管理人管理人

読者さんたちから猛烈におすすめされて購入した財布ストラッチョ。使用して1ヶ月以上が経過したのでレビューしてみたいと思う。一言で言うなら”究極のサブ財布”。最高。[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


9月24日(木)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2020年9月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

ストラッチョ3つの魅力

まず、初めに。私が購入したのは以下のモデル。

以下、1ヶ月間ストラッチョを使い続けて私が思った3つのことをお伝えしていきたいと思う。

購入直後のレビューはこちら→ 神財布!straccio(エムピウ)を1週間使って分かった9つのこと

1、薄い、小さい、軽い

ストラッチョは驚くほどにコンパクト。どんな小さなズボンのポケットに入るのでは?と思わせてくれるほどに小さいので、いつでもどこでも持っていくことができる。

iPhone XS Maxと並べてもこんなにコンパクト。

正直言って、持っているのも忘れるほどに小さくて軽い。

後述するが、私は日常生活のほとんどを電子決済とカード決済にまとめているので財布にたくさんのカードや現金を入れることは全くない。

そんな私にはストラッチョの大きさはちょうどよかった。

2、必要なものは全て入る

コンパクトなストラッチョではあるが、全く物が入らないかと言われると、実はそうではない。

結構な量が入る。最低限必要ななものが全て入る感じ。

現金。

カード類。

小銭。

個人的には小銭入れがお気に入り。小銭をさっとすぐに確認して取り出せる。

ボタンがないので「落ちるのでは?」という不安もあったがそんなことは全くない。

むしろボタンがないからこそ開閉がめっっっっっちゃくちゃスムーズ。財布のあるべき姿はこれなのでは?と思わせてくれる。

この小銭入れや財布界の革命や!

3、皮の質感が最高

ストラッチョの皮は高級感がある。

それは店頭などで見れば分かる。が、私は皮の高級感ではなくその特異な質感を気に入っている。

こんな感じ。
ぐにょぐにょしてて気持ちがいい。

このぐにょぐにょ感のおかげで、ズボンのポケットの中で角ばらないため、多少スリムなズボンを履いていても痛くならない。

ずっとずっと持ち運びたくなる。

この形状を実現したストラッチョは小銭入れもそうだけど、やはり革命的な財布だと思う。

コーヒーブレイク「Apple信者の財布」

Apple信者の私は、支払い関係はすべてApple関連でまとめているため、実は日常生活の中ではそんなに財布を取り出す機会がない。

  • Apple Watchによる電子決済
  • スマホケースRAKUNIを使用したカード決済

この2つで私の日々の決済は90%以上が事足りている。

財布を取り出すのは電子決済もカード決済もできないような自動販売機か、小さなラーメン屋さんや喫茶店くらい。

だからこそ、私は財布にコンパクト性を求めた。そして、今ではストラッチョを気に入って使っている。

ストラッチョをおすすすめしてくれた読者さんに感謝!!

総評レビュー「サブ財布の存在感はますます強くなる」

電子決済がどんどん取り入れられて、財布の定義が変わりつつある、と私は思っている。

昔なら財布を持ち歩かずに出歩くなんて考えられなかったが今では「現金決済しか受け付けない場所のために一応持ち歩く現金入れ」として役割が強くなってきている。

もちろん、東京のような大都会と地方では差があるだろうし、まだまだキャッシュレスが完全に普及しているわけではないが、これからはストラッチョのようなサブ財布のようなものの需要が増えていくように思う。

少なくとも私には最高の相棒になりつつある。サブ財布を探している方には、ストラッチョをぜひおすすめしたい。