管理人管理人

iPhoneXとiPhone8の発表には様々な意見が飛び交った。しかし、当ブログ上ではある論争が勃発している。それは「iPhoneXとiPad Proならどっちが買い?」という事だ。というわけでiPad Pro中毒者の私が、徹底的に両機種を比較していきたいと思う。[@appleshinja_com]

・当記事内の比較の条件

  • iPhoneX
  • iPad Pro(10.5インチ、12.9インチ)の2モデル

上記をすべて比較しているので安心して読み進めて欲しい。(iPad Pro9.7インチモデルについてはすでに新品購入は不可だが、Apple整備済製品にて購入可能だ。ただスペックは10.5インチとほぼ同じなので、もしあなたが9.7インチを購入検討中なら10.5インチについての記述を参考にしてほしい。)

スポンサーリンク

ーこのページに辿り着いたあなたへ〜

「おまえ、変態すぎるだろwww」

と、私は常に友人に笑われている。私のApple製品への愛が異常すぎるからだ。(たまにiPadの角を触りながらニヤニヤしてたりするらしい)

8年のApple信者ライフの末にたどり着いた、「究極の記事」をあなたにもお届けしたいと思う。ぜひ、参考にしてほしい。

共に、変態Apple信者になろうではないか。

【2018年7月更新!!】→iPhoneおすすめアプリ38選はこちら

iPad→おすすめアプリ55選はこちら

Mac→神が作りし5つの神Macアプリはこちら

今だけ3ヶ月無料→Apple Musicのレビューはこちら

【人気記事】→今さら聞けない7つのKindle活用術!読書効果を100倍にするiPad・Macの設定方法

※新規ウインドウで開くのでとりあえずクリックしておいて後日読むという感じでも良いと思う。

結論は○○です

初めに結論をお伝えしておこう。その方が私の主張が伝わりやすくなると思う。

私のオススメは断然iPad Proだ。iPhoneXは買う必要は全くない。

iPhoneXを購入するのはガジェット好きの方やレビューするためだけに買うレビュワーがほとんどだ。あなたが購入する必要はない。

もし、あなたがスマホを1台も持っていないならiPhoneXの購入は検討するのはありかもしれないが、3年以内に購入したスマホがあるのであればそれがアンドロイドであってもほとんどの場合は買い換える必要はない。

それらの理由も記事の中で明らかにしていく。とにかく、私はiPad ProをオススメしているのであってiPhoneXは推奨していないという事を頭の片隅に入れながら読み進めてほしい。

以下の記事はかなりコメント数も多く、共感を頂いている。

【拡散希望】Apple信者がiPhoneX、8を絶対に買わない7つの理由

管理人のiPad Proはこんな感じ

私は、今現在、iPad Pro9.7インチを愛用している。もはや、私の生活の中でMacBook ProよりもiPhoneよりも、日々の利用時間が最も長いのはiPad Proだ。

毎日3、4時間は必ず使っている。アプリを駆使すれば、iPad Proが最も人類の生産性を向上させるツールだと私は確信している。

ゆえに、当ブログでもiPad Proをイチオシしている。

と、まぁ、iPhoneXとiPad Proの比較前に私の環境を伝えておいた方が良いかと思い、一応お伝えしておいた。詳しくは以下の記事も合わせて読んで頂ければ幸いだ。

iPad Pro中毒者の僕が変態すぎるホーム画面を晒してみた。

【完全保存版】Apple Pencil対応メモアプリNoteshelfをレビュー

iPhoneXとiPad Proで比較すべき5つのポイント

はっきり言おう。iPhoneXとiPad Proを比較するなら以下の5つのポイントのみを比較すればOKだ。それだけであなたがどちらを購入するべきか分かる。

iPhoneXについては、この記事を書いている段階ではまだ発売前ではあるが、スペックを見れば大体の使い方は分かる。というわけで早速比較していこう。

比較1、ディスプレイサイズ

単純なところではあるが、まず、比較するべきところだろう。

スペック上では、ディスプレイサイズは以下のようになっている。

・iPhoneX
高さ:143.6 mm
幅:70.9 mm
厚さ:7.7 mm

・iPad Pro10.5インチ
高さ:250.6 mm
幅:174.1 mm
厚さ:6.1 mm

・iPad Pro12.9インチインチ
高さ:305.7 mm
幅:220.6 mm
厚さ:6.9 mm

上記のようになっている。こうやって比べるとiPhoneXは小さい。iPhoneの中ではベゼルディスレプイになり、大きくなったようには感じるかもしれないが、やはりiPad Proと比べると小さく感じてしまう。

