管理人管理人

あなたはモバイルバッテリーを利用しているだろうか?私は、iPhone、iPad Pro、Apple Watchとたった1台のモバイルバッテリーで外出際の充電をすべてまかなっている。今回はそんな中、iPad Pro12.9インチの充電を一体どれくらいのパーセント充電が可能なのかお伝えしたいと思う。[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


11月22日(木)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2018年11月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

私が使っているモバイルバッテリー

私が1年以上使っていて愛して止まないモバイルバッテリーがこちら。「Anker PowerCore 10000」という商品。

iPhone6sのバッテリー持ちがだいぶ悪くなってきたことに加えて、外出先で作業中にiPad Pro12.9インチの電池が思ったよりも早く減った時など、いろんな状況でバリバリと活躍してくれている。

iPad Pro12.9インチへどれくらい充電可能?

まず、私の経験による結論からお伝えしよう。

10000アンペアのモバイルバッテリーを利用した場合、iPad Pro12.9インチへは30〜40%の充電が可能だ。

私はいつも充電が5%くらいになってから充電を始めるのだが、その際にだいたいは40%前後くらいまでは充電出来ている。

その後は、モバイルバッテリーの充電が切れてしまい充電不可の状態になる。

とはいえ、iPad Pro12.9インチで40%も容量があればヘビーに使っても半日は持つのでそこまで心配は必要ない。

むしろ、十分だと言えるだろう。

今日のお告げ

モバイルバッテリーは必ず1つは所有しておこう。特にiPad、iPhone、Apple Watchなど複数のガジェットを所有していのであれば絶対に必要だ。

1年のうちに何度かは充電をし忘れることだってあろうだろう。

その際に、重要な仕事のメールが返信できなかったり、Apple Watchの充電が切れていてSuicaで改札が通れなくなってしまったりといった出来事に巻き込まれることだってある。

ぜひ、1台はモバイルバッテリーは所有しておこう。

私の経験上、重さ・コストパフォーマンスを考えると10000mAhのモバイルバッテリーがオススメだ。参考にしてみてほしい。