管理人管理人

私は英語系のアプリを、これまでに22個使ってきた。単語、リスニング、英会話と様々なものを使ってきたが・・・はっきり言おう。ネイティブキャンプがぶっちぎりで1番のクオリティだ。特にアプリのあの機能がヤバい・・・[@appleshinja_com]

【PC版】
→ネイティブキャンプ公式サイト

【タブレット、スマホ版】
→NativeCampの無料ダウンロードはこちら

スポンサーリンク

ーこのページに辿り着いたあなたへ〜

「おまえ、変態すぎるだろwww」

と、私は常に友人に笑われている。私のApple製品への愛が異常すぎるからだ。(たまにiPadの角を触りながらニヤニヤしてたりするらしい)

8年のApple信者ライフの末にたどり着いた、「究極の記事」をあなたにもお届けしたいと思う。ぜひ、参考にしてほしい。

共に、変態Apple信者になろうではないか。

【2018年7月更新!!】→iPhoneおすすめアプリ38選はこちら

iPad→おすすめアプリ55選はこちら

Mac→神が作りし5つの神Macアプリはこちら

今だけ3ヶ月無料→Apple Musicのレビューはこちら

【人気記事】→今さら聞けない7つのKindle活用術!読書効果を100倍にするiPad・Macの設定方法

※新規ウインドウで開くのでとりあえずクリックしておいて後日読むという感じでも良いと思う。

はじめに

私は現在、ネイティブキャンプのプレミアム会員だ。

この記事では、ただ、ネイティブキャンプの情報を羅列するだけではなく、実際に使い込んだからこそ分かった生きた体験談をお伝えしていくので、安心して読み進めてほしい。

※ちなみに私の英語力については、海外旅行は全く問題がなく、海外渡航時に必要な保険、銀行、不動産などのテーマも英語で問題なくこなせるというレベル。とは言っても発音などはほぼジャパニーズイングリッシュだと思われる。まぁ、話せるしいいか、と自分では気にしていない。

バケモン!!価格崩壊アプリ

はじめに言っておくべきことがある。ネイティブキャンプの良さはシステムや安さではなく、アプリのクオリティに詰まっている。

ネイティブキャンプのアプリを始めて使った時、「やっときたか・・・」と感動した。本当に素晴らしいアプリ。日本国民全員にダウンロードさせるべきだと思う。

→NativeCampの無料ダウンロードはこちら

このアプリ、「本当に儲かってるのかな?」と不安になるレベルになるほどクオリティが高い。

なぜ、ネイティブキャンプのアプリのクオリティは凄いのか?

  • アプリ内で講師を検索可能
  • アプリ内でテキストを選択可能
  • アプリ内で会話可能

これらをすべてアプリ内で完結できるからだ。他のオンライン英会話サービスは無料で利用できるSkypeを利用している。 つまり、いちいち、ウェブサイトやアプリとSkypeを行ったりきたりする必要がある。(後述するがSkypeは最低のサービスなので、私は出来るだけ使いたくない)

一方で、ネイティブキャンプはSkypeを使わずにアプリ内でビデオチャットできるサービスを提供してくれている。しかも、ネイティブキャンプは話し放題。1日中ずっと話すこともできる。凄すぎる。。

と、アプリの良さをお伝えしたところで、ここからは、メリットとデメリットを以下、解説していこう。

ネイティブキャンプ6つのメリット

記事タイトルにもある通り私は11の真実をこれからあなたにお伝えする。内訳は、6つのメリットと5つのデメリットだ。

私は「DMM英会話」、「ベストティーチャー」、「レアジョブ」と有名どころはすべて試したうえで、ネイティブキャンプがより突出して優れている部分を正直に書いたつもりだ。ぜひ、参考にしてほしい。

メリット1、予約の必要がない

これは非常に大きなメリットだろう。今までのオンライン英会話アプリというのは基本的に予約が必要だったし、その分、自分の時間も拘束されていた。

忙しい社会人や学生さんは、いつ時間を取れるかも分からないので予約しづらいというのが、今までのオンライン英会話の弱点だった。

ただ、ネイティブキャンではそういった心配がない。

いつでも、どこでもすぐにアプリを開いてものの2、3秒で英会話を始めることができる。はっきり言ってすごすぎる・・・これぞ未来!

