管理人管理人

もし、あなたが、MacBook Air(2018)とMacBook Pro(2018)のいずれかを購入検討しているのであれば、どうか当記事は最後まで読み進めてほしい。5つの比較ポイントを伝えたのち、独断と偏見でオススメしたい機種をお伝えしている。悩んだ末に私がオススメする機種は・・・[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


11月21日(水)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2018年11月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

知っておくべき重要なスペック差、違い

はじめに。

当記事では、ディスプレイサイズがほぼ一緒、かつ、当ブログでは13インチMacBook Proを推奨しているため、13インチモデルのMacBook Proと比較していきたいと思う。

比較するのは3機種。

  • 新型MacBook Air(2018)
  • MacBook Pro(2018) Touch Barあり
  • MacBook Pro(2017) Touch Barなし

これら3機種のスペックや重要な性能差を比較していこう。ちなみに以下の記事はディスプレイサイズ選びの際の参考にしてみてほしい。

Apple信者がMacBookPro15インチではなく13インチを買う5つの理由

13インチ?15インチ?100%後悔しないMacBook Proの選び方

1、CPU

・新型MacBook Air(2018)

1.6GHzデュアルコア第8世代Intel Core i5プロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.6GHz)

・MacBook Pro(2018) Touch Barありモデル

第8世代の2.3GHzクアッドコアIntel Core i5プロセッサ (Turbo Boost使用時最大3.8GHz)

・MacBook Pro(2017) Touch Barなしモデル

第7世代の2.3GHzデュアルコアIntel Core i5プロセッサ (Turbo Boost使用時最大3.6GHz)

CPUの動作の違いが主に出てくるのは、ハイスペックを要するようなゲームだったり、動画編集の書き出しが大きく関連してくる。

正直、この3つであれば新型MacBook Air(2018)が劣っているのだが、体感できるほどの性能差を感じることはあまりないと思う。

2、メモリ

・新型MacBook Air(2018)
・MacBook Pro(2018) Touch Barありモデル
・MacBook Pro(2017) Touch Barなしモデル

どのモデルも標準は8GB。カスタマイズすればメモリは16GBになる。個人的にはメモリは必ず16GBへカスタマイズすることをオススメしている。

【証拠画像】MacBook Proメモリ8GBは絶対に買うな!3つの理由とは?

3、グラフィックボード

・新型MacBook Air(2018)
Intel UHD Graphics 617

・MacBook Pro(2018) Touch Barありモデル
Intel Iris Plus Graphics 655

・MacBook Pro(2017) Touch Barなしモデル
Intel Iris Plus Graphics 640

グラフィックボードの違いが出てくるのは主にゲームをする時。基本的にはオンボードのもので問題ない。

私は、グラフィックボードに関しては、分からなければ気にする必要はないと思っている。10年弱くらい前にオンボードの性能が劇的に向上したので、高価なグラボを積む必要などなくなった。

4、Touch Bar

新型MacBook Air(2018)はTouch Barの選択肢の余地がない。Touch ID搭載の従来のファンクションキー搭載のモデルのみだ。

MacBook Proについては、Touch Barありなしモデルの選択が可能だ。

ただし、当ブログを運営して1年半ほどになるが、Touch Barの優位性を教えてくれたのは若干1名のみ。ほぼ全ての方が「あってもなくてもどっちでもいい。」という回答。

Touch IDは便利なので、その点だけ搭載されたMacBook Airは正当な進化をしたと言えるだろう。

【参考】本当にタッチバーは失敗作?Apple信者がオススメしない5つの理由

5、価格差

以下、価格はストレージ容量256GBにて統一。

・新型MacBook Air(2018)
¥156,800 (税別)

・MacBook Pro(2018) Touch Barありモデル
¥198,800 (税別)

・MacBook Pro(2017) Touch Barなしモデル
¥164,800 (税別)

これらの価格差をどう考えるかは個人によるとは思うが、個人的には新型MacBook Air(2018)かTouch BarなしモデルのMacBook Proを購入して、余った資金でAirPodsやApple Watchを購入した方が幸せになれると思う。

