管理人管理人

[@appleshinja_com]Macを使ってもっと楽にタイピングしたい!という想いがあなたに少しでもあるのであれば今回の記事で紹介しているMacをスタンドさせるBluelounge Kickflipは本当にオススメ。私が2年間ほぼ毎日使い続けたレビューをここに記したいと思う。

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


4月19日(金)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2019年4月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

はじめに:私が使っているMacスタンドはコレ

2年間使わなかった日はないであろうMacスタンドがコレ。

Bluelounge Kickflipを愛するMacの裏側に貼り付けた時には、まさか2年も使うとは思わなかった。はっきり言って”神スタンド”。一生使い続けたい。

購入直後のレビューはこちら→手首の痛みよ、さようなら。MacBook Proのフリップスタンドがヤバい。

Bluelounge Kickflipレビュー【メリット編】

まずは、メリットからお伝えしていこう。

2年間1日たりとも使わなかった日がないことからもわかるように、Bluelounge Kickflipはメリットだらけだ。

1、首や肩の疲れを爆発的に軽減する

もう、ね。本当にこの一言に尽きる。Bluelounge Kickflipを使えば、長時間のタイピングの疲れが一気に軽減される。

Bluelounge Kickflipを使っていないときはこんな感じだった。

一方、Bluelounge Kickflipを使い始めてからは楽な姿勢で打てるようになった。

私の場合はバタフライキーボードになってから特に、「肩」「手首」の痛みが増していた。薄いキーボードに慣れていない私のせいだとは思うのだが、とにかく辛かった。

打てば打つほど、肩と手首に痛みを感じていた。肩を回している時間も今より多かったと思う。いや、多かったどころではない。当時は、事あるごとに立ち上がって肩を回していた気がする。

それが、Bluelounge Kickflipを使うことで大幅に軽減された。

ちょっと誇張しすぎかな?とも思わなくもないが、当時を思い出せば確かに肩を回していた。今ではあの痛みを感じることはなくなった。

Bluelounge Kickflip以外にもHHKBというキーボードを使い始めた影響も大きいとは思うのだが、Macをスタンドさせて打つ機会も今だに多いので、言い過ぎではないと思う。

2、集中力の維持が容易になる

疲れや痛みが軽減された結果、集中力が途切れづらくなった。

ただ、Macをスタンドさせて角度をつけるだけで、

疲れが軽減される

集中力がアップする

という好循環が生まれる。

使わない理由がない。

3、画面が見やすくなる

Bluelounge Kickflipを使う前はこのメリットについては想定していなかったのだが、Bluelounge Kickflipを使うことによって、画面が圧倒的に見やすくなる。

おそらく目線の高さを調整できるようになったからだと思う。

その結果、”目の疲れが軽減”される。

もちろんデスク環境にもよるのだが、机が少し低いと感じる場合にはBluelounge Kickflipを使えば非常に見やすくなる。

私はカフェやオフィスや自宅ではほぼ間違いなくBluelounge Kickflipを立てて使っている。

スタンドさせないのは飛行機や電車の中くらいだと思う。

4、シールの粘着力がすごい

Bluelounge Kickflipに付属していたシールはとんでもない粘着力。2年も使っているのに一切剥がれない。

かなり力を入れてめくらないと剥がれない仕様。

Macはある程度の重さがあるので、その重さに耐えられるように粘着力の高いテープを使っているのだろう。

ちなみに、Bluelounge Kickflipのシールに関してはボンドやアロンアルファーのように完璧にくっついている、という感じではなく「超強力に張り付いている」という感じ。

5、シールを剥がしても全くあとはつかない

つい、先日、私はMacBook Proを修理したので、その際に店員さんにBluelounge Kickflipを取外すように指示された。

その際に驚いたのだが、Bluelounge Kickflipのシールの跡は一切残らなかった。シールというよりは綺麗に剥がせる両面テープみたいな感じ。

ゆえに、気に入らなければいつでも剥がせると思う。

ちなみに、その場でやや苦労して引き剥がしたのちに、店員さんがシールの台紙を持ってきてくれたので、そのまま持ち帰った。

その後、MacBook Proが修理から帰ってきたので、試しにシールの台紙に貼り付けられていたBluelounge Kickflipを貼り直してみると・・・

めっちゃくっつくやん!!!

と、驚いた。新品で購入した時と同じような粘着力。何度も何度も貼り直しをするとダメになってしまう可能性は高いと思うが、1、2回剥がす程度なら問題ないことが今回の体験で分かった。

6、安い。安すぎる。

Bluelounge Kickflipはとてつもないクオリティ、かつ2年使ってもまだまだ使えるような製品にも関わらず3,000円弱で売られている。

安すぎるやんっ!!!