ディスプレイサイズは大きければ大きいほどに携帯性が失われるので、個々の体感にもよるのだが、私と私の周囲の人間の意見をまとめておくと・・・

【まとめ】各ディスプレイサイズ毎のメリット

大型iPhone(iPhoneX、iPhone7plusなど)

  • iPhoneが大きくても小さくてもやることは同じ
  • SNSの返信やブラウジングをたまにする程度
  • どこでも持ち運びができ、ポケットに入るのは当然便利

iPad Pro10.5インチ

  • 絶妙なサイズ。家でリラックスして電子書籍を読むのに適している
  • 動画閲覧やブラウジングもiPhoneよりも圧倒的に快適
  • Apple PencilでPDFの編集などもできるためメモデバイスとしても秀逸
    持ち運びも苦ではない

iPad Pro12.9インチ

  • 動画閲覧やブラウジングするにはちょっと大きすぎて戸惑う
  • Apple Pencilで絵を描くのに最適な大きさ
  • ディスプレイサイズが大きいのでマルチタスキング機能による画面2分割により一方でブラウジング、一方でメモを取るというスタイルで利用が可能

ディスプレイサイズについては上記の、特に赤文字部分を参考にしてこのあたりを重要視するかどうかが、それぞれの機器を買う際の重要な基準になるだろう。

実際、私は、iPad Proが欲しいという人には「10.5インチならApple Pencilを使うかどうかが鍵になる。PDFや画像の編集を手書きで行う予定はあるだろうか?」と必ず尋ねる。

一方で大型iPhoneには携帯性以外のメリットはない。当然といえば当然だがしっかりその辺りは再確認しておこう。大きいは、正義、だ。

各iPadの比較記事については、以下を参照してほしい。(ありがたいことにかなり多くの方に読んで頂いている)

【2017年】おすすめiPadはどれ?人生を変えるiPadの選び方教えます

比較2、携帯性

当然ではあるが、iPhoneXに軍配があがる。ポケットに入るのは当然、便利。

ただし!!!

1点、知っておいてほしいことがある。普段からカバンを持ち歩く人であればiPad Pro10.5インチは持ち運ぶのに全く苦にはならない。

お気に入りのカフェや、レストランでさっと出してパパッと使うことができる携帯性という点に関しては十分合格だ。

一方でiPad Pro12.9インチは持ち歩くにはデカすぎる。そして重い。

重さについては、

  • iPhoneX→174g
  • 10.5インチiPad Pro→469g
  • 12.9インチiPad Pro→677g

圧倒的に違う。この上、あなたがラップトップ(MacBook Pro)なども持ち歩くなら重さはさらに増す。

このあたりの重さ感覚については個人差があると思うので、一度iPad ProをApple Storeなどで持ち上げてみて欲しい。

私の個人的な感覚としては、iPad Pro12.9インチは自宅に据え置き用かなぁ、と思っている。

※ちなみに上記の重さはWi-Fiモデルの重さだ。私はセルラーモデルについては一切オススメしていない。その理由は以下の記事を読んで欲しい。

iPhone所有者はiPadセルラーモデルを絶対買うな!私は後悔してます。

比較3、カメラ性能

カメラ性能については基本的にiPhoneXの方がやや上といったところだろうか。iPhoneXがiPad Pro2つのことを抑えておけばOKだ。

iPhoneX
・望遠カメラがついている(ズーム機能に強い)
・ポートレートモードが付いている(背景をぼかしてプロっぽく撮影ができる)

上記を重要視し、さらに現在使っているスマホのカメラ性能があまりよくないのであれば、カメラ機能を重要視して、iPhoneXを購入するのはありだと思う。

だが、iPad Proでもカメラ性能は十分だ。実際、私のこのブログでもiPad Proで撮影した写真があるが、綺麗に撮影できているので満足している。

例えば、こんな感じ。

まぁ、iPhoneはいつもポケットに入れていられるので、外出先でもパシャパシャ撮れるというメリットがある。逆にiPad Proを使って外出先で写真を撮影する人はいないだろう。

