管理人管理人

作業効率化のためにAlfredを使っているそこのあなた!ぜひ、当記事に気軽にコメントいただければ嬉しいです。一緒に作業効率化をしていきましょう〜!1秒でも効率化できるコメントをいただければそれが多くの人の効率化につながります![@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


9月22日(火)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2020年9月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

コメントして欲しいこと

Macの大人気アプリ「Alfred」のあなたの使い方や設定、Workflowについてコメント欄にて書き込んでいただければ嬉しいです。(既に私はPowerPackは購入済みです)

Alfred

無料
(2020.06.28時点)

 iTunes で見る

posted with ポチレバ

基本的な使い方であれば私でも記事を書けますが、読者さんたちならもっと多種多様ないろんな効率化をされているのでは?と思い、コメント求むと題して当記事を書くに至りました。

お恥ずかしい話

実は・・・私、Alfredをそれほど使いこなしてこなかった。

純正のSpotlightへの固執みたいなものが何故かあったし、本気で使いこなすにはちょっとハマり過ぎてしまうような怖さもあった。こういう作業効率化系のアプリはハマるとしばらくそればっかりいじってしまうので。

だけど、以下のような読者さんたちのありがたいコメントが私の目を覚まさせてくれた。

いろいろ役に立つアプリを探していて、一つ気になるアプリがあったのでお伺いしたいのですが、「Alfred」についてはどうお考えでしょうか?
あと、5つの神アプリ以外でもおすすめのアプリなどがあれば紹介していただきたいです。
どうぞよろしくお願いします。

タッチバーは店頭でしか触ったことがありませんが、基本的にパソコンって熟練者ほど手元を見なくなる、ホームポジションを崩さなくなるという傾向があると思うのです
そのため、ショートカットキーやホットキー的な用途ではほとんど意味がないように感じます
検索窓などは一見便利なように見えますが、MacユーザーならまずAlfredは使うでしょうし、あまり意味はない気がします

Alfredは無料でも豊富な機能を持っていますので、それだけでも導入する価値は充分あると思います。

個人的に気に入っているのは、システム操作関連の機能です。
例えば「lock」と打てばMacをロック、「sleep」でスリープに入ったり出来ます(自分の環境では頭2文字だけでも発動します)。

他にも「d ‘単語’」で内蔵辞書による検索が出来たり、直接数式を打ち込むことにより計算が出来たり(結果をクリップボードに格納できる)と、痒いところに手が届く機能が目白押しです。

まずはこういった機能から徐々に試してみてはいかがでしょうか?

などなど。

多くの読者さんからコメント欄、Twitter上で「はよ、Alfred使え。」と言わんばかりのアドバイスをいただきました。

というわけでお恥ずかしい話ですが、今からAlfredを極めていきたいと思います。

今日のお告げ「みんなで作業効率化!」

みんなで作業効率化していきたい。

だからこそ気軽にコメントしてください。

1人が1秒の効率化できる使い方を伝えたとしてもそれが1万人に伝われれば1万秒の作業効率化ができます。

そう考えると・・・ワクワクしてきませんか?

ぜひ、気軽にコメントいただければ嬉しいです。