と、叫びたくなる。本当にコスパ良すぎ。

7、軽い

軽い。軽すぎる。

公式ページを見てみると、Bluelounge Kickflipの重さは

Macを立てて使うために、本体に貼り付けるタイプではないスタンドを使うことも可能なのだが、重かったり、持ち運びには不便だったりすることも多い。

一方、Bluelounge Kickflipの軽さと、本体に直接貼り付けるスタイルならいつでもどこでもMacをスタンドさせて使うことができる。

軽さは正義。

8、あらゆる場所で役立つ

Macに貼り付けるタイプのスタンドなので、あらゆる場所で立てることが可能。

物理的にMacを設置できる場所であれば、どこでもスタンドさせることができる。

私は、カフェやオフィスなどいつでもどこでも、Bluelounge Kickflipを立てて使っている。コンパクトなスタンドだからこそ、いつでもどこでも使うことができる。

幸せすぎる・・・

9、HHKBと組み合わせて使うと”神スタンド”へ

私はHHKBというBluetoothキーボードで日々のタイピングのほぼ全てを行なっている。

【1年使用レビュー】HHKB(BT)を全力でオススメしたい7つの理由

そんなHHKBだが、Macの上で使うためには、キーボードの上に置くか?本体の端に乗せるか?どちらが打ちやすいかを検証する必要があった。

その結果だが、私は本体の端に乗せる方がタイピングの安定度が増し、タイピング疲れが減ることが分かった。

キーボードの上に置くとこんな感じ。

本体の端に乗せるとこんな感じ。

ネット上や、HHKBの公式ホームページを見るとMac本来のキーボードの上に乗せる方法を推奨していることがほとんどなのだが、キーボードの上に乗せると2つの問題が生じる。

  • 手首の角度が急になるので手首が痛くなる
  • タイピングがしづらい

後者は私の感覚的なものである可能性は高いが、前者はおそらく多くの人に当てはまるはずだ。だからこそ・・・私はMac本体の端に乗せる手段を取ることにした。

なぜなら、Bluelounge Kickflipがあるからだ。

Bluelounge Kickflipを使ってMacをスタンドさせた上でHHKBをちょこんと本体の端に乗せれば非常にタイピングがしやすい。なぜなら、HHKBのキーボード本体もやや傾いて打ちやすくなるからだ。

私は色々と試し続けてきたが、Bluelounge Kickflipを使った上で、HHKBをちょこんと乗せる方法が一番効率的にMacでタイピングをすることができるようになると確信している。

タイピングを日々大量に行う人には、

  • Mac
  • Bluelounge Kickflip
  • HHKB

の最強のトリプルコンボを体感してみて欲しい。二度と他の環境ではタイピングがしたくなくなる。

Bluelounge Kickflipレビュー【デメリット編】

では、次にBluelounge Kickflipのデメリットをお伝えしていこう。

とは言っても2年使っても3つのデメリットくらいしか思い浮かばなかった。

1、Mac本来の美しさを損なう

Bluelounge Kickflipに興味がある人の多くは、このデメリットのせいで購入を躊躇すると思う。

最高に美しいMacに非純正品のシールを貼り付けるというのは誰しも抵抗があるだろう。私も貼り付けるときは「本当にいいのか?」と自問自答した。

ただ、個人的には美しさはそれほど損なわれないと思っているし、何よりも作業を効率化させるという点において非常に優れているので、あまり気になっていない。

2、修理の時には外す必要がある

デメリットと言っていいか分からないが、MacをApple Storeに持ち込んで修理依頼するときにはBluelounge Kickflipを外す必要がある。

私は、ジーニアスバーで「えっ。外せるかな・・・」とややパニックになったのでその点は知っておいて欲しいと思ってここにデメリットとして挙げさせていただいた。

3、スタンドさせなくてもある程度はスタンドしてしまう

Bluelounge Kickflipはその形状上、スタンドさせなくても傾斜がついてしまう。

スタンドさせた場合はこんな感じ。

スタンドさせない場合はこんな感じ。

ちょっぴり浮いてしまっている。

元々のMacの水平な感じがタイピングしやすい人にはあまり適さないかもしれない。

総評レビュー:打ちやすさを向上させたい人は買うべし!

個人的には、昔からエルゴノミクス系のキーボードが好きだったし、リアルフォースも好きだった。今はHHKBに夢中。キーボード、つまり打ち心地にはかなりこだわり続けていると自負している。

そんな私がバタフライキーボードの打ちづらさと、体の疲労、手首の痛みを感じた時に全てを解決してくれたのがBluelounge Kickflipだった。記事の中でもお伝えしたが、はっきり言って安すぎる。コスパならNo,1な気がする。

美しさを取るか?
作業効率性を取るか?

どちらを選ぶかは人によるだろうが・・・

もし、あなたが「キーボードの打ち心地を向上させたい。」「タイピングをもっと楽しくしたい。」「タイピングによる疲れを軽減させたい。」という想いが少しでもあるのであれば1度くらいは試してみてもいいと思う。

少なくとも私は、次にMacを購入しても間違いなく使うだろう。それくらい気に入っている。