管理人管理人

「狂気に満ちたApple信者のiMacレビュー|5K 27インチ SSD256GB」でも書いたように、私は、人生で初めてのiMacを手にした。しかし、2018年に新型iMacが発表されるかもしれないこの時期に私がiMacを購入した事にやや疑問を覚えている人もいるようだ。なぜ、私が2017年モデルを購入したのかをこれからお伝えしていこう。[@appleshinja_com]

スポンサーリンク

ーこのページに辿り着いたあなたへ〜

「おまえ、変態すぎるだろwww」

と、私は常に友人に笑われている。私のApple製品への愛が異常すぎるからだ。(たまにiPadの角を触りながらニヤニヤしてたりするらしい)

8年のApple信者ライフの末にたどり着いた、「究極の記事」をあなたにもお届けしたいと思う。ぜひ、参考にしてほしい。

共に、変態Apple信者になろうではないか。

【2018年5月更新!!】→iPhoneおすすめアプリ38選はこちら

iPad→おすすめアプリ55選はこちら

Mac→神が作りし5つの神Macアプリはこちら

今だけ3ヶ月無料→Apple Musicのレビューはこちら

【人気記事】→今さら聞けない7つのKindle活用術!読書効果を100倍にするiPad・Macの設定方法

※新規ウインドウで開くのでとりあえずクリックしておいて後日読むという感じでも良いと思う。

2018年に新型iMacは発売されるのか?

現在の最新のiMacは2017年に発売されたもの。その1つ前のモデルは2015年に発売されたものだった。

つまり、現在、2年周期でAppleが新型iMacを発売予定している可能性はある。もちろん、2018年にも新型iMacを発売する予定はあるかもしれないが、Apple信者であり、Appleのストーカーでもある私が毎日Apple製品のリーク情報を確認している限り、新型iMacの噂は2018年に入ってからほぼ出て来ていない。

というか、私の記憶では1つも見ていない。ゆえに、2018年の新型iMacの発売の期待は薄いと思われる。

ただ、それでも、Apple製品購入前は、「もしかしたら、自分の欲しい製品の新型が発売されるかも・・・」と誰もが思うはずだ。そしてググりまくる。では、新型iMacが発売されるとしたら、搭載が予測される新機能としては一体どのようなものが挙げられるだろうか?

新型iMacに搭載される新機能とは?

新型iMac(2018)に搭載されるであろう新機能を考察するために、まずは2017年モデルと前モデルとの比較をしてみよう。

2015年モデル→2017年モデルの変更点は以下の性能向上だった。

  • CPU Kaby Lakeへ
  • メモリの最大容量が64GBへ
  • GPU Radeon Pro 570(メモリ4GB)へ
  • 下位モデルにFusionDrive搭載(HDD廃止)

グラフィック系の仕事をしている方々には、CPUやGPUのアップデートは嬉しいニュースだった。ただ、iMac Proの発表も同時に行われたため、あまりiMac2017年モデルのアップデートには注目が集まらなかった。

正直なところマイナーアップデートだったと言わざるを得ないだろう。

Appleはしきりにディスプレイが綺麗になったことを主張していたが・・・2015年モデルでも十分綺麗だと当時は思ってしまった。

ただし!

もし、新型iMac(2018)が発売されるとしたら、一体どんな機能が付与されるだろうか?ということを考察することは重要だ。私が予想する新機能は、、

  • Face ID搭載
  • CPU性能向上
  • GPU性能向上

といったところぐらいだろうか・・・

Face IDがそのうち、iPadやMacにも搭載される日が来ることは十分考えられるし、据え置きのiMacにもこれらの機能が搭載される可能性は高い。

だが、たったそれだけのために発売されるかも分からない、新型iMac(2018)の発表を待つ気にはなれなかった。なぜなら・・・

なぜ、Apple信者は2017年モデルを購入したのか?

マイナーアップデートを待つくらいなら即買い!!!

これが私の信条でもある。当ブログのコメント欄に投稿される買い物相談の話のほとんどは「新型を待ったほうがいいですかね?」というもので30〜40%が占められる。

※だからこそ、私は、「新型MacBook AirとProを待つべき?Retinaは確定か?」という記事を書いた。

私はマイナーアップデートしか予測されないのであれば発表予定日から1ヶ月前とかであっても現行製品を購入しても良いと思っている。

その行為は「待てない」ではなく、「時間を買う」という意味に値するからだ。

もし、あなたが1ヶ月待ったとして、マイナーアップデートされたモデルのApple製品を購入して一体何が変わるだろうか?私は何も変わらないと思う。相当、負荷のかかる仕事をしている人なら別だが、大抵の人はその違いにすら気付けないだろう。

それであれば、1ヶ月の時間を使ってiMacなりMacBook ProなりiPadを触りまくった方がこれから先の人生がよりよくとは思えないだろうか?

だから、私は新型iMac(2018)を待つのではなく、迷わずに2017年モデルを購入した。(実際は迷いまくったが、それはスペックや資金の問題。新型iMac(2018)については一切考慮しなかった)

今日のお告げ

新型iMac(2019)の発売には期待っ!!!

結論としては、2018年に新型iMacが発売されたとしてもマイナーアップデートに終わるし、そもそも発売されない可能性も高いということだ。それなら、2017年モデルのiMacを購入しても問題ない。

ただし!2019年に発売されるiMacには何かが起きるかもしれない。

ここ最近、Appleはベゼルレスに力を入れているので、もしかしたら、今と全く同じ本体サイズで液晶部分が大幅に拡大された新型iMacを発売する可能性は十分にある。そうなれば、また購入検討の価値はあるだろう。

ただ、Apple製品は魅力的であるがゆえに毎年毎年、買いまくっていては資金が尽きる。ゆえに、自分の中で何か購入を決定する意思決定ラインのようなものを設ける必要はあるだろう。

私の場合はマイナーアップデートなら買い換えない。今、持っている製品を長く使う。という感じで決めている。

当ブログの読者さんの中には2010年モデルのiMacを使っている方もいらっしゃるし、iMacはスペックの高さから、長期間使うことも可能だという何よりの証拠だろうと思う。

というわけで、私はこれからもしばらくはこのiMac2017年モデルを愛して使い続けると思う。2018年はあとはiPhoneSE2を購入するだけだと思う。(発売はよ)

※続々とコメントが集まっている
↓↓↓
日本一のiPhoneSE2レビュー (予定)コメント1000件目指す | Apple信者1億人創出計画