管理人管理人

アプリ毎にショートカットキーを簡単に表示してくれるめちゃくちゃ便利なアプリ「CheatSheet」を紹介したい。特に、Macを使い始めの方には非常におすすめ。[@appleshinja_com]

こちらの記事もおすすめ→Macを購入したばかりのあなたへ。厳選ショートカットキー15選

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


9月27日(日)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2020年9月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

はじめに:CheatSheetはどんなアプリ?

CheatSheetとは、

⌘キーを長押しするだけで、今、使っているアプリ上で使用できるショートカットキーが一覧で表示される無料アプリ。

こんな感じで表示される。

私もいまだに新しいアプリをダウンロードしたら使うアプリ。めちゃくちゃ便利だし無料なので、ダウンロードしておくことをおすすめしたい。

では、以下、「ダウンロード方法」「設定」「使い方」に分けて解説していこう。

※Mac上でどのアプリにも共通する基本的なショートカットキーについてはこちらを参照→Macを購入したばかりのあなたへ。厳選ショートカットキー15選

ダウンロード方法

Macの公式アプリストアには存在しないアプリのため、以下のURL先からダウンロードする必要がある。

CheatSheet – Know your short cuts

以下の「Download」をクリック。

開くを選択。(Macのアプリストア以外からダウンロードしたものは以下のように表示される)

アプリフォルダへ移動を選択。

これでダウンロードは完了。

設定

次に、CheatSheetがどのアプリからでも表示できるようにMacの設定を変更しよう。

Macの画面左上のアイコンをタップして「システム環境設定」を選択。

セキュリティとプライバシーを選択。

1→2→3の順番でタップしてCheatSheetにチェックマークを入れよう。

これで設定は完了だ。

使い方

使い方は簡単。

ショートカットキーを表示させたいアプリを使っている状態(アクティブな状態)で⌘キーを長押し。

すると以下のようにアプリ毎に振り分けられているショートカットキーが表示される。

基本的なものもあれば、そのアプリ特有のめちゃくちゃ便利なものもあるので少しずつよく使うものだけでも覚えていくようにしよう。

総評レビュー「Macを購入したばかりの方には特におすすめ」

CheatSheetは毎日使うようなものではないのだが、Macを購入したばかりの方にはおすすめ。また、新しいアプリを導入したばかりの際に使うのもおすすめ。私もいまだに使うことがある。

ショートカットキーを使う = 作業効率が向上する

という式は間違いなく成り立つので、CheatSheetを使ってよく使うアプリのショートカットだけでも使いこなせるようになっていこう!(かくいう私も全てをマスターしているわけではないので、日々勉強)

【おすすめ関連記事】
Macを購入したばかりのあなたへ。厳選ショートカットキー15選