管理人管理人

iPhoneのアプリを移動・削除させる方法がiOS13から大きく変わってしまった。実はこの変化は初代iPhoneから続いてきた操作方法が一新されたもの。そのため、多くの人が困惑しているようだ。当記事ではアプリの移動・削除方法を0から解説しているので今後のために覚えておいて欲しい。[@appleshinja_com]

※当記事の解説画像は全てiPhoneだが、基本的な操作はiPadでも全く同じ

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


11月15日(金)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2019年11月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

アプリの削除方法は?

アイコンを長押し

アプリを削除を選択

※ググッと押し込む感触がある3D Touch搭載iPhoneの場合は長押しではなく、ググッと押した方が動作が早いのでオススメ。動作については同じだが、長押しの場合はややタイムラグがある。

アプリの移動方法は?

アイコンを長押し

アプリを削除などの項目が表示されるが、それらを無視して”さらに長押し”

アプリがぶるぶる揺れ始めるので移動可能に

※アプリを一瞬長押しさせた後にアプリをスッと動かすと移動させることも可能だが、かなりコツがいるため、私は上記の方法を周囲にはお伝えしている。

今日のお告げ「このアップデートは何のため?」

正直、このアップデートは不可解。

システムがどうとか、そんな事はどうでもいい。直感的に操作できるのがiPhoneが爆発的に普及した理由なのに、この操作は分かりづらすぎる。

知り合いから、「アプリの移動ってどうやるの?」と聞かれることが多々…

それがちょっと残念。