管理人管理人

Sidecarを使い続けること2ヶ月。色々と試してみたのだが、やっとSidecarの潜在能力を最大限に発揮させることができる1つの使い方を確立することができた。当記事では読者さんと議論を交えつつ、より良い使い方を模索していきたいと思う。[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


2月25日(火)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2020年2月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

はじめに

検証機種
【Mac】
・13インチMacBook Pro(2016)
・27インチiMac

【iPad】
・12.9インチiPad Pro
・iPad mini

上記の機種を使って、組み合わせて日々検証を繰り返してみた。私は検証を繰り返し続けて、その結果を当ブログで共有することを生きがいにしている。

個人的な最終結論としては、

SidecarはApple PencilとMacを結びつける、Apple初の連携機能。

ということになった。

そこまでのプロセスも含めた、私のSidecarの検証記録、そしておすすめの使い方を以下解説していこう。

Apple信者のSidecar検証記録

以下、私が検証してきた記録を共有させていただきたいと思う。

検証記録その1「常時接続型」

【検証内容】
カフェや自宅、場所を問わずにMacとiPadを使って常時Sidecarに接続して作業をしてみる。

【検証結果】
常時接続するメリットはほとんどなかった。サブディスプレイとして役に立つ面は確かにあるが、iPadのクオリティの高さ、それに加えて、iPadアプリの豊富さゆえに無理に常時Sidecarに接続する価値はないと思われる。

【結論(仮)】
「サブディスプレイになる!」と思い込みすぎたのが間違いだったかもしれない。

常時表示させておきたいようなMacアプリを使っている人には有効かもしれない。iPad側で常にそういったアプリを表示させておけば作業を効率化できる。

ただ、多くの人にとってそのような使い方は想定しづらい。

検証記録その2「その都度接続型」

【検証記録】
カフェや自宅、場所を問わずにMacとiPadを使って必要だと思われる場面のみでSidecarを接続してみた。

【検証結果】
非常に有効。
Sidecarは以下のようにMacのウィンドウ拡大タブ部分にマウスカーソルを1、2秒合わせるだけで爆速で起動が可能。

つまり、必要な時にすぐに起動させることができる。さらにSidecarの仕様上、iPadのアプリの一部として起動させられるため、アプリを切り替えながら使うことも可能。

何かしらの資料を見ながら入力を行う人にとっては作業を効率化させることができると思われる。

さらに、Sidecarを使ってアップルペンシルで書き込むという作業は非常に便利。というか。感動するレベル。

例えばこんな感じ。

PDFファイルもMacのプレビューアプリからこんな感じですぐに飛ばしてApple Pencilで書くことができる。

つまり、

Macで画像やPDFファイルを開く

手直ししたほうがいいと思うファイルはiPadへSidecarを使って飛ばす

Apple Pencilで手書きする

Sidecarを閉じればMac側に手書きされたものがプレビューとして自動的に戻ってくる

という流れで作業ができる。

素敵やん。

今まではGoodNotes5などの手書きアプリにAirDropで飛ばしてから、iPad側でGoodNotes5を開いてApple Pencilで書き込んで、それからMacへ戻していた作業が、一気に短縮された。これぞ作業効率化。

画像やPDFファイルを多く扱う方はこの使い方を知っておくだけでもSidecarの恩恵を最大限に享受できると思う。

【結論】
Sidecarはデュアルディスプレイとして使うのではなく、「Appleが初めて発明したApple PencilとMacの連携機能」として使うのが良さそうだ。

補足:絵を描く系のアプリは非検証

私は絵を描く趣味もなく、そういった類の仕事もしていないため、絵を描く系のアプリは力を入れて検証していない。と言うか検証することができなかった。

ただし、Appleが絵を描く系のクリエイティブなアプリに力を入れていることは事実。

Sidecarはどのアプリでも対応しているが、Appleがイベントなどで触れてきたアプリは以下のようにお絵描きアプリが多い。

  • Adobe Illustrator
  • Affinity Designer
  • Affinity Photo
  • Sketch
  • ZBrush

さらに、SidecarはFinal Cut Proにも対応している。これらのクリエイティブなアプリを使っている方々は新たな方法で作業を効率化しているのかもしれない。

今日のお告げ「あなたの有効な使い方は?」

2ヶ月ほど毎日毎日検証し続けてきて「SidecarはApple PencilとMacを結びつけるための連携機能強化アップデートだった。」と結論づけてみた。

Macで唯一できないと言ってもよかった手書きがSidecarを通して簡単にできるようになった。私はこれだけでも大満足。

ただ、1点懸念しているのは、私はMacとiPadの二刀流に慣れすぎている気がする、ということ。2つの機種をApple Pencilが出て以降は持ち歩くことが多かった。

それゆえにそれぞれを分離させて使うことに慣れすぎている。例えば、MacBook Proを使いながら、iPadではSmoozを使ってブラウジングしていたり、GoodNotes5でPDFを表示させていたり。

もしかしたら、私とは全く違う見方でSidecarを使っている人たちもいるかもしれない。そして、私とはスキルの違う、「イラスト描く人たち」は私が想像しないような使い方をしていると思う。

Sidecarには無限の可能性が詰まっている。

どうか、あなた独自の使い方があればコメント欄にて教えていただければ幸いだ。

一緒に作業を効率化していこう!