管理人管理人

人気がある製品なのはわかっていたけど、高くてずっと買うのを躊躇していたSatechiの充電器を当記事ではレビューしていこう。まず、一言言えるのは「もっと早く買っておけばよかった。」と思えるくらい素晴らしい製品だということ。いやぁ、素敵。[@appleshinja_com]

Apple製品を購入検討中のあなたへ

Amazon公式のApple製品ポイント還元率がヤバい事になっているのをご存知だろうか?

※現在、品切れの製品も多い上に、還元率は頻繁に変わるので早めにチェックしておこう


M1 MacBook AirM1 MacBook ProM1 Mac mini


11インチiPad ProiPad Air無印iPadiPad mini12.9インチiPad Pro


Apple Watch Series 6Apple Watch SE


安く買うコツ

サクッと開封レビュー

まずはサクッと開封の儀を。

ちなみに私が購入した際の製品リンクはこちら。価格はプライムデーで4,399円。(よく売り切れたり、価格が変動したりする)

→Satechi USB-C Apple Watch 充電ドックの価格と在庫(Amazon公式)

では、早速。

箱。届いた時から割と角が削れてる。配送された時点で本当に新品?と思えるクオリティなのにはもう慣れた。

Satechiのロゴがどーん。

開けてみた。中はスッキリしている。

小さい。そして美しい。

大きさとしてはAirPods Proと比較してこれくらい。

使ってみてわかった3つのこと

次に使ってみてわかった3つのことを。

1、コードが減る!最高!!

もう、これ。
このメリットに惹かれるかどうかで、Satechi USB-C Apple Watch充電ドックを導入するかどうかを決めてしまってもいいと思う。

Satechi USB-C Apple Watchがあれば、デスクの上からApple Watchの充電台が1つ減る。これですごく快感。

私は机の上がごちゃごちゃしていると集中できないタイプなので、仕事をする前は必ずと言っていいほど机の上を軽く拭いたり、埃を払ったりする。

その際、コード類が見える場所でぐちゃぐちゃなっている場合は見えない場所にちゃんと収納するか、まとめておく。ただ、デバイスを使えば使うほどコード類は増えていく。

ただ、Satechi USB-C Apple Watchがあれば、Apple Watchの充電台という毎日使うコードを1つ片付けることができる。これが私にとっては大きなメリットだった。しかも、かなり美しい。

iPadの美しさを損なわせない見た目なので導入しやすい。これだけでも「もっと早く導入しておけばよかったと思える。

2、ゆらゆら揺れる

思っていたよりも磁石が弱い?のか、形状ゆえに仕方ないのかもしれないが・・・

少し強めに当たったりするとズレる。

まぁ、充電中に触ることはないと思うのだが、気になる方もいると思うので紹介してみた。

3、充電時間は早い

私が心配していたのはこれ。

「iPad Pro (or もしくはiPad Air)から充電するってことは充電のスピードが遅くなるんじゃないの?」

ということ。

結論としては、「純正の充電ケーブルと充電時間の差異はほとんどなかった」。つまり、Satechi USB-C Apple Watchの方がケーブルが減る分だけ、有利だと言える。その検証結果については次項で紹介しよう。

充電速度を計測

1、純正ケーブルの充電時間

まずは、純正ケーブルをコンセントに差し込んで充電してみた。

私のApple Watchは気づくとだいたい18%〜20%くらいになっているのでそのぐらいから充電。(1日使って0%になったことは一度もない)

しっかりと固定する。

で、結果がこれ。おおよそ1時間30分で充電完了。

2、Satechi USB-C Apple Watchの充電時間(Magic KeyboardにUSB-Cケーブル接続)

次に11インチiPad Pro(2020)のポートへ突き刺して充電。ただし、Magic KeyboardにUSB-Cケーブルを差し込んで”iPad Pro自体にも充電がされている状態”で充電してみた。

同じバッテリー残量。

0:22から充電開始

1時間でこれくらい。

そして1時間45ほどで充電完了。

写真では約2時間となっているが、この時は私が気づくのがやや遅れたため、実際は1時間45分くらいだった。

感覚としてはほぼ同じ。

3、Satechi USB-C Apple Watchの充電時間(Magic KeyboardにUSB-Cケーブル接続なし)

次に充電ケーブルを差し込んでない状態で検証。

残量は16%から。

充電開始。

結果は・・・

1時間30分で充電完了。

というわけで、USB-Cケーブルを差し込まなくても充電スピードは同じという結論に至った。

総評レビュー「美しい充電ができるけれども・・・」

Satechi USB-C Apple Watchマグネット充電器は美しく、充電速度も安定しているため素敵な製品ではあるのだが・・・高い。結構、いや、かなり高い。

私はAmazonプライムデーで購入したので4,399円で購入できたが普段は5,000円くらいする。

→Satechi USB-C Apple Watch 充電ドックの価格と在庫(Amazon公式)

というわけで導入はしづらいかもしれないが、デスクの上のコードを減らしたい方にはおすすめ。

余談ではあるが、iPhoneのマグネット充電もこれから進んでいけばMacやiPadの上、あるいはiMacの脚の部分に置くだけで充電できる未来が来るかもしれない。

いずれにせよコードレスの未来が早く来て欲しいなぁと思う。