管理人管理人

M1 iPad Proが発売されて、10日ほど経過した。今の時点で、色々と問題点が指摘され始めているが私の元に集まった情報の中で致命的なものを2つご紹介させていただこう。とは言ってもそれほど落胆することはないと思う。[@appleshinja_com]

Apple製品を購入検討中のあなたへ

Amazon公式のApple製品ポイント還元率がヤバい事になっているのをご存知だろうか?

※現在、品切れの製品も多い上に、還元率は頻繁に変わるので早めにチェックしておこう


M1 MacBook AirM1 MacBook ProM1 Mac mini


11インチiPad ProiPad Air無印iPadiPad mini12.9インチiPad Pro


Apple Watch Series 6Apple Watch SE


安く買うコツ

M1 iPad Proで発見されている致命的な2つの弱点

いやぁ、こんな問題があったとは。

問題1:インカメラの画質が悪い

これ。
当ブログの読者さんたちから寄せられた情報で気付けたこと。

第一世代11インチiPad Proと、第三世代11インチiPad Proを比較したもの。

第三世代の方が油絵?っぽい感じでぼやけている。ピントも甘い。下の写真の細部、スピーカー部分や奥の書類のあたりを比較してみると分かりやすい。

この部分に関しては以下のライブ配信でもみんなで盛り上がった。

500人近いライブ配信参加者で出した結論は、

  • 超広角で撮影した写真を内部で広角処理しているので写真がぼやける
  • センターフレームは面白いけどこのインカメラ性能は悲しい
  • WWDCのアップデート内容次第で改善するかも?

という感じだった。

他にもプライベートのお部屋の写真を送ってくれた方が数名いらっしゃったのだが、みんな同じような感じだった。

インカメラ性能が向上しました!

的なプレゼンをしておいてこの画質というのはちょっと悲しい。悲しんでいる声も届いている。Appleってたまにこういう売り出し方するんだよなぁ。

問題2:メモリを5G以上を使おうとするとアプリが落ちる?

これ。
めっちゃ気になる情報。
M1 iPad Proは8GB、16GBの大容量が売りなのにメモリを5GB以上消費するアプリを使おうとするアプリがクラッシュするらしい。

Any app that tries to use more than 5GB RAM will instantly crash on the new iPad. Most apps are unlikely to require such a huge amount of RAM, but a professional photo or video editing app can easily consume 4-5GB RAM or more, especially when working with large files.
Apps Limited to Use Maximum 5GB RAM on the M1 iPad Proより

ブログ読者さんに教えていただいたので気付けた。
感謝感謝。

ただ、上記の情報、「どのような方法でメモリ5GB以上消費していることを計測し、それが原因でアプリがクラッシュすることを計測したのか?」ということが明記されていない。

その点が気になる。

M1 iPad Proを使っている方々の中でアプリが落ちる事象に悩んでいる方がいるのであれば、ぜひコメントいただければ嬉しい。

ネガティブ動画は気にしないで。

M1 iPad Proは失敗作!
返品します!!
買うな!!!

などのタイトルでYoutube動画が騒がしくなりそうな気がしないでもないが、そういうネガティブな動画は気にしないでいいと思う。

Appleがこんな状況をそのままにしておくとは思えないし、アップデートで直る可能性も高いだろう。

そもそもせっかく購入した製品を悪く言われまくったら悲しむ人も多いだろう。だからそんな方々へ一言。

大好きな人に腹が立ったり、失望したりすることがあったら、大好きな人の大好きな部分を思い返しなさい。そうすれば、腹が立ったり失望した感情なんてどこかへいってしまうでしょう。

というわけで製品に愛着を持って大切に大切に使っていきましょう。

今日のお告げ「だからこそ、WWDCが楽しみになる」

私がポジティブおじさんだからなのかもしれないが、今回のようなことがあると

おわぁ!
まだ余力あるやん!!
素敵ぃぃぃ!!!

とテンション上がる。

そもそも、余力があるって楽しくない?

AppleならM1 iPad Proをより良いものへする特大アップデートをこれからたくさん用意しているだろうし、ワクワクしないのは損。

せっかくM1 iPad Proを購入した方々には今回のような問題も含めて楽しんでほしいなぁと思う。