MacBook Pro(2018) Touch Barありモデルを買うべき人

ここからはそれぞれの機種を買うべき人の特徴をお伝えしていこう。

まず、私が思うMacBook Proを買うべき人は以下のような人。

  • 動画編集をする人
  • フォトショップを使う人
  • 音楽を製作する人
  • 万能なマシンが欲しい人

私は当ブログでは一貫して13インチMacBook Proをオススメし続けている。なぜなら、13インチMacBook Proは後悔・失敗が少ない機種だからだ。

MacBook Air(2018)でも、ほとんどのことはできるのだが、やはり動画の書き出し時間やデータの重いフォトショップを使う機会が増えてくるとストレスを感じることが多くなってしまうだろう。

実際、動画編集を主にしたり、画像編集を仕事にしている人々は、「MacBook Pro以外はありえない。」と口を揃えて主張する。

以下の記事などは非常に参考になるので必読。

プロフェッショナルのApple製品「マルチクリエイター編」

プロフェッショナルのApple製品「フォトグラファー編」

プロフェッショナルのApple製品「動画クリエーター編」

もし、あなたが将来的にそういった重い作業に手を出す可能性が高いなら、万能性の高いMacBook Proを選ぶことをオススメする。

新型MacBook Air(2018)

  • 文字入力が主な人
  • デザインが気に入った人
  • 初めてMacを買う人

特に重い作業をしないのであれば、新型MacBook Air(2018)の方がオススメだ。

特に文字入力が主だったり、ブラウジングが主な場合は十分に活用できる。動画編集などの重い作業も全くできないわけではないので、1ヶ月に数回行う程度であれば、新型MacBook Air(2018)で十分だ。

ただし、本格的にクリエイティブなアプリを使って仕事にするには厳しいと思った方が良い。

あと、Appleはより薄く、より軽量化、的なことを主張しているが、それは先代のMacBook Airと比べただけの数値であり本当に軽量化されたMacは12インチMacBookであることにも留意しておいてほしい。

ちなみに、以下の方は12インチMacBookを使いこなす本物のプロ。

プロフェッショナルのApple製品「薬剤師(元理系大学生)編」

独断と偏見で管理人がオススメするのはこっち!

ハゲるぅぅぅぅぅぅぅぅ!!!!!

円形脱毛症ができるぅぅぅぅぅぅぅぅ!!!!!!

微妙すぎるぅぅぅぅぅぅぅ!!!!!!

ほぼ一緒。もうカオス。

今回紹介した機種(新型MacBook Air、MacBook Pro Touch Barあり、なしモデル)のいずれをオススメするかは非常に悩ましい。本当に悩ましい。

Apple製品の選び方をお伝えするブログだからこそ、私なりの独断と偏見によるオススメ製品をお伝えしたいのだが・・・性能も価格差も微妙すぎてどれをオススメしていいか悩む。

もし、切り分けて考えるのであれば、

  • 将来的に動画編集や画像編集、音楽制作、CADなどを行う→MacBook Pro(2018)Touch Barありモデル
  • コスパを求める→MacBook Pro(2016, 2017)の整備済製品
  • 整備済製品の入荷が待てない→新型MacBook Air(2018)

というところだろうか?

でも、こんなこと言っちゃうと余計に迷うと思う。だから・・・私なりの結論を無理やり出しておきたい。

独断と偏見で、1つだけオススメ機種を挙げるとすれば、新型MacBook Air(2018)の購入がオススメだ。

私がこれまでに先代のMacBook Airをオススメしていなかったのは、

  • Retina非搭載
  • メモリ8GBまで

という部分が大きなネックになっていた。これは長期的に使うにおいて大きなデメリットになるからだ。

  • Retina→文字が潰れない。画面が綺麗なので目が疲れづらい
  • メモリ16GB以上→同時にアプリを立ち上げまくったり、Windowsを動かしたりしてもサクサク動く。

