管理人管理人

Parallelsを使ってMac上でWindowsを動かしていると、アプリが頻繁ではないにしろ、不安定でフリーズしたり落ちたりする頻度が増える。4年間Parallelsを使った私だからこそ伝えられる解決策を2つ当記事ではお伝えしよう。[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


5月22日(水)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2019年5月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

アプリが落ちる際の対処方法

私はParallelsを使い始めて4年ほどになる。その経験から、アプリが頻繁に落ちないようにするための対象方法を2つあなたにお伝えしよう。

初心者さんはこちらも要チェック→ 【初心者向け】MacでWindowsを動かす方法をApple信者が完全解説|Parallels編

1、ハイスペックMacを買う

そもそもの話なのだが、Parallelsを安定して動作させるためにはかなりのスペックを要する。

公式HPを見ると以下のようなスペックが必要とされている。

ハードウェア

  • Intel Core 2 Duo、Core i3、Core i5、Core i7、Core i9、Intel Core M または Xeon プロセッサーを搭載した Mac コンピューター
  • 4 GB 以上のメモリ、8 GB を推奨
  • Parallels Desktop アプリケーションのインストール用として、ブートボリューム(Macintosh HD)に 600 MB のハードディスク空き容量
  • 仮想マシン用の追加のディスク空き容量(使用するオペレーティングシステムとインストールするアプリケーションにより、例えば、Windows 10 の場合は 16GB 以上が必要です)
  • パフォーマンス向上のため SSD ドライブを推奨
  • 製品のアクティベーションおよび一部機能の利用にはインターネット接続が必要

ソフトウェア

  • macOS Mojave 10.14
  • macOS High Sierra 10.13.6 以降
  • macOS Sierra 10.12.6 以降
  • OS X El Capitan(10.11.6 以降)

ただし!上記は最低限のスペック容量を示しているにすぎない。と、私は思っている。

Mac側でも普段から行なっている作業をしながら、Parallelsを起動させるためには「メモリ16GBは必須」だと私は自分の体験から断言できる。

実際こちらの記事でもメモリの重要性については同意していただいている→ プロフェッショナルのApple製品「税理士編」

さらに、言うならメモリ32GBを積み、そこそこのCPUスペックもあった方が良いことが推測される。

なぜなら、私は27インチiMacを購入してからParallels上で一切、アプリが落ちたり、動作が重くなったりすることがなくなったからだ。

私が購入した27インチiMacのスペックはこちら。

  • 3.4GHZ QC I5, TB UP TO 3.8GHZ
  • メモリ40GB
  • 256GB FLASH STORAGE
  • AMD RADEON PRO 570 W/4GB VRAM
  • Magic Trackpad 2-ZA
  • MAGIC KYBD+USER’S GUIDE-ZP
  • COUNTRY KIT-ZP

【2019】狂気に満ちたApple信者のiMacレビュー|5K 27インチ SSD256GB

Parallelsを安定動作させるためにスペックが高いのに越したことはない。ということは私の経験から強く主張できる。

ただ、27インチiMacを買え!というのはあまりにも費用が高額なので、次に、私が普段から13インチMacBook Proで行なっている対処方法をお伝えしたいと思う。

2、Dockにアプリを常駐させる

よくアプリについては、Dockにアプリを常駐させるべし。

というのが私が4年間Parallelsを使ってきて分かった最終結論。

アプリがフリーズすると、通常のMac上であれば、

アプリの強制終了

再起動

ということを行う。

だが、Parallelsを使っている際にParallelsを強制終了させてから起動させると、かなり時間がかかる上に、たまにバグが出ることがある。(Windowsを再インストールさせてくださいなどの表示)

そのため、Parallelsでよく使うアプリに関してはDock上にアプリを固定させておくことをお勧めする。Dock上にParallelsで使うアプリを登録しておけば、アプリがフリーズしたり不安定になったとしても、

Dock上でそのアプリのみを強制終了(Parallelsは起動させたまま)

Dock上でそのアプリを再起動

これらを行うことで比較的早くアプリのフリーズエラーを解消させることができる。Parallelsでよく使うアプリがあるあなたにはぜひ試してみてほしい。

今日のお告げ「Parallelsの細かいテクニック集」

あなたはParallelsを使っているだろうか?

もし、利用されているようであれば、ぜひ細かいテクニックなどをコメント欄にて教えていただければ幸いだ。

私も全てを把握しているわけではないし、ネット上には「Parallels使えばMacでもWindows使えるよ!」的な情報しか出てこない。ぜひ、色々な情報を共に共有していければ、と思っている。

それらを記事にすればより多くの方の参考になるので、ちょっとずつParallelsの情報を集めていきたい。

※参考 【初心者向け】MacでWindowsを動かす方法をApple信者が完全解説|Parallels編