管理人管理人

上位版のMacを待っています!という声が私のブログ・Youtube上にはたくさん届く。が、果たして待つのは本当に正しいのかどうか、そんなお話を今回はしていきたいと思う。[@appleshinja_com]

Apple製品を購入検討中のあなたへ

Amazon公式のApple製品ポイント還元率がヤバい事になっているのをご存知だろうか?

※現在、品切れの製品も多い上に、還元率は頻繁に変わるので早めにチェックしておこう


M1 MacBook AirM1 MacBook ProM1 Mac mini


11インチiPad ProiPad Air無印iPadiPad mini12.9インチiPad Pro


Apple Watch Series 6Apple Watch SE


安く買うコツ

まず結論

私の独断と偏見がかなり含まれているが、まずは結論から。

上位版のMacを待つべき人はごくごく一部の超ハイスペックを要する人たちだけ。また、冷却性能面なども不透明だし、ほとんどの人にとってはM1 Macで十分。

これが結論。
今、この記事を書いている現在、M1 Macで発売されている機種は、

  • MacBook Air
  • MacBook Pro
  • Mac mini
  • 24インチiMac

の4機種である。

全てが同じM1 チップを搭載しているため、冷却性能の違いはあれど基本的には仕様上のスペックは同じ。

では、これらの機種は上位版を待つ必要がないくらいのスペックなのだろうか?M1 MacBook Airを使い込んでいる私としては「必要十分以上。」というの結論。その理由を以下、解説していこう。

見よ、これがM1の凄さだ。

論より証拠。

・M1 MacBook Air:M1チップ
・MacBook Pro(2016):デュアルコア

の性能差を比較した動画が以下のもの。

いやいや・・・
早すぎる。
プロモデルを置き去りにするAir。素敵。

(詳しい比較はこちら記事を参考→【1週間使用レビュー】M1 MacBook AirとMacBook Pro (2016)の画像一括編集の時間を比較してみた結果)

私は、27インチiMacを使っているのだが、

  • 3.4 GHz クアッドコアIntel Core i5
  • 40 GB 2400 MHz DDR4
  • Radeon Pro 570 4 GB

のスペックを持ってしても、M1 Macの方が遥かにスペックはいい。というわけで、ほとんどの人にとってはM1で十分すぎる性能だと思う。というか間違いなく十分なスペック。

上位版を待つ意味ってほとんどない気がする。早く手に入れて時間的損失を避けた方が絶対に良い。

買う際にこれだけは知っておいて!

ただし、買う際にはこれだけは知っておいて欲しい。

できるだけメモリは16GB積んでおいた方が良い!

ということを。

先日のレビュー記事・動画の中でもお話ししたのだが、メモリ不足による作業のストレスは半端ではない。

【4ヶ月目レビュー】M1 MacBook Airではなく27インチiMac(2017)をメイン機にした理由

私の環境だとメモリ不足になる状態としては、動画編集アプリFinal Cut Pro Xと画像編集アプリPixelmator Proを同時に立ち上げている際に起こりやすい。

いわゆる「重いアプリ」を同時に立ち上げて作業したい場合にはメモリは16GBにした方がよいだろう。

また、上記の動画の中で私が「MacBook Airはファンがなく、冷却性能が弱いので長時間の作業や、動画編集などの重い作業はあまり向いていないかも。」と話したところ、コメント欄で「同じような作業していますが、メモリ16B積んでいるので熱くなることはほとんどありませんよ〜。」みたいな情報が複数件寄せられた。

メモリに余裕がある状態だとスワップを使う必要もなく、結果として本体に余裕のある動作が続くので熱が出づらくなるのかな?と推測もできる。

というわけで、「将来的に重い作業は絶対にしません!」という方以外はメモリは16GBにしておいた方が良いだろう。

ただ、毎日写真を編集したり動画を編集したりする人なんてごく一部だろうから、ほとんどの人にとってはメモリ8GBで十分だと思う。

補足:上位版の発売時期について

上位版14インチMacBook Pro (仮)については、

ほぼ確定か?14インチ、16インチ、iMacのデザイン変更がクル!MagSafeの復活と、Touch Bar廃止の噂もあり【毎日更新!りんごの木(456日目)】

の記事内でお伝えしている通り「7〜9月」の発売が濃厚だと言われている。

ただし、一部メディアによると、「大量生産までは時間がかかるため初期ロットを逃すと購入が2022年までずれ込むかも、というような情報も出ているため注意が必要だ。

つまり、せっかく上位版MacBook Proを待っていたとしても、”争奪戦に敗れて、結局はM1を買う。”という人も出てきそうだということ。

そのあたりを踏まえて考えてみても、上位版Macを待つべき人というのは限られると思う。

今日のお告げ「私は待つけれども」

私は上位版のMacを待っている。14インチMacBook Proが出たら最高スペックで買う。絶対に。そのためにM1 iPad Proも買わないし、新型iPhoneもApple Watchも今年は買わない。貯金頑張る。

ただし、私の場合は上位版のMacを待つまではM1のMacBook Airを使っていく。2016年版のMacBook Proの動画編集が厳しくなってきたので購入したのだが、27インチiMacを凌駕するスペックでただただ驚いている。

というわけで、私のように「上位版を待っているけれど、今すぐに高スペックのMacが必要」という方には吊るしモデルのMacBook Airはめちゃくちゃおすすめだ。