管理人管理人

今回はマニア必見の内容。だが、自信を持って言える。これが、日本一の背面カバーケース比較記事だぁぁぁぁぁ!!!!![@appleshinja_com]

スポンサーリンク

ーこのページに辿り着いたあなたへ〜

「おまえ、変態すぎるだろwww」

と、私は常に友人に笑われている。私のApple製品への愛が異常すぎるからだ。(たまにiPadの角を触りながらニヤニヤしてたりするらしい)

8年のApple信者ライフの末にたどり着いた、「究極の記事」をあなたにもお届けしたいと思う。ぜひ、参考にしてほしい。

共に、変態Apple信者になろうではないか。

【2018年7月更新!!】→iPhoneおすすめアプリ38選はこちら

iPad→おすすめアプリ55選はこちら

Mac→神が作りし5つの神Macアプリはこちら

今だけ3ヶ月無料→Apple Musicのレビューはこちら

【人気記事】→今さら聞けない7つのKindle活用術!読書効果を100倍にするiPad・Macの設定方法

※新規ウインドウで開くのでとりあえずクリックしておいて後日読むという感じでも良いと思う。

今回比較する2つのケースとは?

私は「HHKB」というBluetoothキーボードを使い始めてから、背面ケース、かつApple Pencilが収納可能なケースを探し始めた。しかもAppleのロゴが美しく見える背面クリアのケースだけを必死にリサーチし続けた。

その結果、私の候補に上がってきたのがこの2つの背面ケース。

Amazonで人気のpoetic。

Apple Store公認のtech21。

上記2点を以下、完全レビューしていこう。背面ケース(Apple Pencil収納可能)という観点で言えば間違いなく日本一のクオリティになると思う。(そう断言できるくらいにリサーチはした)

ぜひ、しっかり読み進めてほしい。

比較1、Poetic -Clarity Series

軽さ ★★★
Apple Pencilとの親和性 ★★★★★
利便性 ★★★★★
コストパフォーマンス ★★★★
総合評価 ★★★★

まず、1つ目はPoetic -Clarity Series。私がAmazonで見つけたものなのだがはっきり言って最高だ。コスパならかなりのものだと思う。

外観レビュー

では、早速。梱包された製品が届いたところからレビューしていこう。

Amazonにありがちな配送料を抑えるための雑な梱包。

取り出すとちゃんとクッションが敷かれていたので安心。

ケース登場。半透明。

しっかり守ってくれるような形状。

ゴム素材なのでこんな感じで柔らかい。

装着してみた。綺麗・・・

Apple Pencilを立てかける場所があるのはありがたい。

Apple Pencilもしっかり固定されている。

実際に使ってみた辛口レビュー

実際に使ってみると分かるのだが、はっきり言ってほぼ弱点は見当たらない。

  • Apple Pencilをしっかり固定
  • Apple Pencilを取り出しやすい
  • ゴム素材だが四隅は防護性を高めてある

と、私が背面ケースとして求めていたものとしては、最高峰のクオリティ。

ただ、やや電源ボタンと音量調整のボタンを押すのが硬い。というかボタンを押す際にかなり力を入れないとダメだ。そこはマイナスポイントだろう。

また、Apple純正のスマートカバーと併用する場合には背面にカバーを回した場合、やや磁石のくっつきが弱く感じた。

しかし、それ以外は概ね満足。これはずっと使っていける。。そう思って私はしばらく使っていたのだが・・・

重い。いや、重くはない。正確には軽くはない。そう、軽くはないのだ。

iPad Pro12.9インチをつかっている私からすれば、少しでも軽くしたい。軽くないと片手で持ちづらいし、何よりも日々の使い勝手にほんの少しの影響が出る。

ちなみに、重さは227g。そこまで重くはないのだが、iPad Pro12.9インチへ装着すると、持った時に、やや重さを感じる。というわけで、私は次の背面ケースを探してみることにした。

※基本的に私はこうやって無駄金を使いながら検証しまくる訳の分からない性格。ただ、こういう生活が好きなので仕方ない。今はブログで共有できるし、まぁ、よしとしている。

