管理人管理人

AppleStoreには整備済製品なるものがある。要は型落ちのMacBookやiPadなどを新中古品としてAppleが公式に販売しているものである。しかし、整備済製品を購入するのは待ってほしい。私は買って後悔してしまった。その理由を、記事の中で話していこう。[@appleshinja_com]

スポンサーリンク

ーこのページに辿り着いたあなたへ〜

「おまえ、変態すぎるだろwww」

と、私は常に友人に笑われている。私のApple製品への愛が異常すぎるからだ。(たまにiPadの角を触りながらニヤニヤしてたりするらしい)

8年のApple信者ライフの末にたどり着いた、「究極の記事」をあなたにもお届けしたいと思う。ぜひ、参考にしてほしい。

共に、変態Apple信者になろうではないか。

【2018年6月更新!!】→iPhoneおすすめアプリ38選はこちら

iPad→おすすめアプリ55選はこちら

Mac→神が作りし5つの神Macアプリはこちら

今だけ3ヶ月無料→Apple Musicのレビューはこちら

【人気記事】→今さら聞けない7つのKindle活用術!読書効果を100倍にするiPad・Macの設定方法

※新規ウインドウで開くのでとりあえずクリックしておいて後日読むという感じでも良いと思う。

整備済製品と中古品はどっちがお得なの?

整備済製品はAppleが初期不良品などを修理して販売しているもので、1年保証が付いている。梱包などは新品には劣るが、正直言ってかなりお得だ。

保証があるのであれば、安心して使えるだろう。私も型落ちのMacBookProを新品価格よりも2万円ほど安く購入できたので、当時は満足していた。

一方で、中古品はソフマップやドスパラなどの中古品を扱うような店舗で購入可能だ。各販売店が中古品については1ヶ月や1年保証などを行っている場合も多いが、本体に傷があったり、どれだけ使用されていたかなどは分かりづらいので個体の当たりハズレが激しい。

ゆえに、私は、できるだけ安くMacBookProやiPadを購入したいという友人には型落ちのApple製品を整備済製品で購入する事をオススメしている。(実際、友人の両親にオススメしたらその場で購入していた)

しかし、今ではただ整備済製品で購入したという事実に後悔している。なぜなら・・・

整備済製品をさらにお得に購入する裏技

実は、整備済製品を購入する際にこちらのサイトを通して購入すれば実質1%引きで購入が可能なのだ。

いわゆるポイントサイトだが、出資は「ビッグローブ株式会社」「三井住友カード株式会社」という大手。詐欺の危険性などもないので安心して利用できる。

還元ポイントは脅威の1%だ。

つまり、20万円のMacBookProを購入する場合は2,000分のポイントがもらえる。もちろんそのまま現金にキャッシュバックする事も可能だ。

2,000円あれば、Apple製品に見合ったケースや、充電器や、イヤホンなど色んなものを買うお金に使うことだってできる。

ただ、ポイントサイトを通して購入するだけなのだから利用しない手はないと思うのだがいかがだろうか?

具体的な購入手順を紹介

手順1.まずはGポイントのサイトへいこう。

→公式サイトはこちらをクリック

その後、登録が完了したらメールを受け取ろう。メール内のURLをクリックすれば本登録は完了だ。

手順2.AppleStoreを検索

次に、AppleStoreを探すために、サイト上部の検索窓にAppleと打ち込もう。

AppleStoreを見つけたらそこをクリックしよう。

詳細を見るをクリック。

手順3.対象製品を必ず確認しよう

ただ、1点注意がある。下に画面をスクロールすると注意事項がある。絶対にその部分は確認しておこう。たまに、特定の商品が対象外になっている事がある。

※Appleストア整備済製品は基本的には対象になっているため安心してほしい。Air Podsや新型iPhoneはポイント対象外になっている事が多い。

今日のお告げ

もし、あなたが「整備済製品を購入したい。」と思っているなら絶対に今回お伝えした方法で購入するべきだ。

ただ、ポイントサイトを通して購入するだけなのだから誰だってできる購入方法だろう。実際、私はポイントサイトを通して、今この記事を打ち込んでいるMacBookProを購入した。

というか普段から私はポイントサイトを愛用している。クレジットカードを作ったり、ショッピングサイトで購入する場合、まずポイントサイト内にてポイント対象かどうか調べるクセがついている。

クレジットカードを作るだけで3,000円以上もらえたり、ショッピングサイトなら1〜3%のポイント還元があることはザラにある。あなたもApple製品以外にもぜひ利用する事をオススメする。

高額なApple製品を少しでも安く購入して、財布に優しいAppleライフを送ろうではないか。