管理人管理人

MacBook Proを購入検討するときに迷うのが、「最新製品がいいか?」「お買い得な整備済製品がいいか?」ということ。今回は私なりに最新の2018年版と過去の整備済製品を比較していきたいと思う。[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


11月21日(水)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2018年11月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

最新のMacBook Proと比較してみた

当記事で比較するMacBook Proは主に2つのパターン。

  • 2018年版と2016、2017年版の整備済製品
  • 2018年版と2015年版以前(2013〜2015)の整備済製品

これら2つを比較するのに意味がある。そして、今、買うならどのMacBook Proが一番良いかを独断と偏見でこれからお伝えしていきたいと思う。

2016年版、2017年版との比較

まずは、最新のMacBook Pro(2018)とMacBook Pro(2016, 2017)の整備済製品を比較していこう。

だらだらとスペックを比較しても全く意味がないので違いを端的にまとめると、

  • バタフライキーボードの違い
  • 最高スペックの違い(15インチモデルに限る)
  • 価格

この3つ。この3つだけを抑えておけばよい。

1、バタフライキーボード

バタフライキーボードについては、2018年モデルのものは第三世代キーボードとなっており、非常に薄型ながら叩き心地の良い素晴らしいキーボードとなっている。

一方で2016年版と2017年版のバタフライキーボードは多少の違いはあれど、その薄型の形状ゆえに埃が入ったりして、故障が連発。アメリカでは大規模な訴訟問題にまで発達した。2016年版を使っている私からすればあまり書きたくはないのだが、第二世代までのバタフライキーボードは間違いなく欠陥品だ。

打ち心地も良いものとは言えないし、長時間のタイピングに関しては疲れてくる。この辺り個人差はあるとは思うが、私はそう思っている。

だから、キーボードの打ち心地は、Apple Storeや中古品を並べているソフマップなどできちんと確認してみてほしい。第三世代バタフライキーボードの打ち心地が気に入ったなら間違いなく2018年モデルを選ぶべきだ。

違いについてはこちら→【比較レビュー】違いはなに?第三世代と第二世代バタフライキーボードの3つの違い

2、最高スペックの違い

15インチMacBook Pro(2018)に関しては、メモリを32GB積めるようになった。これにより、動画編集やCADなど比較的重い作業をする人たちは仕事の効率を落とすことなく外出先でも進めることができるようになった。

さらに、第8世代の2.9GHz 6コアIntel Core i9プ‍ロ‍セッサへカスタマイズすることもできるため、あの小さなボディについに「モンスタースペック」を積んだ夢の製品とも言えるだろう。

ただし、これを読んでいるあなたにはそこまでの高スペックは必要ないと思われる。

上記のスペックを待ち望んでいたり、必要性があった人たちなら、発売後すぐに購入しているか、資金を貯めながら虎視眈々と購入の機会を待っているからだ。

個人的には2016年〜2018年までのモデルに体感差があるほどのスペック差はないと思っている。付け加えるならば、モンスタースペックを詰める2018年モデルのMacBook Proは15インチモデルだけであり、若干持ち歩くのに重さを感じてしまう人も多いだろう。

私は13インチMacBook Proを検討することをオススメしているので、スペックを必要としないのであれば、2016年モデルか2017年モデルがオススメだ。(理由についてはこちら)

3、価格

次に価格について比較してみよう。本日のラインナップは以下。

最新のMac→MacBook Proの価格をチェックする

整備済製品→本日入荷のApple整備済製品をチェックする

※ カスタマイズなしのものを選ぼうとしたが、整備済製品についてはすぐに売り切れるため価格のリサーチが困難であることから、参考価格として見ていただければ幸いだ。ただ、概ね15%くらいは最新の新品の製品よりは安くなる傾向にある。

・2018年版
15インチ
258,800円(税別)

13インチ
198,800円(税別)

・2017年版 整備済製品
15インチ
¥185,900 (税別)
13.3インチMacBook Pro 2.5GHzデュアルコアIntel Core i7 Retinaディスプレイモデル – シルバー [整備済製品] – Apple(日本)

13インチ
13.3インチMacBook Pro 2.3GHzデュアルコアIntel Core i5 Retinaディスプレイモデル – シルバー [整備済製品]
メモリ8GB
¥139,500 (税別)
13.3インチMacBook Pro 2.5GHzデュアルコアIntel Core i7 Retinaディスプレイモデル – シルバー [整備済製品] – Apple(日本)

・2016年版 整備済製品
15インチ
¥192,100 (税別)
15.4インチMacbook Pro 2.6GHzクアッドコアIntel Core i7 Retinaディスプレイモデル – シルバー [整備済製品] – Apple(日本)

13インチ
¥142,000(税別)
13.3インチMacBook Pro 2.9GHzデュアルコアIntel Core i5 Retinaディスプレイモデル – スペースグレイ [整備済製品] – Apple(日本)

2015年以前のモデルとの比較

2015年以前のモデルと最新のMacBook Proを比較するときに重要なのは主に以下の4つ。

  • スペック
  • キーボード
  • 重さ、形状
  • 外部端子数

1、スペック

2015年のものと最新のMacBook Proを比較してみると面白いことが分かる。13インチで比較してみよう。

・2015年版
2.7GHzデュアルコアIntel Core i5プロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.1GHz)
Intel Iris Graphics 6100

・2018年版
第8世代の2.3GHzクアッドコアIntel Core i5プ‍ロ‍セッサ(Turbo Boost使用時最大3.8GHz)
Intel Iris Plus Graphics 655

