管理人管理人

私はHHKBを購入した。その際に手首の置き場所にもこだわりたかったため、パームレストの購入も検討した。その際に比較した5つの製品と私が購入した製品をレビューしていこう。[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


11月22日(木)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2018年11月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

はじめに:私が購入したHHKB

私は1日に1万文字はタイピングする。仕事のメールや打ち合わせの議事録、当ブログの記事作成などを換算すると余裕で1万文字異常は打ち込む。

ゆえに、私にとってキーボードと、そしてパームレストは生活、いや人生を支えるくらいに重要なものだ。

悩みに悩んだ末に私が購入したHHKBはこれ。

【レビュー】HHKBを購入して後悔しました。11の真実をお伝えします|PD-KB600B | Apple信者1億人創出計画

そして、、私が購入したパームレストをどのように選んだかを当記事ではお伝えしていきたいと思う。

5つの人気パームレストを比較

私はパームレストなどの備品を購入するときには、必ずAmazonのレビューを参考にする。上位のものから順番にレビューや仕様を吟味しながら購入に至る。

ゆえに、今回紹介する製品たちもAmazonではかなり人気の製品ばかりだ。(ただし、私が購入した製品は以外なものかもしれない・・・)

比較1、サンワサプライ キーボード用低反発リストレスト(ブラック) TOK-MU3NBK

Amazonで調べると必ず上位に来るのがこの製品。サンワサプライ キーボード用低反発リストレスト(ブラック) TOK-MU3NBK。

私も当然比較したが・・・私はWindows時代から低反発ようのパームリストがあまり好きではない。手首がめり込むので、気持ちはいいし痛みは軽減されるが、どうしても安定性に欠ける。

ゆえに、比較対象にはしたが、今回は購入を見送った。

比較2、エレコム リストレスト 疲労軽減 “COMFY” ロング(ブラック) MOH-012BK

こちらもAmazonで人気の製品。エレコム リストレスト 疲労軽減 “COMFY” ロング(ブラック) MOH-012BK。

前述したように、私は低反発系のパームリストはあまり好きではないので比較対象からは外した。

比較3、サンワサプライ キーボード用リストレスト(レザー調素材、ブラック) TOK-GELPNLBK

レザー!見た目超かっこいい!!とテンションが上がったのがこれ。サンワサプライ キーボード用リストレスト(レザー調素材、ブラック) TOK-GELPNLBK。

サンワサプライ自体は好きなのだが、これもパス。なぜなら中身は、低反発だから・・・

比較4、FILCO ウッドパームレスト Mサイズ 幅(360mm) 天然堅木製

超有名であり、私が最有力候補として、注目したのがこの製品。FILCO ウッドパームレスト。

ネットで調べてもFILCOのウッドは手首を置いても痛くないし、何よりもクセになるという絶賛するレビューが多い。私も低反発は好きではないので、このある程度の固さを維持している天然堅木製というのには惹かれた。

比較5、HHKB純正 バード電子 ウッドパームレスト

バード電子はHHKBの純正アクセサリーをたくさん作っている会社。そんなわけで、HHKB関連の製品ならここが一番安心できる。

特に、ウッドパームレストについてはかなりのこだわりのもと作られている。というわけで先ほどのFILCOの製品と並んで最有力候補に。

私が購入した製品はこれ!【レビュー】

結局、私が購入したのはこれ!!

純正のパームレスト。最後の最後までFILCOのパームレストと迷ったけど、やはり純正品が最高だろう。

HHKBほどのこだわりにこだわったキーボードを作る会社なのだからパームレストも完璧に作られているだろう、そう思って購入した。

が、結果、その判断は大正解だった。幅も高さもそのデザインもすべてがHHKBのためだけに作られたパームレスト。

完璧すぎる・・・横幅が完璧。完璧ぃぃぃぃぃ!!!

横幅の次は高さ。

段差が絶妙。ほぼ手首を傾ける必要がないので、これなら長時間のタイピングを行なってもしんどくない。

完璧なまでに高さがぴったり。

HHKBのお供にはやはり純正品が一番よいと思う。美しいし、ちょっとの角度や段差で将来の体の疲労に影響するなら純正品を買うべきだろうと思う。

iPadの作業が捗るぅぅぅぅぅ!!!

補足:裏面のラバー

実はこのHHKBの純正パームレストには2種類の高さ調整ゴムがついている。

これが高さ調整ゴム。

私が高い方のゴムを利用している。計測したところ、微妙な差ではあるのだが、低い方のゴムは若干、パームレストとキーボードの間に高さの差が出る。

これが打ちやすいと感じるかどうかは個人によるだろうが、私はHHKBのキーボード自体に傾斜が付いているのでその傾斜を活かすために、パームレストとHHKBの間に傾斜をつけたくないと考えた。

ゆえに、私は高い方の調整ゴムを利用している。ぜひ、ご参考頂ければ幸いだ。

今日のお告げ

Appleのキーボードも最高だよ?

最近、私はHHKBのキーボードを絶賛しまくっているわけだが、MacBook Proのバタフライキーボードや「SlimCombo」のキーボードが悪いとは私は一言も言っていない。

私がWindows時代に深いキーストロークのキーボードを叩きすぎて染み付いた習慣と、1万文字以上を毎日高速タイピングし続けるという異常な環境が、私をHHKBへと導いた。

バタフライキーボードの方が打ちやすいという人もいるだろうし、そのあたりは、ぜひ、うち比べてみてほしいと思う。

ただ、肩こりや手首の腱鞘炎に悩む人には、パームリストとHHKBの組み合わせは本当にオススメ。あなたの最高のキーボード環境についてもコメント欄などで教えて頂ければ幸いだ。