他にはF値やシャッターススピードなどもあるのだが、写真の見え方については個人差があるので難しい部分はある。と、思っていたら、iPhone7とiPad Pro10.5インチの写真を比べてくれている素晴らしいブログを発見。iPhoneXとはカメラ性能はやや違うが現時点ではかなり参考になると思う。

(iPadPro 10.5インチ カメラ性能比較)

私、個人の感想ではあるが、現在のスマホのカメラ性能は各メーカー横並びだし、素人から見た場合、特に違いはない。本当にいい写真が撮りたいならカメラを買った方がいいだろう。

私はiPhone6sのカメラですら十分だと思っている。(そもそもiPad Proでカメラを頻繁に使う人はいないと思うが、一応比較対象として紹介しておいた)

比較4、Apple Pencilの存在

キタァァァッァアァァァア!!!

Apple Pencilの存在がiPhoneXとiPad Proを比較検討する上で最も違う部分だろう。

私は1年も経たずにApple Pencilのペン先を2本ぶっ潰したほどに、Apple Pencilをヘビーに使いまくっているが、はっきり言ってApple Pencil以上に日々の生活を一変させることができるものはないと思っている。

Apple Pencilはお絵かきツールのように思われがちだが、実はそうではない。

iPad ProとApple Pencilの組み合わせはあなたの潜在能力を最大限に引き出すことができる、現存する全ガジェットの中でナンバーワンだ。

例えば

  • PDFを編集し何度も読み直す(語学学習や、会社の重要な資料を読む際に便利)
  • ノートを取る習慣をつけてあなたの脳を超集中モードに意図的に入れる(とりあえず書く習慣をつけると脳が整理されて驚くほど日々の仕事、勉強に集中できる)
  • 書籍を自炊してPDF化したものを自分色に染めながら何度も何度も読み直す(あなたの人生を変える本をいつもそばに置いておくことができる)
  • Webページの重要な部分をスクショして編集したものをストックし続ける(手書きによる編集により他人の書いたWebページがあなただけの教科書になる)
  • 写真や画像を加筆、編集したものを仕事の資料にする(手書きで可能なので爆速で仕事が終わる。ファイルが整理できる)

と主に、自分の能力を向上させることや、作業効率に直結することに興味のある人には、ヨダレが止まらないような事が可能になる。

実際、上記は私が実践している事だが、はっきり言って、Apple Pencilのない生活なんてもう考えられない。今、Apple Pencilを取り上げられたら毎日号泣し続けると思う。

Apple Pencilが5万円になっても買うと思う。

それくらい、素晴らしいツールだと、私は自分の実体験から断言することができる。

もし、あなたがiPad Proではなく、iPhoneXを購入した場合、これほどの変化は起こるだろうか?

まず、間違いなく起こらないはずだ。だからこそ、私はiPhoneXではなく、iPad Proを購入するべきだと思っている。

比較5、作業効率アップ

あなたが、iPhoneXか、iPad Proを購入するかどうかの基準は全て「あなたの作業効率は向上するか?日々の生活は一変するか?」という点を重視して選ぶべきだろう。

作業効率をアップと言えばいろんな使い方が思い浮かぶのだが、私が思うiPhoneXとiPad Proのそれぞれの特性は、

  • iPhoneX→SNSを高速返信。ブラウジング。ゲーム。
  • iPad Pro→大画面で快適にブラウジング。高度なPDF編集、閲覧が可能。メモアプリにより日々の生活を向上。

と言ったところだろうか。

大雑把に書いたがこんなところだ。画面が大きいiPad Proではブラウジングをするのも快適だし、もちろんスピードは上がる。

PDF編集を繰り返し、何度も閲覧する事だって日々の生活の一部になるくらい馴染むし、メモアプリは一度使い始めたら2度と元の生活には戻れない。(孫正義さんもメモアプリを使い始めた時にもう一生これでいい。という種の発言をしていたくらいだ。)