はっきり言おう。そんなに変わっていない。本気で変わっていないなぁ。。まぁ、細かい部分は色々と変わってるけど、Retinaディスプレイ搭載で見た目綺麗だし、体感差を感じるようなスペック差は何もない・・・

後述するが、MacBook Proはすでにほぼ完成形であるため、毎年マイナーアップデートを繰り返しているだけだ。

一度MacBook Proを購入すれば最低でも5年は利用できる。そのためあなたがハイスペックを要するアプリで仕事をしない限りはここ4、5年のモデルであればそれほど違いはない。

2、キーボード

・2018年版
第三世代バタフライキーボード

・2015年版以前
やや薄い通常のキーボード

全くといっていいほどに叩き心地も音も、形状も違う。特に叩き心地については店頭で要確認してみてほしい。

ちなみに形状はこんな感じで違う。

第三世代バタフライキーボード。かなり薄い。

(11) Apple MacBook Pro 13" (2018): Unboxing & Review – YouTube

2015年版のキーボード。キーにある程度の深さがある。

(11) Macbook pro 2015 in 2018- is it Worth it? – YouTube

3、重さ、形状

重さと形状が2015年以前のMacBook Proと2016年以降のMacBook Proでは大きく違う。

13インチMacBook Pro(2015)
重量:1.58 kg
薄さ:1.8 cm

13インチMacBook Pro(2018)
重量:1.37 kg
高さ:1.49 cm

見た目も今のMacBook Proの方がややスタイリッシュに見えてカッコいいと感じる人もいれば、2015年モデル以前の機種のように背面のリンゴが光った方が好きな人もいるだろう。

あなたの好みに合わせて選べば良い。(ちなみに私は2016年のスペースグレイにベタ惚れして速攻で購入した)

4、外部端子

これが最大の注意ポイント。

ポートの種類が全く違う。

・2016年以降〜
USB-Cポートのみ

・2015年以前
USB端子
SDカードスロット

2016年以降のMacBook ProはUSB端子を使って外付けHDDでデータをやりとりしたり、SDカードから写真を取り込んだりと言った使い方ができない。

できないことはないが、USB-Cポートからの変換器を使う必要がある。しかも結構高額。モノにもよるが2000円から6000円くらいはする。

私も所有しているが、たまにしか使わないとは言え非常に不便ではある。

注意点

整備済製品はメモリ8GBのものが多い。中にはカスタマイズされたもので16GBの製品があるがそういったものは一瞬で無くなる。

メモリ8GBだと重い作業を同時並行で行うことは辛いのでその点は留意しておく必要があるだろう。

ちなみに私はメモリ16GB以上を使うことを推奨している。メモリ16GBをオススメする理由は以下の2記事を読んでみてほしい。

【証拠画像】MacBook Proメモリ8GBは絶対に買うな!3つの理由とは?

プロフェッショナルのApple製品「税理士編」

後、Touch Barについては評価が分かれるところではあるが今後のAppleはほぼ間違いなくTouch Bar推しで販売を進めるだろう。

実際、2018年にはTouch Bar無しモデルのMacBook Proを発表しなかった。今後はMacBook ProはTouch Barと共に進化をしていくことを考えると早めに慣れておいた方がいいかもしれない。

過去にはこんなことを書いているが私もそろそろ慣れる必要があるのかもしれない→本当にタッチバーは失敗作?Apple信者がオススメしない5つの理由

独断と偏見によるオススメ製品はこれ!

最もコストパフォーマンスが良くて、軽量でかつスペック的にもこれから5年、6年と利用することができるのはMacBook Pro(2016 or 2017)の整備済製品だろうと思う。

その際に、

  • ストレージ容量256GB
  • メモリ16GB

のものが見つかれば迷うことなくGo!買うことをオススメする。

ただ、ストレージ容量256GBはあまり出回らない、かつメモリ16GBの条件をつけると1年のうちに数回のチャンスしかない。

もし、あなたが待てないというのであれば、MacBook Pro(2018)の購入もオススメだ。

正直言って、2016年と2017年モデルについてはあまり変化もないし、「うーん。」という感じだったのだが、2018年モデルに関してはバタフライキーボードの打ち心地が圧倒的に良くなったしオススメできる進化をしてくれたと思っている。

整備品を待つかどうか?

難しい問題ではあるのだが、待てなくなったら最新型を買うのもアリだとは思う。ちなみに私は待てなくて買ってしまうタイプの人間。

今日のお告げ:ボロボロになるまで

Apple製品の場合はMacに関して言えば、4、5年は余裕で使える。

当ブログに届くコメントを解析すると、「2011年2012年に発売されたモデルをまだ使っていますよー。」という声が多い。

2013年以降のモデルについてはほぼコメントがない。これは使っている人が少ないという意味ではなく、「当たり前に使えすぎててコメントに残すまでもない。」ということだろう。

つまり、5年は間違いなく利用できる。

スペック的にも2016、2017、2018はそこまで違いがないのだから、2016年版あたりを購入して5年使うのがコスパ的には一番いいだろう。わざわざ、一番高い最新の製品を買う必要はない。

ましてや毎年買い換えるなんてお金をドブに捨てているようなものだ。

実際、こちらのYoutuberの方は、2015年版はまだまだ価値があるよー!!と2018年に主張している。おっしゃる通り。

コメント欄にも同意の声が多い。

ぜひ、あなたも大切なMacを手に入れて、5年6年と使い込んでボロボロになるまで使い続けてほしい。

※毎月更新中!

【2018年10月】今、買うべきはどれ?Apple整備済製品まとめ

【2018年10月】今、買うべきMac(ノート型)はコレ!全機種を比較してみた