管理人管理人

iPhone純正のカメラにない機能以上のものを求めるのであれば、非純正カメラを使うしかない。ただ、大量のカメラアプリがアプリストアには存在する。そんなカメラアプリに3,000円以上は費やしてきた男のカメラ比較記事がここに…[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


12月15日(日)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2019年12月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

まず結論「使うべきカメラアプリはこれ」

私が最もおすすめしたいApple非純正の有料カメラアプリは「Halide」というアプリ。

私は有料のものも含めて色々と使ってきたが個人的にはこのアプリが一番使いやすかった。今までに3,000円分以上の有料カメラアプリを使ってきたが間違いなく最上位に位置付けていいアプリ。

私が、非純正のカメラアプリで重要視していたのは2つ。それは「RAW撮影可能」「ポートレートモード撮影可能」の2つ。編集機能やその他の機能は一切必要ない。

その2つを完璧に満たしていたのが私にとってはHalideだった。

当記事では有名なカメラアプリを3つ比較しながら、”なぜ、Halideは素晴らしいカメラアプリなのか?”ということをお伝えしていきたいと思う。

比較する3つのカメラアプリ

当記事で比較するアプリは以下の3つ。いずれも有名なもので、アプリストアのレビューもたくさん集まっている。

  • Focos
  • Procam
  • Halide

Focos。

Focos

無料
(2019.11.26時点)

 iTunes で見る

posted with ポチレバ

Procam。

ProCam 7

730円
(2019.11.26時点)

 iTunes で見る

posted with ポチレバ

Halide。

これら3つの特徴からまずは簡単にお伝えしていこう。

Halideの特徴

  • 起動が早い
  • 動作が軽い
  • 操作が直感的
  • RAW撮影可能
  • ポートレートモード撮影可能

アプリストアではそれほど上位には並んでいないのだが、個人的に使い込んでみて、最も使いやすいと感じた。

何よりも動作が軽いのが最高。

後述する有料アプリや、他の有名アプリは、多機能だったりするのだがとにかく動作が重い、カメラが起動するまで時間がかかる。フリーズしまくる。それではカメラとしての意味がない。

iOS 13になった直後であれば仕方ないが、アップデートから1ヶ月経過してもいくら検証してみても他のアプリは重い。

そんな中、Halideは超高速。しかも操作を直感的に行えるため、非常に軽快に写真を撮影することができる。個人的には非純正アプリであればNo,1だと思っている。

Procamの特徴

  • 多機能
  • 使い物にならないほど動作が重い
  • フリーズしまくる

1ヶ月くらいは黙って様子を見ていたけど改善がないので、おそらくはアプリ側の問題。動作が重すぎる。フリーズは本当にストレスなので勘弁してほしい。

こんな感じで多機能なので使いこなしてみたかったのだが・・・

編集機能でボケを変更することもできるのだが、動作が、、、遅すぎる。

ボケの編集画面はこんなに遅いんだよー!というGIF動画を作ろうとしたが、またフリーズしたのでもう使いたい気持ちすら湧き起こってこない。

しばらくは使わずに保管しておきたいと思う。

Focosの特徴

  • 多機能
  • ポートレート撮影が可能
  • アプリ内でボケの編集ができる
  • 少し動作が重い
  • フリーズもたまにする
  • 多彩な編集機能

Focosも有名なアプリだが、アプリの純粋な”機能性”で言えば世界一と言ってもいいレベルだと個人的には思っている。

撮影の際に色々とマニュアルで設定を変えられるのはもちろんのことだが、特筆すべきはその多彩な編集機能。もはや、「こんな多機能、誰が使いこなせるの?」と思わせてくれるほどにすごい。

編集画面はこんな感じ。赤く囲った部分ではボケを編集することも可能になっている。

ただ、その編集画面がフリーズしたり、撮影した後の画面移行にややもたつきが見られるのがたまにキズ。

結局、どのカメラがおすすめなの?【機能比較】

非純正のカメラアプリに何を求めるのか?

