管理人管理人

私は~こちらの記事~でもお伝えしたように、HHKB Professional BT 英語配列/墨を購入した。購入後、約1週間ほど経ったので毎日叩き続けたレビューをお伝えしたいと思う。[@appleshinja_com]

私が購入したのは以下のモデル。

スポンサーリンク
もし、あなたがApple製品に興味があるなら・・・    

以下の情報は今すぐチェックしておこう。(100%後悔しない買い物をするために)


平均15%安いApple認定整備済製品!(当ブログ調べ)

8月22日(水)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする

私が今、オススメしている公式整備済製品はこちら


60,801人が読んでいる超人気記事→Apple製品購入完全ガイド


製品別の選び方→Mac(ノート型)の選び方iMacの選び方iPadの選び方


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ

はじめに

私はHHKBを購入して後悔した。

激しく後悔した。

なぜ・・・

なぜ・・・

もっと早く購入しなかったのか、と。

思い出せば、私はAppleの製品にはAppleのキーボードしか使ってはいけないという固定観念に縛られていたようだった。

私の肩こりや首回りのコリがひどくなるにつれて私は徐々に他社のキーボードを探し回り始めたわけだが、結果、HHKBに辿り着いて本当によかったと思っている。

1週間利用し続けた今の時点ですでにタイピングスピードの安定性が増したし、なによりも集中力の維持が長時間できるようになった。もちろん、体の疲れもマシになった。というか激変した。

というわけで、ここからはHHKBを1週間で50時間以上は叩き続けた私の正直なレビューをお伝えしていこうと思う。

11の真実【8つのメリット編】

まずは11の真実と題してメリットをお伝えしていこう。

真実1、英語配列が絶妙すぎて最高

HHKBの英語配列はちょっと変わっている。というか異常だ。

こんな感じでキーが明らかに少ない。Fキーもないし、カーソルキーもない。

はっきり言って異常なキー配列だ。私は購入前、この異常なキー配列に不安を抱いていた。「こんなの使いこなせるのだろうか?」と。

これがカーソルキー。見えるだろうか?Returnの左側に4つのカーソルキーが刻印されている。

しかし、3日ほど使い続けた時にふと思い始めた。「これはかなり理に適った配列かもしれない。」

特にカーソル移動については革新的だなぁと感動している。

カーソルキーは以下の箇所とFnキーを同時に押す事で操作可能。私は青枠で囲ったキーをFnキーへ変更して利用している。

青枠とカーソルキーの同時押しをすればカーソル移動が可能

カーソルを移動させるのに2つのキーを同時押しするのはちょっとめんどくさそうな印象を最初は持っていたのだが、慣れるとホームポジションから手を全く動かさずにカーソル移動できることが快感になってきた。

もともと手が大きくない日本人が日本人のために作ったというキーボードだけあって、素晴らしいクオリティだ。考え尽くされて作られていることが使えば使うほど分かってくる。

DeleteキーとEnterキーも小指からかなり近いので、実際は、ほぼすべてのキーがホームポジションから手を離さずに入力が可能になる。

ゆえに、手がキーボードに吸い付くというか、もはや自分の手がキーボードと一体化したような不思議な感覚に陥る。今の時点では、私はこの感覚が気持ちよすぎてHHKBにベタ惚れという状態だ。

真実2、とりあえずかっこよすぎる

HHKBでは黒色のボディを黒として販売していない。

「墨」として販売している。

実際、このボディ・・・めちゃくちゃかっこいい。日本のプロダクトは美を重要視しない傾向にあるのだが、HHKBはMacやiPadでの利用も想定しているためなのか、めちゃくちゃかっこいい。

黒に黒の印字が渋すぎるぅぅぅ!!!

真実3、叩き心地は圧倒的によい

HHKBは、分かってはいたことだが、叩き心地が圧倒的によい。

やはり無接点方式の恩恵か。私は同じ造りのリアルフォースをWindows時代に使っていたこともあり、大きな感動はなかったのだが、やはり深いキーストロークは気持ちがいい。

HHKBはその仕様から軽くタイプするだけでもちゃんと入力されたと感知してくれるため、タイピングに力が要らず本当に楽チンだ。

真実4、ボディが小さいので手が小さい人にオススメ

私はそこまで手が大きくない。むしろ細短い感じだと思う。

ゆえに、キーボード本体の各キーが離れていると指がつりそうになるし、ずっとストレスを抱える事になる。

HHKBはそのコンパクトなボディゆえに、すべてのキーに指が届く仕様になっており、私は日々のタイピングをさらに楽しくできるようになった。

真実5、Mac、iPadで使いやすい

私が、最も重要視していたのがこれ。MacとiPadできちんと使えるのかどうか?ということ。

だが、それは杞憂だった。

まず、接続に関しては、一般的なのBluetooth機器と同じで設定→Bluetoothよりすぐに接続が可能だ。

キー配列に関してもコマンドキーなどの重要なキーはMacのバタフライキーボードやSlimComboと全く同じ配列になっている。

ゆえに、ほぼ違和感なくMacやiPadにも利用可能だった。キーボード裏のスイッチでMac、iPad仕様に1発で変更できるというのも大きなメリットだった。

というか、Windowsロゴも刻印されていないうえに、コマンドキーのロゴが印字されているあたり、Apple製品との親和性というのはかなり高いように思う。

真実6、コスパはかなり良い

私が購入した、PD-KB600B(英語配列 墨 Bluetoothバージョン)は、約3万円もする代物だ。

高い。高すぎる。無印iPadが購入できるくらいに高い。しかし・・・HHKBは耐用年数が長い。

公式サイトによると、3000万回以上のキー寿命を実現。という事らしい。1つのキーに3000万回以上って・・・正直一生使えるだろう。

というわけで、私としては高い買い物ではあったが、コスパはかなりよい、というかよすぎると思っている。

そもそも私は1日に1万文字は入力するほどにタイピング中毒なのだから、キーボードにはこだわって当然だ。と最近は思うようになった。(気付くのが遅すぎだが。。)

