管理人管理人

極上の打ちごこちだと思っていたHHKBを愛用しまくっていた私だったが、1つだけ・・・気になるキーボードがあった。ずっと迷っていたけど、先日のAmazonのタイムセールで安くなっているのを観て購入してしまった。我慢できなかった。。[@appleshinja_com]

私が購入したキーボードはこちら。

Apple製品を購入検討中のあなたへ

Amazon公式のApple製品ポイント還元率がヤバい事になっているのをご存知だろうか?

※現在、品切れの製品も多い上に、還元率は頻繁に変わるので早めにチェックしておこう


M1 MacBook AirM1 MacBook ProM1 Mac mini


11インチiPad ProiPad Air無印iPadiPad mini 612.9インチiPad Pro


Apple Watch Series 7Apple Watch SE


安く買うコツ

馴れ初め

私は当ブログでも何度もレビューしてきたようにHHKB大好き人間だ。もちろん、それ以外のキーボードもガジェオタらしくたくさん所有しているのだが、基本的にはHHKBの打ち心地こそ至高だという思いが強い。

ただ・・・

リアルフォースのマックバージョンが発売された2019年からずっとリアルフォースは気になっていた。Windows時代にリアルフォースは中古で購入して愛用していたこともあり思い入れもあるし打ち心地もよかったと記憶している。

購入を何度も何度も検討したのだが、その度に、

いやいや・・・
静電容量無接点方式なら同じでしょ。
という思いもあったしお金は無駄にしたくないとの思いからリアルフォースを購入するには至らなかった。

ちなみに、静電容量無接点方式 についてはこちらのサイトが参考になると思う。

特徴 | REALFORCE | 日本製プレミアムキーボードの最高峰

耐久性がいいとか技術的な面がよく取り上げられるのだが、私としては打ち心地の良さがたまらないと思っている。もうこの叩き心地を知ってしまうと他のキーボードは叩けなくなってしまう。と言う人も多いくらい中毒性のある叩き心地であることもよく知られている。

ただ、HHKBも同じ静電容量無接点方式を採用していることからも私自身は、

いやいや、いらないでしょ。
HHKBがあるし。

と思っていた。

そうこのブログの運営者さんと出会うまでは。

【Macユーザー向けに徹底比較】お勧めは意外なあのモデル?MacユーザーがREALFORCEのモデル選びで覚えておくべき3つの世代と8個の比較ポイント | MadanaiGadgetBlog

上記ブログの運営者さんは高校生なのだが、その圧倒的なキーボード愛を当ブログのコメント欄にも書き込んでくれるため私も徐々に感化されていった。

私の心に刺さったのは、

・リアルフォースとHHKBは本体の重さと底面が違うため、打ち心地がかなり違う
・リアルフォースfor Macの一部モデルはHHKBにも使われているバード電子のアクセサリーが使えるため非常に便利
・リアルフォースは楽しい

ということだった。

特に1つ目の本体重量や部品の違いによる叩き心地に関する考察は「なるほど・・・」と思わざるを得なかった。

普通のおじさんであれば高校生がこれほどまでに熱くプレゼンしてくれれば買ってみると思うのだが、私は買い物迷いおじさんのため結局は買わずに1年くらいが経過してしまった。

そして・・・

あの日がやってくる。

リアルフォースがタイムセール割引へ

つい先日のAmazonのセールでなんとリアルフォースが安くなっていた。

今までもリアルフォースは安くなっていたことはあるのだが、私としては「チャンスじゃないか?」という思いが強くなっていった。なんだかリアルフォースモードに入っていた。

というわけで、緊急でライブ配信をやってみたところリアルフォースを愛している人たちからたくさんの愛に満ちたコメントをいただいた。

結果として・・・

私はリアルフォースを買うことに。

この記事のこの文章はその届いたばかりのリアルフォースで打ち込んでいる。一言でいえば、異次元の打ち心地。

リアルフォース for Macのうち心地を感動のままに伝えてみる

私が購入したモデルは以下のリアルフォース。

US配列のPFU Limited Editionを購入した。
静音タイプなのでかなり静か。打ち心地自体はHHKBの静音タイプと同じ。と言いたいところなのだが、本体の重量が600gくらい違うことからくる安定感が全く違う。

HHKBの打ち心地も極上なのだが底面がベニヤ板のような感覚に陥る。一方で、リアルフォースの場合は硬い薄い鉄板の上を叩いているような感覚になる。

この辺りは好みなのでどちらがいいということはないと思うのだが、リアルフォースの方が指への跳ね返りが強い気がして次の動作に移りやすい気がする。

まぁ、購入直後はテンション上がっていていいところばかりを見ようとしてしまうのでこの辺りはまた長期レビューで触れていきたいと思う。

打ち心地のスコスコ感と静音性は言わずもがな最高。音が気持ち良すぎる。ずっと聞いていたくなる。

今後も使い続けながら比較していきたいと思う。

今日のお告げ「キーボード何個買うの?」

私はApple製品以外で最も惹かれるのはキーボードだったりする。そのため1年に3、4個はキーボードを買い続ける流れがここ5、6年ずっと続いている。

文字を打つのが好きだし、キーボードは自分の作業効率性を高めてくれるモノなので色々と試す価値はあると思う。

次は・・・リアルフォースの無線接続可能はMacバージョンが発売されたら狙いたいと思う。リアルフォースの叩き心地が好きすぎる・・・