管理人管理人

私は2年前に当ブログを始めてから、「iPhoneではなく、iPadを買おう。」と一貫して言い続けてきた。そのiPadだが2019年の秋のiPadOSによりさらなる革命が起きる。当記事ではその歴史を1つずつ紐解いていってみよう。[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


8月24日(土)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2019年8月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

ジョブズが目指したiPad

ジョブズ氏の伝記を読み返すと、ジョブズ氏はiPhoneではなくiPadの中に未来を見ていたことがよく分かる記述がたくさん見受けられる。

だが、他社とのスマホ開発競争の影響もあり、Apple社内のタッチコントロール開発を見たときに先にiPhoneの発表をするべきだと感じたジョブズ氏。結果、その戦略は大当たりだった。その後、iPhoneは飛ぶように売れ文字通り世界を変える。

その後、「タブレットの開発はしないよ。」と世間には言いつつも、社内ではずっとタブレットの開発をし続けた。

当時のタブレット業界ではスタイラスペンが当たり前のように使われており、もっと直感的に使えるものを作りたいと思っていたからだ。

2010年1月28日。

世界を変える初代iPadが発表される。

当初は、ソファーで気軽に使える、”iPadでできる何か”を前面に押し出す広告などを打ち出していた。

  • 電子書籍
  • ニュース閲覧
  • 動画閲覧

などをさらに快適に行える、と主張した。

その後、最も革命が起きたのは電子書籍の分野だった。発売からわずか2ヶ月ほどで電子書籍の売り上げが60万冊を超え、米国以外の国ではiPadの販売ができないほどiPad本体が売れまくる。

発表直後は「私はiPadを買わない。」「所詮は画面の大きいiPhone。」的なコラムが米国中で書かれたりと批判を浴びていたが、結果としてはiPadは売れまくり”閲覧デバイス”として人々が求めていたものであることが証明された。

ティムクックが目指したiPad

一方でティム氏が目指したiPadの歴史を見てみよう。彼がCEOに就任した2011年8月24日以降のiPadで革新性があったものは以下の3つ。

  • 初代iPad Air 2013年10月22日→圧倒的に薄型。今のiPadの原型。
  • 初代iPad Pro (12.9インチ) 2015年9月9日→Apple Pencilに対応した初のiPad。
  • iPad Pro (9.7インチ) 2016年3月21日→小型のiPadでApple Pencilに初めて対応。

この3つ。

まず、薄型の型を作り、その後、Apple Pencil対応へと一気に流れ込んで行った。そして、現在の形へと。

特にApple Pencilの対応には世界中の人が驚いた。スタイラスはジョブズ氏が嫌ったものであり、その遺伝子を継ぐApple社が発売するとは思えなかったからだ。だが、Apple Pencilは多くのクリエイターを生み出し、世界中の人から評価されることとなる。

2017年はベゼルレス化が進んだだけなのでそれほどの革新性はなかった。2018年はベゼルが大きく撤廃され、第二世代Apple Pencilに対応。ハードウェアとしてはほぼ完成形とも思えるiPadが発表された。

これにて、ティム氏のiPadの構想は完成した。

ようにも思えた・・・

が、2019年6月3日。ティム氏の構想が終わっていないことを決定づけるものが発表された。

それが「iPadOS」。

現在はベータ版が出回っているだけだが、調べているだけで脳汁が止まらない、iPad独自の最高の機能が次々と判明し始めている。しかも、これは序の口。

iPadOSを発表したということは、これからはiPadに独自の機能をたくさんつけていくということ。

iPadを持っていないと終わってる。

と言ってもいいくらいの時代がやってくる。時代がOSによって変わる。というのは興味深い。

私のようなアホなApple信者以外の一般の方々はOSになんて興味がないことは分かっているし、Appleもそれは分かっているはずだ。

でも、Apple Storeに入り、iPadを数分触っただけで欲しくなる。それほどの衝撃と直感性をiPadOSで実現することができれば・・・さらにiPadの売り上げは伸びていきそうだ。

現在のiPad

iPadの売り上げが伸び始めている。

2019年5月10日。四半期ごとの決算報告電話会議にてティム氏は以下のように語った。

  • iPadの売り上げが49億ドル(約5400億円)を達成
  • 前年比22%
  • 過去6年間で最大の伸び率

主な要因として、「法人市場での需要が高まっている。」ということを挙げていたようだ。例として、450の航空会社のコクピットで使われている、とのことも述べていた。さらに、客室での注文などでもiPadを取り入れるケースが増えている。とのこと。

確かに、日本でもレストランの注文などで備え付けのiPadから注文できるケースが増えている。Appleのプライバシー強化とその企業理念ゆえの安心感から法人が取り入れるケースが増えているのだろう。

それに加えて、最高のiPadOSが採用されることにより、これからは個人のiPad導入が進むことも容易に想像できる。

最後に。これからのiPad

ティム氏はAppleのCEOに就任して少ししてから、今のiPadOSの構想を持っていた可能性が非常に高い。

おそらくは、Apple Pencilをリリースしたあの日、あの時から、iPhoneではなくiPadに彼は未来を見ていたのかもしれない。実際、iPhone始め、スマートフォン市場の売り上げが低迷している中、iPadの売り上げが急激に伸びているのはお見事としか言えない。

今後、AppleがiPadOSを進化させ続けることにより、さらにiPadの普及は進んでいくだろう。

私が当ブログで常々、

  • iPhoneは生活を変える
  • iPadは人生を変える
  • Macは仕事を変える

という理念がより強固なものになりそうだ。

あぁ、早くiPadOSを使ってみたい。やっぱりiPadは神Pad。

iPadの選び方はこちら→ 【毎月更新中】おすすめiPadはどれ?人生を変えるiPadの選び方教えます