真実7、音に抱きしめられる

ふぅ。。何も言わないのでどうかこの音を聞いてみてほしい。

美しすぎてもはや官能的な吐息にしか聞こえない。最高。最高すぎる。

キーボード音フェチはたまらない。

真実8、長時間タイピングが圧倒的に楽チン

私がHHKBを使い始めて「衝撃的っ!!!!!」と感じたのがこれ。

私の普段の仕事スタイルとしては、いかに集中力を維持ながら1日をフルスピードでかける抜けるか、という事に重点を置いている。だが、1日中集中力が持つわけもなく、やはり途切れ途切れになってしまう。

ゆえに、1日のうちに何回も、

「ふぅっ、ちょっと休憩。」

と集中力が途切れたらカフェに行くなり、オフィスを出るなり、とりあえず、気分転換に浸っていた。

が、HHKBを購入したら久々に5時間くらいぶっ続けてタイピングができた。

しかも、それがほぼ毎日、続けられるようになった。

おそらく、私が集中力の途切れと感じていたものは、実は体の疲れ(肩、手首、首)だったようだ。それらの部位が疲れる事によって休憩が欲しいと体が悲鳴をあげていた可能性がある。

それらの疲労をあまり感じなくなったため、長時間タイプができるようになったという可能性は高い。この点については引き続き自分の体を検証しながら見ていきたいと思う。

長時間タイプが可能になった理由の大きな理由の1つとしては、HHKB特有の傾斜も関連していると思われる。

このように、奥へ向けて傾斜がついている。さらにキーの形状が列によって違う。

いわゆる、人間工学に基づいて作られているキーボードだという事だろう。私はこういう、人を疲れさせないように作られているキーボードが大好きだ。

実際、真っ平なキーボードよりは疲れないし、理にかなっていると思う。というか、こういう形状のキーボードに慣れてしまうとほかのキーボードはもう叩くことはできなくなってしまう。

11の真実【デメリット編】

ここまでは、テンション高くHHKBのメリットをお伝えしてきたのだが、ここからはデメリットもお伝えしていこう。

真実9、慣れるまで時間がかかる

正直、HHKBはその独特のキーボード配列ゆえに慣れるまでかなりの時間がかかると思われる。

配列が異常だからこそ、前述したように慣れた時の爽快感というのは計り知れないものがあるのだが、私は慣れるまでに3日(約20時間)はかかった。

さらに、無意識下で高速タイピングできるようになったは導入して5日ほど経ってからだった。1週間経った今でもたまにカーソル移動についてど忘れすることはあるが、これはこれから体に叩き込んでいくことで改善されるだろうとは思っている。

結局は、最初は不安だが慣れれば大丈夫といったところだろうか。

ただ、キーボード選びは好き嫌いがかなり問われると思うので、あなたがHHKBの配列を気に入るかどうかは正直使い続けないと分からないとも言えるだろう。

そこが、HHKBの最大のデメリットだと私は思う。

高額なキーボードゆえに買い直しも難しいし、なかなか一歩をふみだせない人も多いはずだ。私は勢いで購入してよかったと思っているが、キー配列については購入前に熟考した方がいいように思う。

真実10、タイピング音が気になる

タイピング音は、私としては非常に心地よい感じはあるのだが、静かなカフェでは少し、というかかなり目立つと思う。

使う場所がかなり限られるというのはデメリットだろう。

真実11、持ち運び問題

HHKBはコンパクトで持ち運びも可能だ。

私が使っているBluetoothモデルは530g。持ち歩けない重さではない。というか、似た形状のリアルフォース は1キロを超えるため、持ち運ぶのはかなり厳しい。

それと比べればHHKBは持ち運びやすいが、やはりカバンの厚みも増すし、持ち運びやすいとは言えないだろう。

持ち運び問題については、私も色々と考えてはいるが、やはりSlimComboなどの方がまだ携帯性は良さそうかなぁと思って入る。

ぶっちゃけた総合評価

自宅で据え置きで使うなら100点満点。むしろもっと早く購入するべきだったと後悔している。

もし、もっと早くHHKBを使っていたなら、タイピング速度はもっと上がっていただろうし、仕事もたくさんこなせていたと思う。

そう考えるとやはり後悔も少しはしてしまうというものだろう。しかし、ツイッターのフォロワーさんの助言や当ブログのコメント欄での助言により、私はHHKBを購入するに至った。(本当に大感謝)

その判断は正しかったと言えるだろう。

MacでもiPadでも今は、HHKBを使いまくっている。ただ、外出先には持ち運んでいない。やはり音の大きさゆえにカフェなどでは使いづらい。

この辺り、音を立てても問題ないような、カフェを探すか、SlimComboでずっと対応していくかを今は迷っている状態だ。

今日のお告げ

「HHKBを購入すべき人はどういう人?」

と、もし私が問われればこう回答するだろう。

「1日に1万文字以上を打ち込む人。」

これを基準にすればよいように思う。それ以下なら特にキーボードにはこだわらなくても体に負担はかからないはずだ。(もちろん個人差はある)

私はこれからもHHKBを使いながら、体の調子を見ていくつもりだ。とりあえず、これからも継続的に1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月レビューとしていくつもりなので、当ブログにまた遊びに来て頂ければ幸いだ。