管理人管理人

2017年からアップデートされていない、12インチMacBookの噂を当記事ではまとめてみた。海外の有力な情報や、有名なサイトを調べまくってわかった以外な事実とは・・・?待つべきかどうか?についてもこれまでのAppleの戦略から答えを導き出してみた。[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


5月23日(木)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2019年5月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

発売日は?

発売予想日:2019年春頃(3月のイベントで発表か?)

主なリーク情報はないが、多くの海外系メディアの予想は一致している。本来であれば2017年の10月のイベントで発表される予測が多かったが、マイナーアップデートの発表すらなかったので2019年春を予想しているメディアが多い。

例えば、以下の有名な2つのメディアは全く同じ予想をしている。

The MacBook wasn’t updated at that event, but since it’s more than a year since it was last updated we think that Apple will be updating it soon, possibly in spring 2019.
New MacBook 2019 Release Date, Price, Features & Specs – Macworld UK

So, maybe we’ll see the MacBook 2019 in the Spring, like we saw with the 2018 iPad for education? Or, we could see Apple announce the MacBook 2019 at WWDC 2019, which should start on June 3, if recent leaks are to be believed.
Macbook 2019 release date, news and rumors | TechRadar

個人的に発表される可能性が高い順番としては、

  1. 3月のAppleイベント
  2. イベントなしのサイレントアップデート
  3. 6月のWWDC

だと思っている。2019年後半になることは、多分ないだろう。上半期に発売されなければ、iPad miniやMac miniのようにアップデートされずに放置されるパターンも十分に考えられる。

価格は?

142,800円(税込)〜

Appleは基本的にはMacの価格を大きく変えたりすることはない。大幅なアップデートがない限りは。

12インチMacBookについては残念ながら有力なリーク情報が一切ないことから、大幅なアップデートはない可能性が高い。そうなると今の価格を維持する可能性が非常に高いと言えるだろう。

ただし、1つだけ奇妙な点がある。

もし、12インチMacBookが142,800円〜となるのであれば、13インチMacBook Airの134,800円〜よりも高額なモデルということになる。

ディスプレイが小さく、スペックも低くい12インチMacBookが13インチMacBook Airよりも高い価格で発売されるというのはかなり違和感がある。最近のAppleの高価格化戦略からしても、価格を下げることも考えづらい。それらを考慮すると価格の予測はかなり困難だ。

ただし、もともと12インチMacBookは、そのスペックの低さに比べてMacBook Proとほぼ変わらないようなプレミア感のある特殊な価格で売られていたという考えもできる。そのため、13インチMacBook Airよりも高い価格のまま発売される可能性、もしくはさらに値上がりする可能性も考えられなくはない。

Appleとしては、小さくて軽いモデルが欲しい人のためだけのラップトップとして発売する戦略なのかもしれない。

スペックは?

・CPU(Amber Lake)
m3-8100Y: 1.1GHz (3.4GHz Turbo Boost)
i5-8200Y: 1.3GHz (3.9GHz Turbo Boost)
i5-8500Y: 1.5GHz (4.2GHz Turbo Boost)

継続して、低消費電力のものが使用される可能性が高い。Appleが独自のチップを開発中との声もあるが、Bloombergのレポートによると独自チップは2020年にリリースされる可能性が高いようなので、2019年中のしかも12インチMacBookには搭載される可能性は低いだろう。

・キーボード
第三世代バタフライキーボード

・Touch ID
情報一切なし (対応?)

Touch IDについては対応して欲しいが、今の所情報はない。ただ、MacBook ProとMacBook Airが2018年版は共にTouch IDに対応していることから、12インチMacBookも対応するものと考えられる。

・T2セキュリティチップ
対応

Touch IDデータをほぼし、セキュリティ性能を格段に向上させるT2チップだが、2018年版のMacBook Pro、MacBook Air、Mac miniが対応していることから、ほぼ間違いなく対応されるだろう。

・ベゼルレス
非対応

2019年中にベゼルレスに対応することはほぼないだろうと思われる。2019年の2月末に、Apple製品の予想的中率で世界的に有名なクオ氏が「15インチMacBook Proは16〜16.5インチ以上のベゼルレスディスプレイになる可能性が高い」というレポートを出したが他のMacについては一切言及されていない。

ゆえに15インチMacBook Proだけにとどまる可能性が高い。(後述するが新しい技術はまずはProモデルから取り入れるのがAppleの戦略)

待つべきか?今、買うべきか?

もし、あなたが12インチMacBookを買うべきかどうかを迷っているのであれば、2019年3月の春のイベント後であればいつ買ってもいいと思う。というか、今すぐ買うべきだ。

【2019】新型MacBook AirとProを待つべき?ベゼルレスは確定か?という記事でもお伝えしたのだが、Apple製品は買いたい時に買うべきだ。間違いなく。

待っている間にも時間は過ぎていくし、その間に身に付けることができたであろうスキルや知識や経験を考慮すれば、待つだけ無駄。

待って手に入れられる多少のスペックと時間的損失を天秤にかけるなら、私は絶対に後者を選択することをオススメする。

待つべきかどうかの基準は、強いて言えば、T2チップと第三世代キーボードに興味があるかどうかだろう。これら2つがどうしてもほしい人は新型の12インチMacBookを待つのはアリだと思う。

第三世代キーボードの静かさとタイピングのしやすさは店頭で一度確認してみると良いだろう。 (私は圧倒的に第三世代キーボードが好き)

まとめ:マイナーアップデートにとどまる可能性が極めて高い

色々とお伝えしてきたが、1つだけ強く言えることは、

2019年の12インチMacBookは発売されるとしても、マイナーアップデートにとどまる可能性が高い。

ということだ。

前述したように、有名なアナリストは12インチMacBookについてリークについて一切言及していない。それは逆に言えば、「目立つような新しい性能・スペックは付与されない。」ということだ。

また、Appleの戦略から考えても”最新の技術はMacBook Proから取りれられる”。12インチMacBookだけに新しい技術が取り込まれることはかなり考えづらい。

以上のことから2019年の新型12インチMacBookはマイアーアップデートになる可能性が非常に高いと言えるだろう。それなら、個人的には今買うことをオススメする。(3月末のAppleイベントは待ったほうがいいかもしれない)

さらに!12インチMacBookは現在、頻繁にApple整備済製品(最大15%オフ)に入荷される日々が続いている。早く手に入れたいのであれば、早めに整備済製品として手に入れるのは賢い買い物術だと思う。

本日のApple整備済製品の入荷一覧はこちら【Apple公式】

最後に。12インチMacBook関連の記事を以下ピックアップしておくので興味があるものをぜひ読んでみてほしい。軽量で使いやすいMacBookを手に入れてあなたん日々の生活が変わることを願っている。

私が尊敬する12インチMacBookの使い手→ プロフェッショナルのApple製品「薬剤師(元理系大学生)編」

全機種を比較→【毎月更新】今、買うべきMac(ノート型)はコレ!全機種を比較してみた

出来るだけ安く買い物するなら→【2019年2月】今、買うべきはどれ?Apple整備済製品まとめ|Mac iPad