だが、新型MacBook Air(2018)ではこれらの点は解決された。ややパワー不足ではあるが、全く動作しない訳ではないし、プロが仕事でガンガン毎日動画編集するということ以外であれば問題ない。問題ないどころか十分なスペックを搭載している。

それに、ハイスペックなMacBook Proが必要になってくるようであれば、新型MacBook Air(2018)を使って使って使いこみまくって副業でもなんでもいいからお金を貯めてからMacBook ProなりiMacなりを買うという順番がいいと思う。

私も昔は安い中古パーツを集めて自作PCを作って、時給換算500円くらいのライター業を始めて今に至る。そういう道をたどるのであれば、新型MacBook Air(2018)から始めるというのは選択肢の1つとしてはありだろう。

読まなくてもいい愚痴

この話は読まなくてもいい。あくまでも私の愚痴。

10月30日のAppleイベントでAppleは新型MacBook Air(2018)を発表した。これによりエントリーモデルのMacBookを再定義したと言えるだろう。

簡単に言えば、

  • エントリーモデル→ 新型MacBook Air(2018)
  • プロモデル→MacBook Pro
  • 軽量モデル→12インチMacBook

と分けたということだ。

イベント前から、MacBook Pro(2017)のTouch Barなしモデルは新型MacBook Air(2018)の発表とともに姿を消して、エントリーモデルは新型MacBook Air(2018)一択になるのではないか?と噂されていた。

多くの人がそう思っていた。

私もそう思っていた。

別にそれでいいと思っていた。

だが、MacBook Proのタッチバーなしモデルはまだ残っている。

しかも・・・

新型MacBook Air(2018)の価格はエントリーモデルとしては高すぎる。

だから私は自信を持ってオススメすることができない。。薄型化とかTouch IDとかどうでもいいので価格は10万円前後にして欲しかった。それが多く人に希望だっただろう。

はぁ。。

iPhone Xシリーズの高額化、エントリーモデルのMacの高額化、などを考えるとAppleが売り上げ至上主義になっているような気がしてしまいちょっと悲しくなる。

日本や米国は景気がいいからなのか。。うーん、それにしても高い。

結論:どうしても決められないあなたへ

今回の新型MacBook Air(2018)は歴代のApple製品の中でもずば抜けて立ち位置が微妙な製品となった。 

エントリーモデルとしては高額すぎるし、プロモデルには及ばないスペック。誰に向けての製品なのかが分からない。

ゆえに、あなたも新型MacBook Air(2018)かMacBook Pro(2018)かどちらを買えば良いか分からないと思う。だからこそ、最後に究極のアドバイスを1つお伝えしておこう。

迷ったら、実機を見て「美しい」と感じた方を選ぶべきだ。

ここまで書いてきて見た目かよ!!!

とあなたは思うかもしれないが、これは非常に重要なことだ。Apple製品は美しい。ゆえに欲しくなる。触りたくなる。

購入してからもその「製品を美しい」と思える気持ちが途絶えることはない。私は2年使っているMacBook Pro(2016)も1年使っている12.9インチiPad Pro(2017)も毎日毎日美しいと感じている。

自分が美しいと思える製品だからこそ、

毎日使いたくなる

いろんなことにチャレンジしたくなる

自分のスキルがどんどん向上する

もっともっと新しい事をしたくなる

生活がより豊かなものになる

だから、あなたが大好きな製品をどうか1つ見つけてほしい。

上記のループが始まればあとはあなたの好きなスキルをどんどん身につけていくだけだ。当記事があなたのMacBook ProかMacBook Airかの選択の一助となることを願っている。

一緒にAppleを楽しもう!!

※追記

Apple製品はMac1つで最大限のメリットを享受することはできない。iPad、iPhone、Apple Watchと連携させてこそ、最高の作業効率化を実現できる。どうか下記の記事であなたに必要な製品の組み合わせを見つけてほしい。間違いなく人生が変わる。

全製品の組み合わせレビューについてはこちら→【2018】最新のApple製品を全比較!組み合わせ完全ガイド※14,000文字超