管理人管理人

私はSafariユーザーなのでChromeはほぼ使っていないのだが、Chrome愛用者は多いし、私もSafariではうまく機能しないWebサービスなどはChromeを使っている。ただ、Chromeアプリをホーム画面から探して立ち上げるのは面倒なので、ChromeアプリをWorkflowで立ち上げる方法を今回はご紹介しよう。[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


11月22日(木)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2018年11月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

この2種類のWorkflowを使えば完璧

私がオススメするChrome系Workflowは2つある。それぞれを1つずつ解説していこう。

その1、今見ているページをChromeで開く

まず、今見ているページをChromeで開きたい場合はこちら。

Chrome Google Search

Safariなどのブラウザで上記のWorkflowを起動させれば、その今見ているページがChromeで開かれる。

私は海外のしょぼい会員サイトなどはChromeじゃないと動かないのでこの機能を使って閲覧することがたまにある。

その2、コピーしたテキストをChromeで開く

コピーしたテキストをChromeで開くならこれ。

Chrome Google Search

直前にコピーしたテキストをそのままChromeで検索してくれるため、基本的にChromeで検索→閲覧をする人には便利。

今日のお告げ

Chromeユーザーのために!!と思って英語サイトを必死で探し回ったのだが、有益なWorkflowは上記2つくらいだった。

また、何かChrome系で有益なWorkflowが見つかり次第、共有したいと思う。