管理人管理人

Apple製品購入後に導入すべきアプリについては当ブログを4年間運営してきて、たくさんのものを紹介してきたのだが、「もし、3つを選ぶのであれば?」という縛りで記事を書きたいと急に思い立った。逆に言えば「この3つだけは絶対に入れるべし!」ということ。実際、私の日々の作業はこれらのアプリに依存しまくっている。[@appleshinja_com]

Apple製品を購入検討中のあなたへ

Amazon公式のApple製品ポイント還元率が凄まじい事になっているのをご存知だろうか?

※現在、品切れの製品も多い上に、還元率は頻繁に変わるので早めにチェックしておこう


M1 MacBook AirM1 MacBook ProM1 Mac mini


11インチiPad ProiPad Air無印iPadiPad mini12.9インチiPad Pro


Apple Watch Series 6Apple Watch SE


安く買うコツ

M1 Mac導入後にぜっっったいに購入すべき有料アプリ3選

私の日々の作業を支え続けてくれている最高の有料アプリを3つご紹介。

1、Alfred

この子がいない生活は考えられない。
私のほぼ全ての作業はこの子に依存していると言ってもいいほどの神アプリ。

詳しい使い方などは、【5000文字以上】Alfredアプリの設定・使い方まとめ完全版を参考にしてみて欲しい。

要はMac純正のSpotlightの多機能バージョン。こんな感じで帽子の窓が出てきてそこから色々なことができる。

ただし、Alfredの作業効率化を最大化するためには49ポンド(約7,000円前後)のPower Packを購入する必要がある。

1年くらい前は45ポンドだった。為替の関係もあって当時は6,000円くらいだった。そのことを考えると早めに導入してみた方がいいのかもしれない。

有料版にすると、

  • クリップボード履歴
  • スニペット
  • iTunes連携
  • 1password連携
  • Workflow

などの機能を使えるようになる。クリップボードやスニペットなどの機能は他のアプリでも代用できるが、Alfred1つで全てをこなせるようになれば、あの小さな窓の中で完結できるという全能感が湧いてくる。それに、アプリはできるだけ少ない方がいい。管理もしやすいし、使いやすい。

Alfredをどのように使うかわからない方は以下の短い動画を見ていただければ、「うぉぉぉ!Alfredすごぉぉぉ!」となるはずだ。

Finderのダウンロードを表示。

グーグル検索。

クリップボードからペースト。

さらに詳しい使い方はこちらの動画を要参照。

「Alfredがあるからこそ、Macを使っている。」

と主張する方もいるくらい素晴らしいアプリなのでまずはAlfredの無料版からでもダウンロードしてみて欲しい。

公式サイト:Alfred – Productivity App for macOS

2、Better Touch Tool

Appleが発明した魔法の板こと”Magic Keyboard”の機能を拡張してくれるツール。

folivora.ai – Great Tools for your Mac!

有料版の価格は20.5ドル。日本円で約2,500円くらい。一生使えるライフタイムプランなのでこの価格はお買い得だと思う。十分に元は取れる。

なぜなら、すさまじいほどにトラックパッドが便利になるからだ。これはすべてのMacユーザーが使うべきアプリだと思う。

みんながよく使うブラウザのSafariだけでも設定すると見違えるほどに便利になる。

例えば、私だったら、

  • 現在アクティブなタブを閉じる
  • 新規タブを開く
  • リンク先を別タブで開く
  • 現在開いているタブの左へ移動する
  • 現在開いているタブを右へ移動する

などの操作をする際にはすべてトラックパッドで行っている。

詳しい設定などは、作業効率化!Better Touch Toolのおすすめ設定 Safari Ver.の記事を読んでみてほしい。それだけでも圧倒的な作業効率化を実現することができる。

Better Touch Toolの動作は動画の方がわかりやすい部分もあると思うのでこちらも見ていただければ幸いだ。

「トラックパッドがあるからこそ、Macを使っている。」

という人も多いトラックパッドの魅力をさらに別次元のものに押し上げてくれるツールなので個人的には導入は必須だと思う。

3、Yoink

3つ目はどれにすべきか迷ったのだが、個人的にファイル移行が簡単になるYoinkをおすすめさせていただきたい。

Yoinkを使えばこんな感じで動画や画像データを一時的に保管するための場所ができる。

デスクトップ間を移動してもファイルの保管場所は保持されたままなので自由自在にデスクトップ間を移動させることができる。

特にデュアルディスプレイで使っている場合などはYoinkのない作業は考えられないほどに便利。

シンプルなアプリだが日々の作業で画像・動画・テキストなどのデータを移動させることが多い人には必須のアプリといってもいいと思う。見た目も直感的で導入したその瞬間から生活に馴染みやすいのも大きなポイントの1つだ。

今日のお告げ「あなたなら何をおすすめする?」

できるだけ、少なくシンプルに。

という旨の言葉をスティーブジョブズ氏は常に社員に言っていたという。それを当時の社員たちは「シンプルの杖」と呼んでいたらしい。それを見習ってというわけではないのだが、今週は”これからApple製品に触れる人たち”にとってわかりやすいように”厳選したアプリ”を紹介していきたいと思う。

ぜひ、あなたならどのアプリを3つ紹介するか、コメント欄にて書き込んでいただければ幸いだ。とても気になる。