管理人管理人

読者さんから「4インチのiPhoneがどうしても忘れられません。iPod touchをiPhone SEの代わりにするのはありでしょうか?」という素敵な質問が届いたので当記事にて回答してみたいと思う。[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


9月27日(日)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2020年9月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

まず結論

テザリング専用端末を持ち歩くのであれば、初代iPhone SEの代わりに持つのはあり!

これが私の結論。

iPod touchは仕様上、電話機として使うことができない。SIMカードを入れる事ができないからだ。そのため、ネットを使いたいのであれば「モバイルWi-Fi」「テザリング端末」のいずれかを持ち歩く必要がある。

ただ、モバイルWi-Fiは安い契約でも月額3,000円以上はするようなので長期的に見ればコストが余計にかかってしまう。そのため、現実的にはテザリング専用端末を用意した方が良いだろう。(後述するがテザリング専用端末は旧型のiPhoneでも可能)

と、まずは結論をお伝えしたところで以下、iPod touchを初代iPhoneの代わりにすることのメリット、デメリットお伝えしていこう。

iPod touchをiPhone SE代わりにするメリット

  • 初代iPhone SEの代わりになる
  • 4インチ機をひとまず延命できる
  • 本体価格が圧倒的に安く済む

とにかく4インチが使いたい!

という人にはとりあえず4インチのiPod touchを代用するという方法もありだとは思う。

本体価格も非常に安価。

参考までにiPod touch・初代iPhone SE・第二世代iPhone SEを比較してみると、

【iPod touch】
32GB: ¥21,800(税別)
128GB:¥32,800(税別)
256GB: ¥43,800(税別)

【初代iPhone SE】
16GB:52,800円
64GB:64,800円
※当時の価格

【iPhone SE(2020)】
64GB:44,800円
128GB:49,800円
256GB:60,800円

現行のiPhone SE(第二世代)と比較してみおおよそではあるが、40〜50%安く購入ができる。iPod touchは資金が少ない方、iPhoneにお金をかけたくない方にとっては非常に魅力的だろうと思う。

iPod touchをiPhone SE代わりにするデメリット

  • 電話番号が持てない(050は可能)
  • 外出先ではモバイルWi-Fi or テザリング端末が必要
  • チップ性能はiPhone 7, iPad(第7世代)と同等

SIMカードを挿入できないiPod touchは電話番号が持てない。その場合は、080, 090の電話番号を使う事はできない。

ただし、ネット回線を通じて電話をする050電話は利用が可能。以下のサービスは有名なのでチェックしてみるといいかもしれない。(私は以前に契約していたが、サポートが最低だったため解約済み)

050 plus | NTTコミュニケーションズ 個人のお客さま

そして、iPod touchを所有する場合において最も重要なのが「外出先でネットが使えない。」ということ。その場合はモバイルWi-Fiかテザリング端末を持ち歩く必要がある。前述したようにモバイルWi-Fiは料金が高いため、テザリング端末を持ち歩くのが現実的だろう。

動作確認端末一覧│格安スマホ/SIMはUQ mobile(モバイル)

チップ性能については私はそれほど気にならないと思うのだが、一部のユーザーの方から「高スペックを要するゲームアプリの場合はiPod touch搭載のA10チップでは厳しいかも?」というご意見をいただくことがある。

ゲームをヘビーにする方は注意が必要かもしれない。

独断と偏見によるおすすめの運用方法

iPhone 5s以降のiPhoneを持ち歩き、必要な時にテザリングして使う。というのが無難だと思う。

テザリング可能端末は契約しているSIM業者に記載があるはずなのでその点はチェックしておこう。UQモバイルであれば以下のように明記されている。

動作確認端末一覧│格安スマホ/SIMはUQ mobile(モバイル)

テザリング端末を持ち歩くという事は、「2台を常に持ち歩く」「2台の充電を気にしなければならない」というデメリットはあるが、それさえ気にならないのであればiPod touchを初代iPhoneの代わりとして使うのはありだと思う。

追記

読者さんから素晴らしいコメントをいただいたので記事内にて共有させていただきたい。

3年前はiPhone 5sとiPod touch第6世代の2台持ちでした(いまはXSに集約)。
あのiPod touchの薄さは感動的で(多分どのiPhoneよりも薄い)、大好きなデザインでした。

オフライン(音楽・ゲーム)はiPod、オンライン(SNS・ブラウジング等)はiPhoneという使い分けをしていた時は、充電の節約ができてかなり便利でした、なのでもしA10以前のチップを積んだiPhoneと2台持ちをするなら、iPod touchというのもありなのかもしれません(充電は面倒ですが、バッテリーがあまり大容量でないのですぐ終わります)。

一方、常時テザリングでiPodをメインで使うというのは無理があるかと思います。iPhoneが壊れて、テザリングは使えたので、2週間ほどiPodメインで使っていたこともあるのですが、まず、Line電話などインターネット経由の電話をするならイヤホン必須です。

iPhoneと違ってインカメラの位置にスピーカーがないので、イヤホンがないとスピーカーモードでしか使えません。充電は使い方にもよりますが1日は持ちません。あと軽い処理でも発熱が激しいです。

長期的に考えれば、2台持つよりは新SE1台で済ませることをお勧めします。

追伸)ご存知かもしれませんが第7世代iPod TouchのA10チップはiPhone7やiPadのものよりクロック数抑えてるらしいですよ。
参考:https://taisy0.com/2019/05/30/110746.html

今日のお告げ

4インチiPhoneが忘れられない!
本体価格を安くしたい!

というのであれば、iPod touchを初代iPhone SEの代わりに運用するのはアリかもしれない。

ただ、私は周囲にこのような運用をしている方を見た事がないので、他に隠れたデメリットがあるかもしれない。もし、iPod touchをiPhone代わりに運用されている方がいればコメント欄にて教えていただければ幸いだ。