突き詰めればその問いにどう答えるかで今回紹介した3つのカメラの評価が変わってくるように思う。(もちろん、他の有料カメラアプリも含めて)

個人的には今回のカメラアプリは以下のように考えるといいと思う。

  • シンプルさ→Halide
  • 撮影の多様性→Procam
  • 編集機能→Focos

3つのカメラはそれぞれ素晴らしい。ただし。ここまで読んでくれたあなたにだからこそ、”カメラアプリを選ぶ基準”についてはっきりとお伝えしたいことがある。

有料カメラアプリに求めるべきものは、起動の速さ・安定性。

これに尽きる。私は今回の記事のために、そして趣味でもあるアプリ検証も含めて多くのアプリを使ってきたが動作が不安定だったり重いアプリが多すぎる。

ここに「ゴ◯カメラアプリ一覧」として並べたいくらいに。

せっかくのシャッターチャンスをアプリ起動の遅さや、フリーズが原因で撮影できないなんてことになったら本末転倒だ。

だからこそ、まず非純正カメラに求めるのは、起動の速さ・安定性だと覚えておいてほしい。

次に、私が重要視したのは直感的で”シンプル”な操作が可能かどうか?

その点は各種のアプリ画面を見れば分かる。

Halide。

Procam。

Focos。

どう考えてもHalideの画面が最高にシンプルで使いやすそう。動作もサクサクだし言うことなし。

さらに、最後に私が重要視したのは、【裏技?】iPhoneで人物以外をポートレート撮影し、ボケを編集する方法の記事でお伝えした、「iPhoneの純正編集画面でボケが行えるかどうか?」という点。この点に関しては以下のようになった。

  • Halide→可能
  • Procam→可能(アプリ内でも編集可能)
  • Focos→可能(アプリ内でも編集可能)

そう、全てのアプリがポートレートで撮影が可能。人物もモノも思いのままに。ただし、アプリ内でボケを編集すると動作が遅すぎてイライラするので、結果としてiPhoneの純正編集画面で行った方が操作は早い。

これらすべてを総合的に考えると私にとっては非純正アプリはHalideが最強ということになった。

シンプル、動作も安定している、RAW撮影可能、ポートレート撮影可能、操作も直感的。といいことづくめ。

Focosも素晴らしかったのだが、動作がやや重い点と、iPhone側でも編集が行えることからわざわざ有料のアプリを買って操作しづらいFocus上でボケの編集を行う必要はないと判断した。

※ただし、iPhone側の仕様として2018年以降に発売されたiPhone以降(iPhone XR, iPhone XSシリーズ)でないとボケの編集はできないようなので、それ以前のiPhoneを使っている人にはFocosの編集機能は重宝されると思う。

注意

Halideをほめまくった私だが、とは言ってもiPhoneのカメラなので限界はある。ボケが不自然になることも多々。

やはりカメラはカメラに任せるのが一番。試しに比較してみよう。

前者がHalideで撮影したもの。

後者がミラーレスOM-D E-M5 Mark IIで撮影したもの。

見比べると分かるが、ボケる部分の境目がiPhone側で撮影した方はやや不自然。無理やりボケさせているようにも見える。

上記の例はまだマシだが、慣れるまではうまくボケのある写真を撮影することは難しい。

ちなみに、境目を違和感なくするためにボケを弱目に編集すると以下のように後ろのボケがイマイチになる。

私は、可能な限りiPhoneの純正機能を使って撮影・編集を行った方がいいとは思っているのだが、クオリティを求めれば求めるほど、非純正のカメラ、もしくはミラーレス・一眼などのカメラと、非純正のアプリでMacを使って編集した方が圧倒的に美しくできることが浮き彫りになった。

とはいえポケットに入っている最強カメラとしてiPhoneをこれからも検証しまくっていきたい。

今日のお告げ「純正カメラアプリの撮影・編集機能の進化に期待」

本当はもっと多くのカメラアプリを紹介していきたいのだが、どうしても動作がワンテンポ遅かったりフリーズしたりと機能を比較する以前に”アプリとして使い物にならないレベル”のものが多く悲しくなってしまった。

その点、当然ではあるが、純正のカメラは安定しているし起動も早い。Appleの純正カメラはこれから進化し続けると思う。撮影機能も、編集機能も。

まだまだできることは少ないが、これからも純正の機能でどこまでいけるか含めて当メディアでは、使い方を色々と模索していきたいと思う。