管理人管理人

もし、あなたが海外に行くことがある、もしくはこれから行く予定ならこの記事は必読だ。「海外に行く時、iPhoneのSIMカードとかキャリアのプランってどちらがよいのでしょうか?」という類の質問を多数頂いたので、この問いに完璧に回答する内容を当記事で書いてみた。ぜひ最後まで読み進めてほしい。[@appleshinja_com]

※ちなみに当記事はSIMフリーのiPhone所有者向けに書かれているが、もしあなたのiPhoneがSIMフリー対応でないのであれば、方法2、もしくは方法3、を採用すれば海外でネットを利用することは可能なので安心してほしい。

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


11月21日(水)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2018年11月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

はじめに:3つの方法について理解しよう

まず、はじめにあなたが知っておくべき事は海外でiPhoneをネットに繋げるためには3つの方法があるという事だ。

その方法とは以下の3つ。

  • 現地SIMを使う
  • ソフトバンク等のキャリアの海外プランを使う
  • イモトのWi-Fi等の海外対応のWi-Fiをレンタルをする

これら3つの方法にはそれぞれメリットもデメリットもある。私も初めて海外へ行く時は色々と迷ったものだ。というか私の時代は、キャリアのプランも、レンタルWi-Fiもほとんどなかった。

そんな中、色々と試行錯誤してきたからこそ、お伝えできる事もあると思うので、ここからは、その体験をもとにした情報をお伝えしていこう。

方法1、現地SIM

・メリット

  • 安い
  • 安定している
  • 速い

・デメリット

  • 現地で話せる英語力が必要
  • 通話できない時などのトラブル時の対応

私が、一番オススメするのがこの方法。現地SIMを使う方がやはり回線が速いし安定しているし、何よりも安い。安すぎる。

もちろん、国にもよるのだが、総じて日本のキャリアのプランよりも安い傾向にあると思う。そして、ほとんどの国では4G、LTEが普及し始めているので速度もそこまでストレスになるほど遅くはない。

デメリットはSIMカードを購入する際に、英語で話す必要があるということだろうか。英語が話せない人にはそこは大きなデメリットになるかもしれない。

ただ、大体のSIMカードは空港で売られているので、SIM販売の店員さんたちも英語が苦手な外国人には慣れている。

「SIMカードプリーズ!」

と言えば、ほぼ大丈夫だ。

あと、気になるのはプランについてだが、これは日本と同じようなイメージでとらえればよい。

例えば、「1ヶ月パケ放題」「1日1GBプラン」「1ヶ月5GBプラン」という感じだ。私は日本にいる間は、1ヶ月3GBプランで十分なのだが、海外にいる間は5GBや10GBにしていることが多い。

なぜなら、海外では道に迷うと、Googleマップや、Uber、grabなどのタクシーサービスを使うので、GPS機能をフルに利用する。その結果、日本にいた時とは比べ物にならないほどのパケット量を消費してしまう事もしばしばある。

ゆえに、私は少し多めのプランを利用している。英語が苦手な人はとりあえず、

I am going to stay in London for 2 weeks.

などと言えば店員さんがオススメのプランを教えてくれるだろう。個人的にはケチらずにちょっと多めにしておいた方がよいと思う。

それでもキャリアのプランや、海外レンタルWi-Fiよりは安い。

1ヶ月滞在しても1000円〜3000円くらいだろう。そこは滞在するまえにネットで各国のSIMプランだけでもチェックしておく事をオススメする。

注意しておくべき点は、申し込み手数料とSIMの発行費用だろう。国によっては約1万円弱もかかる場合もある。ここも調べておくポイントだろうと思う。

基本的には先進国はかなり高い。逆に途上国は信じられないくらい安い。

ちなみに私が行った国の中で驚いたのは、マレーシア。アプリでパケットをチャージできるので、足りなくなっても安心。さすがITに強い国。

方法2、キャリアの海外プラン

メリット

  • 手続きが簡単
  • キャリアのサポートが安心

デメリット

  • 料金が高い
  • 海外では不安定なこともある

キャリアの中でも海外プランに積極的なのがソフトバンクなので仮に礼を出してみるが、海外でソフトバンクの「海外パケットし放題 | 国際サービス | サービス | モバイル | ソフトバンク」。

このプランは25Mバイトまでなら1日1,980円、それ以上なら2,980円というサービスだ。

バイトの換算については、以下のサイトで計算可能だ。

パケットとバイトの換算 | 料金・割引 | 法人モバイル | SoftBank

ただし・・・

はっきり言って高すぎる。せっかく海外旅行に行くのに、現地で携帯電話を3日使っただけで、約9,000円ほどかかるかもしれない、というのは痛い。

地域によってはかなり美味しいご飯も食べられるし、いいホテルにだって宿泊できる。

地元SIMカードを買えばもっと安くなるのに、わざわざソフトバンクに貢ぐ必要はない、というのが個人的な意見だ。

方法3、イモトの海外Wi-Fi

・メリット

  • 高すぎることはない
  • ポケットWi-Fiなので同時に5台まで接続可能
  • ほとんどの国に対応
  • すぐに接続が可能

・デメリット

  • 安くはない
  • 容量数が少ない

有名人イモトさんが全面に打ち出されているこの海外ポケットWi-Fi。調べてみると評判も悪くはない。イモトさんがイメージキャラクターという事とかなり広告が打たれていたこともあり、一気に広まったサービス。

