管理人管理人

私の仕事はほぼiPad Pro12.9インチ1台に依存している。作業環境として、自宅では~「HHKB」~を使って高速タイピングという環境に満足しているのだが、外出先にまでHHKBを持っていくのは気が引けた。そこで・・・iPad本来のソフトウェアキーボードを極めることにした。そしてある程度までタイピングができるようになったので、この情報を共有したいと思う。[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
もし、あなたがiPadを購入検討中なら・・・    

以下の情報は今すぐチェックしておこう。(100%後悔しない買い物をするために)


平均15%安いApple認定整備済製品!(当ブログ調べ)

7月23日(月)の入荷情報はこちら→iPadの認定整備済製品をチェックする

私が今、オススメしている公式整備済製品はこちら


合計61,984PV超え→【2018年】おすすめiPadはどれ?


ディスプレイサイズで悩むあなたへ→10.5インチ?12.9インチ?の選び方


12.9インチiPad Proのレビュー→1日目1週間1ヶ月3ヶ月7ヶ月10ヶ月


最新の全iPad比較ページ→iPad比較ページ

ソフトウェアキーボードで高速タイピングする7つの裏技

では、これから、iPadのソフトウェアキーボードで高速タイピングする7つの裏技を紹介していこう。

あまり知られていないものから、私がタイピングしまくった実体験から言えるテクニックのようなものまで全てお伝えしているので、ぜひ参考sにてみてほしい。

裏技1、二本指でカーソル移動

これは鉄板。マジで便利なので、もし、あなたがまだ知らない機能なら今日からすぐに取り入れるようにしてほしい。

驚くほどに便利だ。

こんな感じでスイスイ移動できる。

裏技2、スペースキー二回押し

英文を打つときに限るのだが、スペースキーを二回押すとピリオド「.」が入力されるようになっている。

こんな感じ。

ピリオドが挿入可能なら、日本語でもできるようにしてほしいなぁと強く思う。

裏技3、キーを↓にスワイプすると記号入力

これは、iOS11から新しく追加された機能。記号を高速で入力ができるようになった。

1本指をキーに置いたままスッと上へスワイプすればよい。

こんな感じ。

iOS11は神アップデートだったんだなぁ、と改めて思い知らされる。

裏技4、二本指タップで選択範囲を1発指定

あなたはこの裏技を知っているだろうか?

論より証拠。こちらを見てほしい。

現在、カーソルの右側にある文字列を単語単位で選択してくれる。修正や削除したい場合にかなり便利だ。私はヘビーに使っている。

裏技5、二本指タップで選択範囲を自由に変更

先程の裏技の続き。二本指でタップした後にその指を左へ動かすと左へカーソルが移動して選択範囲が拡大していく、逆もまた然り。

こんな感じ。

これで、コピーアンドペーストがめちゃくちゃしやすくなる。この操作はMacのトラックパッドにかなり似ており非常に使いやすい。私のお気に入りの機能だ。

裏技6、二本指ダブルタップで1行を全選択

さらにさらに!日本指でダブルタップすると、単語ではなく、カーソルが位置している一文すべてを選択してくれる。

便利。便利すぎるぅぅぅぅ!!!

裏技7、二本指トリプルタップで全文選択

さらにさらにさらに!!!

二本指でトリプルタップすると全文を選択してくれる。

もちろん、そのテキスト全体というわけではなく、カーソルが位置する文章の全文。ごっそり削除したり、別のテキストに置き換えたい時などに非常に便利だ。

上級編:3つのテクニック

ここからは、私がiPadのソフトウェアキーボードで高速タイピングする際にどうやって速度を向上させているかを上級編としてお伝えしていこう。

テクニック1、一本指タイピング

まずは、この事実を受け入れてほしい。

私がソフトウェアでの高速タイピングをしようと思い立った頃、私はパソコンと同じホームポジションへ指へ置いてタイピングするという形を取ろうとしていた。

だが、それではうまくタイピングできないことに気付いた。

ソフトウェアキーボードはどこに何のキーがあるか、物理的な跳ね返りもないため、タイピングしながらある程度、キーを確認する必要がある。常にホームポジションに指を置いておくというのはかなり厳しいのが現状だろう。

色々と試してみたのだが、私の場合は両手の中指だけでタイピングする方が早くできることが分かった。

ぜひ、あなたも一度試してみてほしい。

テクニック2、傾斜を付ける

iPadに傾斜をつけると、非常にソフトウェアキーボードのタイピングがやりやすい。

私はApple純正のスマートカバーを使っているのだが、いつもこんな感じで傾斜をつけて利用している。

非常に打ちやすい。

スマートカバーでなくてもいいので、iPadのソフトウェアキーボードで高速タイピングを考えているなら、ぜひ傾斜をつけることを一度試してみてほしい。

テクニック3、予測変換だけを見る

最後に。わたしがiPadで高速タイピングをする際に最も重要だと思っているのがこれ。

ソフトウェアキーボードでタイピングをする際には、物理キーボードを使う時と同じようにブラインドタッチを目指すのではなく、半ブラインドタッチを目指すべきだ。

そのために必要なのが、予測変換だけを見続けてタイピングするというのもの。

実際には以下の赤枠で囲った部分だ。

上記の画像を見て頂くと分かるが、「わたしh」と打ち込んだだけで、予測変換は「私は」という候補を表示してくれている。その場合、予測変換だけを見てフレーズをどんどん確定していけばよい。

タイピングミスをしても高度な予測変換が上手く機能してくれるケースは結構多い。

ゆえに、こまめに予測変換で入力を確定させながらタイピングをしていけばより早くタイピングをこなすことができるようになる。

慣れるとソフトウェアキーボードでもある程度のブラインドタッチはできるようになるので、それさえできるようになれば以下のことくらいはストレスなくできるようになる。

  • SNSの返信
  • ツイート
  • 検索エンジンの利用

いずれも、そこまで長文を打ち込むものではないので、ソフトウェアキーボードで十分だろうというのが私の結論だ。

今日のお告げ

1点。注意点がある。

電車やカフェで、ソフトウェアキーボードで高速タイピングする際は気をつけよう。かなり見られる。というか、目を逸らされる。明らかにヤバイ人のオーラが漂っているのかもしれない。

私は、今この瞬間も電車内で膝の上に置いて、高速タイピングしているが、前の老夫婦が不思議そうにこちらをチラチラ見ている。

長時間のタイピング辛いが、短時間のタイピングならソフトウェアキーボードでも問題ないので、ぜひ今回紹介した裏技とテクニックを駆使してソフトウェアキーボードの本当の良さを楽しんで見てほしい。