メリット2、話し放題

ネイティブキャプの話し放題サービスが凄いのは、ネット上のあらゆる場所で言われていることだし、ネイティブキャンプ自体も宣伝文句として使っていることでもある。

が、改めて私も言いたい。はっきり言ってすごい。凄すぎる。話し放題なんてサービス今までなかった。

オンラインに繋がっているだけでいつでもどこでもアプリで英会話が可能。まさに神アプリと言えるだろう。

メリット3、講師の質は悪くはない

私は、ネイティブキャンプを使う前に少し不安に思っている事が何点かあった。それは、、

「講師の質が低いのでは?」

という不安だ。

考えてみれば分かるのだが、安い・話し放題・アプリの質が素晴らしい、とくれば、講師の給料は抑えられているだろうし、その結果、よい講師はいないのではないか?という心配があった。

しかし・・・それは杞憂に終わった。

フィリピン人の優しく、フレンドリーな雰囲気は相変わらず素晴らしいが、ヨーロッパの若いギャルたちまで、ちゃんと一生懸命に教えてくれる。

どうやって求人募集しているのかは分からないが、講師の質は保っているようだ。

ただし、ネイティブの本気のビジネス英語や、仕事で求められる特殊なライティングなどの授業はできないだろう。それらは米英の講師にしかできないと思われる。

メリット4、英会話初心者に優しい

「そもそも外国人とほとんど話したことがないし。。」

という日本人の方も多いだろう。だが、安心してほしい。

ネイティブキャンプはそんな人たちが多いということも想定して作られており、以下のように初心者さんようの教材がたくさん配布されている。

Where are you from?
Which part of Japan 〜?
Is there ○○ 〜?

のような基本的な会話をこれでもかというくらいに繰り返しすることが可能だ。

この通りやっていき、同じ教材を2、3回こなして行くことを継続的に繰り返していけば、日常英会話くらいは問題ないようなスキルになるだろう。

というか、中高生の英語の授業とか、これを取り入れるべき。とりあえず話す機会を作らないと・・・

メリット5、こども対応可能な講師が多い

ネイティブキャンプではこども対応可能な講師には「こども対応可」というアイコンが付いている。

それに、こども向けのテキストもいくつか用意されている。

私なら、子供に間違いなくネイティブキャンプをやらせる。アプリ内で安定して通話が可能なので、iPadを持たせてあげてあとは講師と適当に会話させておくだけでも音とリズムがある程度学べるので間違いなく学習効果は高い。

→NativeCampの子供向け教材を確認する

メリット6、アプリのクオリティが凄すぎる

アプリのクオリティが凄すぎる。

これが、ネイティブキャンプの最も大きなメリットだろうと思う。とにかくアプリのクオリティが凄い。強烈だ。私は、初めてネイティブキャンプのアプリを使った時に凄すぎて失神しそうになった。

私はApple信者で、かつ、毎日アプリを探し歩いているようなアプリ中毒者だ。だからこそ、言える。ネイティブキャンプのアプリはもっと評価されてもいいし、日本一のオンライン英会話アプリだ。

アプリ内ですべてを完結できる。

オンライン英会話をするにあたり、ほかの企業ができなかったことをネイティブキャンプがやっとやってくれたという感じだ。

特に、アプリ内ですぐにビデオチャットができるのは素晴らしい。Skype使いづらいし、登録や、SkypeIDの通知などが、もはや複雑すぎて「ぬぁぁぁぁぁ!!!」とイライラすること間違いなしなので、できれば使いたくない。

というか、英会話以前に、パソコンのスキルがある程度求められる。そんなことがあっていいはずがない。

しかし、ネイティブキャンプならアプリ内で講師を選び、テキストを選び、ビデオチャットができる。

あぁ。。素晴らしすぎる・・・ぜひ、一度アプリを使って見てみてほしい。本当にすごい。

ネイティブキャンプ5つのデメリット

ここからは、ネイティブキャンプの5つのデメリット。いい面もあれば悪い面もある。

デメリット1、講師はパートタイムが多い

講師に話を聞いたりしていると分かるのだが、講師たちはアルバイト感覚でやっている人が多い。

これは、特にネイティブキャンプに限らないのだが、オンラインで安く英会話できるようなスクールなら給料を抑えるためにも仕方ないといったところだろうか。

セルビア人のギャルに試しに「なんでこの仕事やってるの?」って聞いたら、満面の笑みで「お金のためよ。」って言われたのは良い思いでだ。

英語を教えるということに情熱を持っている人というのはあまりいないように思う。

デメリット2、クレジットカード登録が必要

ここはちょっと残念なポイント。

今後、レビューしていくつもりではあるが、大手のレアジョブやDMM英会話はクレジットカードの登録なしに無料レッスンを受けることができた。

一方でネイティブキャンプはクレジットカードの登録が事前に必要。そして、登録を解除しないと、自動継続課金されてしまうというモデル。

無料トライアル期間は7日間なので、その間に登録を解除する必要がある。

まぁ、素晴らしいサービスを提供してくれているので、そこは仕方ないといったところだろうか。

デメリット3、混雑しすぎてレッスンが取れない

ネイティブキャンプは、ここ1年くらいでかなり有名になった。ゆえに生徒の数もかなり多くなったので、講師のレッスンがポンポンと埋まっていく。

ネイティブキャンプを使う手順としては、

講師を選択

動画で講師の発音などをチェック

良さそうであればそのままレッスンへ

という流れが一般的だとは思う。というか思っていた。

ところが、講師の動画やプロフィールを30秒も閲覧していると、瞬時にその講師は他の方に取られてしまう。特に、夜の時間帯は仕事や学校が終わった人たちが一気にログインするので、混雑が半端ではない。

