管理人管理人

Parallelsは買い切り版とサブスクリプション版が存在する。どちらを買えばいいのか?当記事では重要な3つの比較ポイントを見ていきながらどちらを買うべきか結論を導き出している。2つのアカウントを所有するApple信者の結論は・・・[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


5月22日(水)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2019年5月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

まず、結論。オススメはこっち?

遠回しにあなたに比較ポイントを伝えるよりもまずは私の独断と偏見で結論を先にお伝えしよう。

Parallelsは買い切り版を購入するべきだ。サブスクリプションモデルは必要ない。

実際、私や私の周囲、当ブログの読者さんたちはParallelsの買い切り版を愛用している人がほとんど。

【公式】Parallels買い切り版の詳細はこちら

私は2つのParallelsを持っているが、1つは最新の14でもう1つは3、4年前に購入したParallels 11を使っている。それでも全く問題なく動作している。

正直アップデートせずに使っている人も多い。

では、一体なぜ、Parallelsは買い切り版の方がいいのだろうか?アップデートする必要すらないのだろうか?

以下、Parallelsの買い切り版とサブスクリプション版を比較していきながら、それぞれのメリットとデメリットを解説していこう。最後まで読んでいただければ、あなたに必要なのは買い切り版だと思っていただけるはずだ。

※使い方や設定については以下の2記事も要参考

【レビュー】購入は待て!Parallelsを4年使って分かった7つの弱点教えます

【初心者向け】MacでWindowsを動かす方法をApple信者が完全解説|Parallels編

比較するべき3つのポイント

私が比較するべきだと思っているのは以下の3つのポイントのみ。

  • 価格
  • リモート機能
  • 最新のOSへの対応

これら3つを知っておけばあなたもParallelsの購入に迷うことはなくなる。では、早速比較していってみよう。

1、価格

価格については以下のような違いがある。

  • 買い切り版→10,000円
  • サブスクリプション版→8,500円/年額

この差をどう考えるかにもよるが、私は2018年にParallelsを購入する際も迷わず、買い切り版の方を購入した。

なぜなら、MacBook ProでParallels 11をずっと使っているが、特に問題もなく動作しているからだ。新しいバージョンは多少の動作スピードアップや後述する最新OSへの対応はあるが、それらがなくてもParallelsは素晴らしいソフトウェアなので安定して動作している。

ゆえに、私は費用を抑えるためにもParallelsの買い切り版を購入した。

2、リモート機能

私が唯一、利用したことがないParallelsの機能がこれ。

サブスクリプションモデルは、iPhoneやiPadなどのモバイル端末から、Parallels上のWindowsにアクセスできるらしい。

つまり、iPhone上でWindowsが動く。Wordなども動くということだ。

公式ホームページを見ると「iPad miniでも動きました!」とあるので、そこまでスペックは要さないのかもしれない。iPadなどでもリモートでWindowsを動かしたい人はサブスクリプションモデルを検討してみるのも良いだろう。

私は、外出先でまでスマホやタブレットからWindowsを動かす必要性が一切ないので購入検討すらしなかった。

3、最新のOSへの対応

Macユーザーが一番気になるのが、この違いだろうと思う。

買い切り版のParallelsは毎年のmacOSのアップデートには対応できない。毎年、アップグレード版を購入することもできるが、アップグレード版は5,300円かかるので、OSへの対応を考えるのであれば、サブスクリプション版を購入した方がいい。

だからこそ、OSに最適化させるために、サブスクリプション版を購入した方がいいというのが当たり前の話ではあるのだが・・・

私はそれでも、Parallelsのサブスクリプション版を買う気にはなれなかった。

なぜなら、私のMacBook Pro上でParallels 11が軽快に動いているからだ。もちろん、OSはMojave。だが、全くといっていいほど問題なく動作している。特に不満もない。

27インチiMacで最新のParallels 14を買ってダウンロードしてみたが、特に動作に違いはない。27インチiMacのスペックの高さゆえのサクサク感はあるが、Parallelsの動作自体は同じ。

だからこそ、特に買い切り版でも問題ないし、何か動作がおかしくなったら、Parallelsをアップグレードするくらいでいいかなぁと思って気軽に構えている。

総評:まずはトライアル版を使ってみること

Parallelsは色々な場所で購入が可能だが、まずは公式サイトのトライアル版を使ってみることをお勧めする。

人によっては合わない場合もあるかもしれないし、全てのアプリやソフトウェアが完璧に動作するわけではないので、まずはトライアル版で確認した方がいい。

【公式】Parallelsトライアル版の詳細はこちら

公式サイトでは不定期でセールが行われたりするし、トライアル版を使った人にはメールで割引セールの情報が入ったりすることもあるようなので、Amazonなどでは買わない方がいいだろう。(私はAmazonで買って損した)

余談ではあるが、サブスクリプション版を使いこなしている方がいればぜひコメント欄でそのメリットなどを教えていただければ幸いだ。

※要参考

【レビュー】購入は待て!Parallelsを4年使って分かった7つの弱点教えます

【初心者向け】MacでWindowsを動かす方法をApple信者が完全解説|Parallels編