちなみに補足だが、ポタアンは日本の企業は撤退しているらしく現行機種で手に入れるのであれば中華系の企業のものから手に入れるのが現実的だ。

2、有線イヤホン

ポタアンを購入したら次に有線イヤホンを検討する必要がある。ちなみに私が使っているのはこちらの有線イヤホン。

レビューも書いてみた。

高音質すぎてもはや笑える。有線イヤホン「final b3」1週間使用レビュー

ただ、ぶっちゃけ上記の有線イヤホンは高すぎる。私の性格上、ある程度のものを買わないと少しずつ買い漁って結果として高額製品1つよりも高い金額になることが多いので上記のような自分にとっての最上級クラスの製品を導入したまでで、多くの人は低価格帯のもので十分だと思う。

というか、価格が安い高いでイヤホンの優劣はあまり決まらない。”音の好み”でイヤホンを選ぶべき。

だということが、私がオーディオにハマっていく中でわかったこと。確かに価格が高いといい製品は多いのだがそれよりも実際に聴いてみて納得した音を探すことが大切。

試聴するならeイヤホンかヨドバシカメラがいいらしい。特にeイヤホンについてはスタッフさんも丁寧で定評がある。

東京・大阪・愛知にしかないのだが品揃えは圧巻なので行ってみるといいかも。

店舗一覧 / e☆イヤホン

ちなみに当ブログに寄せられるコメントの中で比較的に入手しやすくて、かつ、音質に満足できそうなイヤホンは以下の2つ。

この2つはめっちゃ人気。
個人的にはintimeの思想がたまらなく好き。このページとか読むと欲しくなるかも。

【intimeに込めた想い】

必要な設定1つ

iPhone側で必要な設定は以下の通り。

設定アプリを開く

ミュージックを選択


オーディオの品質を選択


ロスレスオーディオをONにして任意の設定へ

注意すべきはモバイル通信ストリーミング。
ここをハイレゾロスレスとかにしてしまうと大量のパケット消費をしてしまうのでSIM契約が無制限プランでもない限りここはハイレゾロスレスは避けた方がいいだろう。

ハイレゾとは?

ハイレゾについて知りたい方は以下のソニーのページが参考になると思う。

ハイレゾとは? | ハイレゾ・オーディオサイト | ソニー

動画ならeイヤホンさんがめちゃくちゃわかりやすい。

要は「CDよりも圧倒的に綺麗な音質を聴けるでぇ。」ということ。

ただ、CD全盛期にはCDの音質以上のものを収録しても人間の耳では聴こえない音もあるので無意味。というのが通説だったようだ。

それが近年のハイレゾブームで、「とは言ってもハイレゾの方が全体の迫力とか、雰囲気とかよくね?」という感じで徐々に広まりつつあるという感じ。

私もストリーミング再生で色々と聴き比べているが、聴いていて音質の良いものはハイレゾ音源であることが多い。

人によっては「ハイレゾなんてそんなに変わらないでしょ。」という方もいるようなので、店頭などで音源を聴き比べてみて違いがよくわからないのであれば、わざわざポタアンや有線イヤホンを買う必要ないだろう。

最後に「一番重要なこと」

一番重要なことは「自分の好きな音質を見つける」ということだと思う。ハイレゾに魅力を感じる人もいればそうでない人もいるように、

  • 有線イヤホンの音質の違い
  • ポタアンの音質の違い

については値段の上下はそれほど関係はなく、”好み”が一番大切。その辺りの話については以下の私のリアルな買い物備忘録を参考にしていただければ幸いだ。

有線イヤホン + ポタアン購入計画Vol.1「eイヤホンへ行ってきた」

いやぁ、それにしても・・・
良いオーディオ機器って人生をより良くしてくれるなぁ、と良いイヤホンとポタアンで曲を聴きながら、この文章を打ち込みながら、しみじみと思う。

せっかくのハイレゾ元年なので、ピュアに音楽を楽しんでみるのはアリ。ぜひオーディオ沼へ。