管理人管理人

私はほとんどの製品を買わない。自分に製品だけを見極めて、1つの製品をじっくり長く愛用するタイプのApple信者だ。だからこそ!買わないからこそ、正直に比較しながら製品の魅力をうまく伝えられることも多くあると思っている。当記事では読者さんからのレビュー要望が多かった「新型Mac mini」に関して、正直に、辛口にレビューしていきたいと思う。私の結論は・・・[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


11月21日(水)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2018年11月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

新型Mac mini(2018)のデメリット

毒舌レビューらしく、まずは、新型Mac mini(2018)のデメリットからお伝えしていこう。

1、実はコスパが悪い?

当ブログの読者さんたちの中には、新型Mac mini(2018)を待ち望んでいた人がたくさんいた。

だが・・・読者さんの中には「コスパが悪すぎて購入を躊躇する」という声もいくつか散見された。

確かに。

同価格帯のWindows機と比べると、Mac miniはコスパが悪い。スペックが抑えられているので、ある程度はカスタムすると思うのだが、そうなってくるとMacBook Proと変わらないような価格になってくる。

以下、基本的な仕様を見ていこう。

・基本仕様

3.6GHzクアッドコア第8世代Intel Core i3
8GB 2,666MHz DDR4
Intel UHD Graphics 630
128GB SSDストレージ
ギガビットEthernet(10/100/1000BASE-TギガビットEthernet、RJ‑45コネクタ使用)

→Mac miniの仕様と価格をチェックする(Apple公式)

・カスタマイズ費用

3.2GHz 6コア第8世代Intel Core i7(Turbo Boost使用時最大4.6GHz)
→33,000円

メモリ16GBへ→22,000円
メモリ32GBへ→66,000円
メモリ64GBへ→154,000円

SSD256GBへ→22,000円
SSD512GBへ→44,000円
SSD1TBへ→88,000円
SSD2TBへ→176,000円

10ギガビットEthernetへ→11,000円

【試しにカスタマイズしてみた】

個人的にはせっかくなら、6コアにして、メモリも32GBにしたいかなぁ、SSDは1TBくらいは欲しいかなぁ。使うかわからないけど、NASとか導入して、10ギガビットEthernetも使ってみたいなぁ。

と気軽にカスタマイズしてみたところ・・・

287,800円(税別)

という全く可愛くない。全くmini感のない価格へ。

しかも、メモリとか変えるだけなら自分でやれるのにMac miniではそれができない。故に初期カスタマイズ時点でAppleに高額な手数料を取られることを了承の上で、メモリの容量アップをする必要がある。

スペックだけを見れば、コスパの悪い製品と言えるかもしれない。

※ただし、Apple製品に関してはコスパだけで考えるべきではないと思っている。詳しくはこちら→Apple製品”三種の神器”論「直感は熟考を超える」

※メモリの増設については自分でできるという噂もあるので現在調査中

2、ドヤ顔ができない

これ。私は非常に重要だと思っている。

Mac miniは持ち運べないゆえに、外で優越感や満足感を得ることができない。

スタバでドヤ顔。

なんていう言葉がMacBook Air誕生時には皮肉っぽく言われていたのだが、それだって私は別にいいと思っている。

重要なのは外出先でもテンションをあげて仕事ができるかどうか?だと思う。これは私だけの意見ではなく、旧型のMac miniを愛用している経営者の方から聞いた話だ。

こちらMac miniを2台導入している経営者さんのお話。

「Macを1台試しに買ってみたら、あまりにもよすぎて社内のPCをMac mini2台と入れ替えてしまいました。」

自分が持っていないものをオススメしてますが、私はMac miniを買って、その半年後にMacBook Air11インチを買いました。この頃にうぉずさんのブログを読んでいたら、絶対にMacBook Proを買っていました。

というのは、ウインドウズ(Dell製品)を使っている延長でデスクトップPCをMac miniに変えたのですが、Macを持つとどんどん使いたくなるからです。

それに事務所に置いてあるだけだと、持ち出して見せびらかすことができない!って、超不純な動機ですけど、やっぱりリンゴマークの後ろでキーボードを叩く姿はかっこいいですね。

不純な動機でMacを購入しましたが、使い始めるとただ事務書類を作ったり、メール、検索に使うだけではなく、プレゼン資料、デザインの入った広告など直感的な操作でいろんなことができるので、自然とMacでする仕事は増えました。