個人的にはプロフィールチェックは10秒以内にとるべきだと思っている。

それだとなんとかレッスンを取れる。

ちなみに、この状況だが、以前よりはマシ。講師の人数もかなり多くなってきている。以前はちょっと混雑しただけでレッスンが取れなかった。

ただ、講師の発音やプロフィールチェックするのすら困難というのはちょっとやりきれないところもある。汗

私はとりあえず、フィリピン人のお姉さんと話そうと思って「えいっ!」と講師を選択したら、おかまの綺麗な人が出てきて「うぉぉ。。」とちょっとだけビビった。

いや、別におかまの方でも別にいいし偏見はないのだが、女性だと思っていたので、ただただ、ビビった。やはり事前情報は重要だろう。

今後の混雑改善と講師の充実に期待だ。

→NativeCampの講師一覧を確認する

デメリット4、ネイティブがほぼいない

ネイティブキャンプと聞くと、英語ネイティブがいそうだが・・・実はほとんどいない。いても、若い方がアルバイト感覚でいるような感じだ。

英語講師の経験がある人を探そうと思ってもほぼいない。ちょっとそのあたりは残念に思う人もいるかもしれない。

個人的には、ネイティブ信仰はないので、どちらかというと講師歴の長いフィリピンやセルビア人の方の方が好きだから問題はなかった。

デメリット5、予約にはコインがいる

ネイティブキャンプの最大のデメリットがこれ。講師を予約するためにコインを買って、そのコインで予約する必要があるという複雑かつ意味の分からないシステムを採用している。

料金は概ね以下の通り。

ノンネイティブ→1レッスン200円
ネイティブ→1レッスン1,000円

コインと言わずに、1レッスンいくらと言った方が分かりやすいし、なぜそんな分かりづらいシステムを取っているのか理解に苦しむ。

ちなみに、私は、ある程度のレベルまで英会話を話せるようになったら、講師は固定するべきだと思っている。

最初のうちは、とにかく数をこなして照れをなくして、ミスを怖がらない段階まで持っていき、最終的に日常英会話くらいなら問題ないレベルまで到達する必要がある。

しかし、その後の細かい発音強制や、些細な文法ミスや、ハイレベルな英語については、同じ講師から教えてもらう必要があると思っている。というかその方が圧倒的に効率がよい。

講師には当然、当たり外れがある。教え方がうまいとは限らないし、自分に合うとも限らない。その上、講師側がこちらのレベルを把握するまでは5分10分くらいはかかる。

毎回毎回、新しい講師だと精神的にも疲れてしまう。一方、同じ講師ならリラックスして臨むことができる。

個々の英語のクセや弱点を知っておいてもらった方が圧倒的に教えてもらいやすい。そもそも自己紹介なども必要ないのでその分の圧倒的な時間効率を図る事ができる。

というわけで、同じ講師に何度も教えてもらった方がよいと私は思っているのだが・・・

ネイティブキャンプでは、同じ講師を予約するには、コインという名目で別料金を請求してくる。これが非常に残念なポイントだ。

こんな人にはネイティブキャンプがオススメ

  • 初めてオンライン英会話を利用する
  • 英会話はほぼ初心者
  • 旅行に行く前のウォーミングアップ
  • 自分の英語力をキープしておきたい
  • 日常会話が話せるレベルになりたい

基本的には英語初心者〜中級者の方にはかなりオススメ。というか知人にもオススメしている。とにかく、話しまくるならネイティブキャンプ。

アプリ1つでいつでもどこでも話し放題。これ以上のサービスはほかにはない。断言できる。

閉塞感のある英語業界を、ITとアイディアの力を使って切り開こうとしているネイティブキャンプの企業精神が私は好きだし、友人、そしてあなたにも自信を持ってオススメできるサービスだ。

今日のお告げ

アプリの開発にいくらかかったの?

アプリの話ばっかりしてしまって申し訳ないが、本当に気になる。これほどのアプリを作成するのにどれほどの労力と資金をつぎ込んだのだろうか?

DMMなどの莫大な資金を持っているオンライン英会話ですら、自社でビデオチャット通話できるアプリを開発せずに最低最悪のサービスSkypeを利用している。ネイティブキャンプだけが、顧客のことを想い、アプリ1つですべてを完結できるサービスを打ち出している。

これからも、ネイティブキャンプのサービスから目が離せない。

【PC版】
→ネイティブキャンプ公式サイト

【タブレット、スマホ版】
→NativeCampの無料ダウンロードはこちら