一例として、日本人に人気の国である、タイの利用料金を見てみよう。

→イモトのWi-Fiの詳細な料金プランはこちら

左が4G右が3G。今の時代は4Gの方が主流なので4Gを見てみると1日1GBで1日1,580円となる。これが安いか高いかは人によるだろうが・・・

私の感覚では一人なら十分だと思う。ただ、ポケットWi-Fiを友人と共有したり、MacやiPadなどでも使うのであれば注意した方がよい。

慣れない海外でGoogleマップや、タクシーサービスのアプリを使うと一気に数百MBくらいは使ってしまうことは多々ある。

しかも価格的にもそこまで安くはない。個人的には2、3人でいく旅行で、かつ、3人とも英語があまり得意ではないなら、利用するのもありだとは思う。

こういう人にはこのプランがオススメ!

ここからは前述した3つの方法をどういった人が使うべきなのかをお伝えしていきたいと思う。

あなたが使うべきプランは・・・これだ!!

英語が日常会話レベルで話せる人へ

確実に現地SIMがオススメだ。

とりあえず安い。そして、次回、同じ国に行くときも基本的にまた利用できる。さらに現地の回線なので安定しているし、英語で話してSIMカードをセットするというちょっとした人生の新しい経験にもなる。

海外旅行にハマり出すとどんどんSIMカードが増えていくが、それに伴い、SIMカードを見るだけでなんだか感慨深くなる。

安いし、回線が安定している、という点を考慮すると、私が一番オススメするのは圧倒的に現地SIMカードだ。現に、私のSIMカード入れには、訪れた国の数だけSIMカードが入っている。

英語がほぼ話せない人へ

とりあえず、現地SIMカードに挑戦する事をオススメする。

実は、私もはじめての海外旅行は1人だった。しかも英語はほぼ全く話せなかった。センキューとハローとソーリーくらいしか言えなかった。しかも、何も準備せずに行ったので、SIMカードをどうにかして購入する必要があった。

結果、私は現地SIMカードを利用して、滞在中、何の不満もなく過ごすことができたわけだが、私がSIMカードを購入する際に使った英語は以下の2つの文章のみ。

「SIMカードプリーズ!!」
「レジスター(登録)プリーズ!!」

たったこれだけ。実はSIMカードは国によってはやや面倒な登録作業がつきまとう。店舗で購入すればやってくれるのが通常だが、そんなことも知らなかった私は上記の文章だけを何度も何度もぶつぶつ言いながらSIMカードを購入しに行ったわけだ。

というか、英語が話せないことは悪いことでもないのだから、胸を張ってSIMカードプリーズ!!と叫べばよい。それが恥ずかしいならiPhoneのメモ帳にでも「SIM Please」と書いたものを見せればよい。

というのが私の考えだ。

ただ、「英語がどうしても苦手・・・」

という人もいるだろう。

その場合は、前述した「イモトのWi-Fi」がオススメだ。サポートも丁寧なようなので、渡航先の国をしっかり伝えて、何の不安もないまま出航するというのも選択肢の1つとしてはありだろう。

偉そうに言っている私だが、私が初めて海外旅行に行く際にイモトのWi-Fiのようなサービスがあれば使っていたかもしれない。(それほど、初海外というのは不安がつきまとう)

ただし、以下のパートで伝える事実は知っておいてほしい。

ほとんどの日本人が知らない海外Wi-Fi事情とは?

海外ではm基本的にWi-Fiが常備されている場所が多い。

  • レストラン
  • カフェ
  • ショッピングモール

どこでも無料Wi-Fiが行き交っている。というか、日本のWi-Fiエリアの少なさは異常だ。そう思えるくらいに海外のほとんどの国々では室内にさえ入ればWi-Fiを利用できる場所が多い。

とんでもない田舎に行けばWi-Fiがなかったりもするが、それでも日本よりはマシだと思っておいてよいだろう。

つまり、イモトのWi-Fiなどで少量の500MBなどを選択していたとしても、滞在中、無料Wi-Fiを主に使うのであれば十分に事足りるという事だ。

その点も考慮したうえで、どの方法があなたに一番適しているかを検討してみてほしい。(ただし、はじめての海外旅行の場合は多少は大目の容量を契約しておくことを推奨する)

今日のお告げ

現地SIMカード+SIMフリーiPhoneが最高の組み合わせ!!

というのは、私だけではなく多くの人の共通認識だと思う。

現に、私は海外でレンタルWi-Fiを持っていたり、キャリアのプランを利用する人には一度も会ったことがない。いつも広告を見るたびに「本当に使っている人いるのかな?」と疑問に思うほどだ。

もし、あなたが現地SIMカードを利用したことがないなら、ぜひ一度は利用してみてほしいと思う。そして、もし、あなたがSIMカードについて詳しいなら、色んな国のSIMカード事情をコメント欄にて教えて頂ければ幸いだ。