管理人管理人

もし、あなたがブログやホームページ運営を行っていて、リンクタグを毎日取得する作業を繰り返しているなら、今回お伝えするWorkflowは必須だ。あなたの仕事効率を100倍、200倍以上にもしてくれるだろう。[@appleshinja_com]

もし、あなたがWorkflowの仕組みや、その作り方を知らないなら以下の記事も合わせて読んでおいてほしい。(誇張とかではなく本気で人生が変わる)

あなたの人生がぜっっったいに変わる!Workflowの使い方完全マニュアル | Apple信者1億人創出計画

スポンサーリンク

ーこのページに辿り着いたあなたへ〜

「おまえ、変態すぎるだろwww」

と、私は常に友人に笑われている。私のApple製品への愛が異常すぎるからだ。(たまにiPadの角を触りながらニヤニヤしてたりするらしい)

8年のApple信者ライフの末にたどり着いた、「究極の記事」をあなたにもお届けしたいと思う。ぜひ、参考にしてほしい。

共に、変態Apple信者になろうではないか。

【2018年7月更新!!】→iPhoneおすすめアプリ38選はこちら

iPad→おすすめアプリ55選はこちら

Mac→神が作りし5つの神Macアプリはこちら

今だけ3ヶ月無料→Apple Musicのレビューはこちら

【人気記事】→今さら聞けない7つのKindle活用術!読書効果を100倍にするiPad・Macの設定方法

※新規ウインドウで開くのでとりあえずクリックしておいて後日読むという感じでも良いと思う。

Workflowでリンクを取得する方法

では、早速だが、Workflowでリンクを取得する方法をお伝えしていこう。

こんな感じでWorkflowを設置すればOKだ。

フロー4つ目のテキストにだけ簡単に補足説明をしておこう。まず、テキストフローに以下のタグをコピペしてほしい。

このコードは私の好みなので、リンクを開く時に別窓で開くようになっている。もし、あなたが別窓でリンクを開きたくない場合は、以下のコードを貼り付けてほしい。

これでOKだ。あとはテストして動くかどうかを試してみてほしい。

※私の上記キャプチャ画像内のタグは半角の「~」に囲まれているが、これは、Ulyssesに貼り付ける際に、「~」で囲まないとHTMLタグが反映されないからだ。こうやって自由にカスタマイズできるのもWorkflowのいいところだろう。

今日のお告げ

宣言しよう。

今日から怒涛のWorkflow記事ラッシュを開始する。Workflowを使いこなせば日々の作業のほとんどを1タップで半自動化させることができる。

その快感と、究極とも言える作業効率をあなたにも共有したいと思う。以下の記事にすべてのWorkflowをまとめていくのでブックマークなりしておいて頂けると幸いだ。

【完全保存版】世界中から集めた珠玉のWorkflowまとめ | Apple信者1億人創出計画

もし、あなたが取り入れているWorkflowがあれば、コメント欄やTwitterで教えて頂ければ幸いだ。