管理人管理人

これは完全に意見が真っ二つに分かれるであろう話題。新型MacBook Airはデフォルトモデルが2コア。1万円出せば4コアを搭載できるようになった。果たしてどちらが正しいのか?私の意外な結論は・・・[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


7月12日(日)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2020年7月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

はじめに:選べるCPUとカスタマイズ料金

  • 【デフォルトモデル】第10世代の1.1GHzデュアルコアIntel Core i3プロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.2GHz)
  • 【+1万円】第10世代の1.1GHzクアッドコアIntel Core i5プロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.5GHz)
  • 【+2万5千円】第10世代の1.2GHzクアッドコアIntel Core i7プロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.8GHz)

上記の中で重要な違いとなるのは、デフォルトモデルと1万円をプラスしてカスタマイズ可能になる4コアモデルとの違いだろう。

私の結論は・・・

結論

+1万円を支払って4コアモデルを搭載させた方がいい。

というのが私の結論。

4コアになることにはメリットがある。特に、動画編集・画像編集の操作において作業効率が変わってくる。人生を変えるほどに大幅に変わるわけではないが、もし、今後4〜5年は作業をするのであれば、4コア・・・あった方がいい気はする。

ただ、、、うーん。絶対カスタマイズしろとも言い難い。

その理由

4コアへカスタマイズすべきと考える大きな理由は「1万円に対するコストパフォーマンスが高い。」と判断したからだ。

インテルは2017年ごろからクロック数ではなく、コア数を増加させることにより、作業を効率化させるようなCPU開発に力を入れてきた。これは近年の3D系のアプリや、4K以上の高画質動画を編集、大量の画像編集を行うことの需要が高まっていることが背景にあるのは間違いない。

だからこそAppleは手軽な価格で4コアを搭載できるようにしてきた可能性が高い。

テキスト入力して、Youtube見て、メール返して、という一般的な作業であればコア数の違いによる作業効率に差はないが、「動画編集」「画像編集」「3D系の技術」による作業効率には圧倒的な差が出てくる。

特に、2コア→4コアの違いは顕著に出る。(と、言われている)

イメージとしてはこんな感じ。

注目すべきは、2コア→4コアと4コア→6コア以上の差異が少ないということだ。テレビや映画制作をする場合などの4K以上、かつ複雑な動画であれば、8コア以上のCPUも効果を発揮するが一般的な動画編集であれば4コアがちょうど良いスペックと考えると分かりやすい。

そのため、前述したように、私は「1万円出して4コアモデルへカスタマイズするのはアリ。」とお伝えさせていただいた。

ちなみに余談ではあるが、私の13インチMacBook Pro(2016)は2コアモデルだが、4コアへ買い換えたいとは一切思わない。

私の場合は、1日に数枚の画像編集、1ヶ月に数本の動画編集くらいしかコア数による恩恵を受ける作業はしないので2コアで十分。動画を書き出している時間は、ちょっと待つくらいなのでコーヒーを入れたり掃除をしている間に一瞬で終わる。

もし、あなたが私のようにそこまでハードにコア数の違いによる恩恵を受ける作業をしないのであれば、2コアのままでも良いと思う。

2コアおじさん

少し、、、懸念がある。

もしかしたら、私自身が2コアで満足できているあまり、2コアおじさん化してしまっている可能性はないだろうか?

世の流れは4コアが標準になっているにもかかわらず、「2コアでも十分でしょ。」と固定観念に縛られてはいないだろうか?

あぁ、心配。

自己否定を無意識に拒否している可能性があるので、もし、私が2コアおじさん化しているのであれば、コメント欄で指摘して欲しい。考えを正さねば。

いや、、、でも4コアが必要な場面って本当に少ないんだけどな・・・

注意点

現時点では、新型MacBook AirのCPUの品番は明らかにされていない。Appleは基本的に品番までは明かさないため、発売後に個人で調べたものがネット上で共有されて初めて判明する。

2019年モデルはCore m系のCore i5-8210Yが搭載されていたが、2020年も同じ系列が搭載されるのかどうか。

場合によっては結論がまた変わってくる可能性があることはご了承いただきたい。

最後に「コメント求む」

もし、あなたが新型MacBook Air(2020)のCPUカスマイズについて思うことがあれば、気軽にコメントしてほしい。

愛する読者さんたちの意見を参考にしながら、

おすすめカスタマイズはコレ!

という記事を作成したいと思っている。それなら私以外の方々の客観性も含まれるのでこれからMacを買いたい人たちにとって最高の記事になる。

MacBook Airは、

Macに興味があったけど今まで手にしていなかった人、
Macに何かしらの可能性を感じてきたけど手にしてこなかった人、
Macを初めて購入しようと決意した人、

などが購入するエントリー機なのだから、より多くの意見があった方がいいと思う。もしかしたら、中学生が一生懸命に貯め続けたお小遣いを握り締めて購入を決意するかもしれないし。

ぜひ・・・コメントをいただければ幸いだ。(コメントくださると嬉しいです)