もし、あなたが、iPhoneXのかっこよさに目を奪われているなら、iPhoneXを購入した場合、一体どれくらい生活が変わるのか?ということを、今一度、想像してみてほしい。

【最重要】管理人のオススメは絶対このモデル

1、もし、あなたがiPhone4sや4、5年前に購入したスマートフォンを使っているなら・・・

管理人管理人

現在利用しているアプリの動作が重かったり、使いたいアプリが使えなかったりするのであればiPhoneXを選択肢に入れるのはありだろう。

2、もし、あなたがすでにここ2、3年以内に購入したスマホを持っているなら・・・

管理人管理人

SNSの返信や、ネットをブラウジングしたり、アプリのゲームをたまにするくらいの使い方ならあなたはiPhoneXを購入しても全く同じ使い方をするだろう。それなら、新しい可能性を求めてiPad Proを購入した方が良い。

要は、あなたの使い方次第ではあるのだが、私は未だにiPhoneで生活を一変するくらいの使い方をしている人を見たことがない。要はインターネットが使える電話ななのだ。

それに比べて、iPad Proを購入して人生が変わった、生活が一変したという人はかなり多い。作業効率が目に見えてアップするからだ。

この記事のコメント欄を見てもらえばそれは明らかだろう。

【拡散希望】Apple信者がiPhoneX、8を絶対に買わない7つの理由

iPhoneXを購入するくらいなら別のiPad Proなどを買おうということにかなりの人数が賛同している。要はiPhoneのマイナーアップデートに、多くの人が気付きつつあるという事だ。

私もそう思う。だからこそ、この記事を書いた、というのもある。

ちなみに、私が推奨するのは、iPad Pro9.7インチモデルだ。Apple整備済製品で購入すれば非常に安くてお買い得だ。

iPad Pro9.7インチモデルは、そのコストパフォーマンスの良さから売り切れてしまいがちなので、上記のアカウントをフォローするなりして常に整備済製品の入荷チェックをする事をオススメする。

最新モデルのiPad Pro10.5インチという手段もあるのだが、ほぼスペックは変わらない。しかも、あと2年以内くらいにはiPad Proのベゼルディスプレイが発売されることは容易に予測できるので、今、わざわざ最新モデルを購入する必要はないと思う。

以下の記事も合わせて参考にしてほしい。

【レビュー】新iPad Pro10.5インチの購入は待て!必要ない人がほとんどです。

今日のお告げ

「コンピュータは人類の能力を増幅させるためにある。」

と、彼は言い残している。

さらに、

「良いソフトフェアを使えば50倍も100倍も仕事効率が変わってくる。
他の業界、例えば良いタクシードライバーを雇ってもその差は2倍とか3倍とかその程度だろう。
だからコンピュータを使うってことはすごいことなんだ。」

と、も言っていた。(多少、私の意訳が入っている点は了承頂きたい)

私は、彼のこういった意見が好きだ。今、最も人類の生産性を上げるのがコンピュータ業界だから、彼はその業界に身を置いていた。もし、コンピュータでなければ違う業界にいた、という意味にも取れる。

ここで、彼の発言を紹介したのには、もちろん意味がある。

我々も、自分の能力を増幅させるために、どのツールが適していて、どのアプリケーションが良いのか?という事を見極める必要がある、という事を再認識する必要があると、私は思っている。

ガジェット大好きな人間が増えるのはありがたいが、見た目の良さや目新しさに目を奪われすぎて本質を見失っている人が最近は多いように思う。

初めてiPhoneやiPodが出た時の衝撃や革新性があるのであれば新しいものにどんどん飛びつくのはいいだろう。だが、大抵はその後はマイナーアップデートを繰り返すだけだ。(今のスマホ業界のように)

ここまで言えば、ここまで読んでくれたあなたならiPhoneXとiPad Proのどちらがあなたの能力を増幅させてくれるツールかは分かるはずだ。

iPhoneXを否定したくてこの記事を書いたわけではない事はわかって頂きたい。あくまでも、あなたの日々のライフスタイフを一変させ、将来への自己投資となるような能力向上の一助になればと思いこの記事を書いた。

最後まで読んでくれてありがとう。私は今日も大好きなiPad Proで自分の能力を増幅させ続けている。