比較2、Tech21 Impact Clear Case for iPad Pro

軽さ ★★★★★
Apple Pencilとの親和性 ★★★
利便性 ★★★
コストパフォーマンス ★★
総合評価 ★★★

私が、Poeticのあとに購入したのがこのTech21 Impact Clear Case for iPad Pro。背面もクリアだし、何よりも軽い。(驚異の重さは後述)

何よりも、あのApple社の厳しい検定に合格し、Apple Storeに並んでいる製品として、信頼せずにはいられない。

まずは、外観から見ていこう

外観レビュー

無駄にでかい箱が到着。iPad30インチ用かな?と思ってしまった。

やはり中身はスカスカ。

取り出してもやっぱりデカい。

並べてみた。右側がPoetic。透明度は高い。形状はかなり似ている。

Apple Pencilを装着。

Apple純正のスマートカバーを使っても非常に安定してスタンド可能。

実際に使ってみた辛口レビュー

Tech21 Impactが自宅に届き、開封した時、私は大いに喜んだ。最高に軽かったからだ。

正直、持っている感覚すらない。最高の軽さだ。

重さは149.5g。

前述した、Poeticとは70gくらいしか違わないのだが、とにかく、軽く感じる。手でホールドして使うiPadケースの重量にはさらに慎重に気を配らないといけないなぁと改めて思わされた。

スマートカバーを後ろに回した際も、前述のPoeticよりも磁石である程度はくっつく。(無論、裸で使うよりは弱い)

ただし・・・。こんなことは言いたくないのだがはっきり言おう。

軽さ以外は評価としてはかなり低い。Apple社が、なぜこのような質の低い製品をApple Storeに並べているのか疑問を呈したくなるほどだ。

私が考えるデメリットは主に3つ。それぞれを1つずつ解説していこう。

デメリット1、Apple Pencil問題

まず、1つ。Apple Pencilが取り出しづらい。

Poeticでは、以下のようにApple Pencilを装着すると、キャップ部分が抜けなくなってしまい、非常に困る。

ゆえに逆向きに差し込むのだが、そうなると右手で取り出しづらい。こんな感じで手首を返さないと取れない。非常にストレス。

デメリット2、ボタンが鋼の強度

2つ目。ボタンが強烈に硬い。石で叩かないと押せない仕様なのかな?と思ってしまうほどに硬い。

デメリット3、バカ高い

そして、最後、3つ目。価格が高い。高すぎる。税別で8,800円もするくせにこのクオリティはありえない。

もし、これが3,000円、4,000円の価格ならコストパフォーマンス的にはよい部類に入っただろう。ただ、8,800円も出すような価値がある製品ではない。

はっきり言って、製品を作った後に、この会社は製品を試しに使っていないのではないかと思う。まぁ、愚痴はここまでにして。。

以上が私のTech21に対する評価だ。

ぶっちゃけどっちがオススメなの?

はっきり言って、あなたにオススメできるのは、Poeticだ。ぜっっったいにこっちの方がオススメ。

とりあえずコスパが良すぎる。重さが、若干気にはなるが、利便性も圧倒的に上。

Apple Pencilを収納できる背面ケースをあなたが探しているならとりあえず購入してみるのはオススメだ。数多くの製品を探し回った私が実用性ならNO、1だと断言できるほどのクオリティ。

ちなみに、私は今、Tech21を使っている。理由は、「こんなに高いものを購入したのだから使わないと損。そうだ!しかもこっちの方が70gくらい軽いし・・・!」というただの感情論。

まぁ、慣れれば大丈夫か、とは思っているがあなたには強くオススメできない。

今日のお告げ

背面ケースを選ぶ際に諦めなければいけない事が1つある。

それは、背面が完全にクリアでAppleのロゴが完全に見えるような製品はほぼ存在しないという事だ。

私が今回紹介した2つの製品も半透明なので、Appleのロゴや美しいスペースグレイの色が完璧に見えているかと言われるとそうではない。

「本当にそれで満足?Apple Pencil収納可能な7つのケースを徹底比較 」という記事でもお伝えしたのだが、iPadのケースに残念ながらベストは存在しないのでベターを見つける、という感覚でケース選びをした方がよい。

ぜひ、当記事があなたの背面ケース選びの一助になれば幸いだ。(もし、あなたが最高の背面ケースを所有しているならぜひ教えてほしい)