この辺はこちらのブログでも触れていますが、私も最初はいろんなことができる機種をオススメします。

MacBook Pro13インチでしたら、持ち運びとパワーを備え持っていますし、オフィスでは大画面のモニターに接続させることで作業効率も上がると思います。

プロフェッショナルのApple製品「リフォーム会社CEO(従業員5人規模)編」

上記の理由は最もだ。

私もMac miniを最初の1台として購入することはあまりオススメしていない。(理由は後述)

新型Mac mini(2018)のメリット

次に、新型Mac mini(2018)のメリットをお伝えしていこう。

1、ハイスペックのmacOSを安く所有できる

Apple製品の中ではコストを抑えつつ、スペックの高いmacOSを利用することができる。

MacBook Proなどで、このスペックを積もうとするととんでもない価格になってしまう。

例えば、15インチMacBook Proをカスタマイズしまくると・・・

【15インチMacBook Proカスタマイズ仕様】

第8世代の2.9GHz 6コアIntel Core i9プ‍ロセッサ(Turbo Boost使用時最大4.8GHz)
True Tone搭載Retinaディスプレイ
Touch BarとTouch ID
Radeon Pro 560X(4GB GDDR5メ‍モ‍リ搭載)
32GB 2,400MHz DDR4メモリ
1TB SSDストレージ
Thunderbolt 3ポート x 4
バックライトキーボード – 日本語(JIS)

価格:¥423,800 (税別)

→MacBook Proの仕様と価格をチェックする(Apple公式)

全く同じスペックではないにしろ、Mac miniにスペックを近づけるだけでこの価格になってしまう。

ちなみに、27インチiMacだとこんな感じ。

【27インチiMacカスタマイズ仕様】

第7世代の3.4GHzクアッドコアIntel Core i5プロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.8GHz)
32GB 2,400MHz DDR4
1TB SSD
Radeon Pro 570(4GBビデオメモリ搭載)
Magic Mouse 2
Magic Keyboard – 日本語(JIS)

価格:¥341,800 (税別)

→iMacの仕様と価格をチェックする(Apple公式)

MacBook Proよりは安いがそれなりの価格にはなる。そう考えると、Mac miniのコストパフォーマンスの良さが引き立つ。

2、持ち運べる

これは、やや特殊なメリットかもしれないが・・・

私の友人は海外を転々とする仕事をしていたので、Mac miniをずっと待っていた。

私が、

「MacBook Proでいいじゃん。転々とするなら不便でしょ?」

と伝えると、

「滞在先でディスプレイ買って売ればいいじゃん。」

という回答が返ってきた。

確かに、安いディスプレイとつなげば、Mac miniは最高のスペックを持つ持ち運び可能なMacにはなるな・・・とはちょっと思ったが、やはり彼はとんでもない変態だった。普通の人はそんな使い方はしない。

だが、持ち運びが多いし、行く先々でディスプレイに接続することが可能なのであれば、新型Mac mini(2018)を持ち運びできる最高スペックのMacとして使い続けるのはアリだと思う。

iMacとMac miniどっちがいいの?

おそらくだが、新型Mac mini(2018)と比較する対象としては、iMacが第一候補として挙げられるだろう。

私は27インチiMacを異常なまでに愛しているので、ややバイアスがかかった見方にはなってしまうのだが・・・

単純に比較するなら、個人的には27インチiMacの方がいいと思っている。理由は主に2つ。

  1. 5K Retinaディスプレイが手に入る
  2. 圧倒的に美しいMacと毎日触れ合える

理由1については、目の疲れが軽減されるなどのメリットもあるが、そもそも5Kディスプレイはまだまだ高い。10万円前後はしてしまう。そのディスプレイにmacOSがくっついたものが27インチiMacなのでApple製品の中では抜群にコスパがいい。

私は20万円強で27インチiMacを購入したが、5Kディスプレイ付きであることを踏まえると、10万円くらいでMacが買えたような気がしてお得な気分だ。

理由2については言うまでもない。

iMacは完璧に設計された、美しい製品。iMacが机の上にあるだけで毎日ワクワクする。

私は27インチiMacを使い始めて半年ほどだが、未だに朝起きてこの子がいるだけでワクワクする。

・美しさならiMac。
・コスパとディスプレイ選びの知識があるなら、Mac mini。

という感じで分けるのがいいと思う。

全てが内包されていて設定もほとんど必要ないiMacは初心者向けで、ディスプレイやスペックの柔軟性が高いMac miniは中級者以上向けと言えるかもしれない。

パソコンに詳しくない人でも直感的に触ることができるという点を考えるとAppleの理念を強く反映しているのはiMacの方な気がする。

【2018】狂気に満ちたApple信者のiMacレビュー|5K 27インチ SSD256GB

新型Mac mini(2018)を買うべき人とは?

