管理人管理人

私はSafariユーザーなのでChromeはほぼ使っていないのだが、Chrome愛用者は多いし、私もSafariではうまく機能しないWebサービスなどはChromeを使っている。ただ、Chromeアプリをホーム画面から探して立ち上げるのは面倒なので、ChromeアプリをWorkflowで立ち上げる方法を今回はご紹介しよう。[@appleshinja_com]

スポンサーリンク

ーこのページに辿り着いたあなたへ〜

「おまえ、変態すぎるだろwww」

と、私は常に友人に笑われている。私のApple製品への愛が異常すぎるからだ。(たまにiPadの角を触りながらニヤニヤしてたりするらしい)

8年のApple信者ライフの末にたどり着いた、「究極の記事」をあなたにもお届けしたいと思う。ぜひ、参考にしてほしい。

共に、変態Apple信者になろうではないか。

【2018年4月更新!!】→iPhoneおすすめアプリ38選はこちら

iPad→おすすめアプリ55選はこちら

Mac→神が作りし5つの神Macアプリはこちら

【収益公開中】保有Apple株の現在の収支はこちら

【期間限定】→無料で「神Apple本」が3冊読めるKindleの情報はこちら

※新規ウインドウで開くのでとりあえずクリックしておいて後日読むという感じでも良いと思う。

この2種類のWorkflowを使えば完璧

私がオススメするChrome系Workflowは2つある。それぞれを1つずつ解説していこう。

その1、今見ているページをChromeで開く

まず、今見ているページをChromeで開きたい場合はこちら。

Chrome Google Search

Safariなどのブラウザで上記のWorkflowを起動させれば、その今見ているページがChromeで開かれる。

私は海外のしょぼい会員サイトなどはChromeじゃないと動かないのでこの機能を使って閲覧することがたまにある。

その2、コピーしたテキストをChromeで開く

コピーしたテキストをChromeで開くならこれ。

Chrome Google Search

直前にコピーしたテキストをそのままChromeで検索してくれるため、基本的にChromeで検索→閲覧をする人には便利。

今日のお告げ

Chromeユーザーのために!!と思って英語サイトを必死で探し回ったのだが、有益なWorkflowは上記2つくらいだった。

また、何かChrome系で有益なWorkflowが見つかり次第、共有したいと思う。

ーあなたはApple公式サイトの製品比較ページを見たことはあるだろうか?ー

もし、あなたがApple製品を購入検討中なら、後悔しない買い物をするためにも、必ずチェックしておこう。

「えっ!こんな違いがあったの?」と驚く、あなたが知らない重要な性能差が見つかることもある。(ProMotionテクノロジー、感圧タッチトラックパッド等)

以下のリンクをクリックする事で製品比較ページをチェック可能なので、この機会にしっかり目を通しておいて欲しい。(私も何度もチェックしている)

公式→Mac比較ページ

公式→iPad比較ページ

公式→iPhone比較ページ

Apple公式サイト(TOPページ)

あなたの1フォロー、あなたの1いいねが
1記事更新の励みになりますm(_ _)m

↓ ↓ ↓

Apple製品を検討中のあなたへ

2017年に発売された全ての最新製品をレビューしました。購入後に後悔しないためにも、以下の記事を読んでおく事を全力でオススメします。

【最新】Apple製品購入完全ガイド!絶対に後悔しない買い方まとめ