  • Retinaディスプレイが必要ない人
  • 安価にmacOSを導入したい人
  • 10ギガビットイーサネットを使いたい人

私が思うに上記に当てはまる人たちは、新型Mac mini(2018)を購入しても満足できると思う。

デザイン系の仕事をしている人たちは、 Retinaを必要としていなかったり、色味が変わることを嫌う人も多いので、 Retinaがいらないという人も多い。(世界的にみてRetinaディスプレイを使っている人はごく一部)

また、安価にmacOSを導入したい人には非常に良い選択肢になると思う。

会社にmacOSを数台導入したい場合などはとりあえずMac miniとディスプレイをつなげばmacOSで連携する環境を構築できるので、作業効率性はアップするだろう。

毒舌パート

たけーよ!!

そう叫ばずにはいられない。Mac miniは手軽にMacを導入できるのが魅力だったのだがこれでは気軽に導入はできない。

新型Mac mini(2018)はもはやミニではない。エントリーモデルでもない。中級者以上の人が使うプロモデルだ。

私はこう定義した方がいいと思っている。

私は新型Mac mini(2018)はほんのすこしのアップデートくらいだろうと思っていたが、まさかの大幅アップデート。ティムさんがイベントでテンションMAXで紹介しただけはある。

新型Mac mini(2018)は、ほぼプロモデルの超ハイスペックデスクトップPCとなったと言って良いだろう。

パソコンのスペックがわかる人からすれば、Mac miniがいかにハイスペックを積んでいるかがわかるはずだからだ。価格的にコスパは悪いかもしれないが。。

Macをこれだけの価格で、これだけのスペックで所有できるのはただただすごいとしか言いようがないだろう。

ただ、コスパを考えると、iMacの方がいいと私は思っているが・・・

エントリーモデルのMacBook AirやMac miniがこれだけ価格が高くなったと言う事は来年のMacBook ProやMac Proはとんでもない価格になるだろう。そしてとんでもないスペックになるだろう。

スペックの高さと未来を感じられるようなデザイン等には非常に期待している。ワクワクもする。

実際iMac Proに関してはキタキタ!これがアップルだぁぁぁ!!!とワクワクした。

私が価格にブーブー言うのは、ただ、純粋に多くの人にAppleの世界を楽しんで欲しいから。そのためにも、エントリーモデルのマックは安くして欲しかったなぁと思ってしまう。

5万のラップトップですらまぁまぁ高いと感じる人たちにはMac miniすらオススメしづらい。

総評レビュー

あなたはどちらが好みだろうか?

MacBook Pro + ディスプレイ
Mac mini + ディスプレイ

私は長らく、前者をオススメしていたのだが、最近になり後者もありだなぁと感じるようになった。Mac miniを本気で使い込むプロの方にインタビューさせていただく機会があったからだ。

最後に。その時のインタビュー内容から一部を抜粋してお伝えしよう。

初めはモニターだけを購入して、MacBook Proに繋げていたのですが「家に帰ってきてはモニターにつなぐ。家を出るときはモニターから外す。」という作業が億劫になり、それならばと家用の機体として中古でMac miniを購入しました。

家用と持ち運び用でデータの共有などの不安もあったのですが、iCloudをはじめGoogle DriveやDropboxで論文や授業用のデータは共有できますし、その他にもカレンダーやノート、PDF ExpertなどでもApple製品間の連携やデータ共有が可能なので、思っていたほどの不便は感じておりません。

むしろ、完全に分業制にすることでそれぞれの作業が捗っているとさえ感じます。

プロフェッショナルのApple製品「アメリカの大学院生、兼非常勤の講師編」

Mac miniは使う人を選ぶマシンだからこそ使っている人に対して私は「玄人だなぁ」という印象を受ける。

もし、あなたやあなたの周囲人が新型Mac mini(2018)を購入したなら、ぜひその声をコメント欄で聞かせてほしい。

※私はMac miniを使っことがないのだが、「うぉずさんなりのレビューでいいんで聞かせてください!」という嬉しい要望を頂いたので当記事を書き始めたことを補足させていただきたい。

→Mac miniの仕様と価格をチェックする(Apple公式)