管理人管理人

もう、2019年の話!?と思われそうだが、今回は私が一番注目している「2019年の無印iPad」についての考察と予測をしていきたいと思う。結論としては、価格が上がらなければ間違いなく買い![@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


4月19日(金)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2019年4月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

はじめに:海外のリーク情報まとめ

まずは、今のところ噂されている新型iPadの噂をまとめていこう。つい先日、複数の海外リークサイトが以下のような見出しで記事をアップした。

9.7インチiPadが10インチへ?

経緯としては中国サイトにて掲載されて、それが各種のApple関連サイトへと広まっていった。

流れとしては、

中国サイト新iPad將亮相 瑞儀明年營運進補 – 中時電子報が10インチiPadの可能性について言及

工商時報:Apple、2019年にiPad mini 5を発売する? | Rumor | Macお宝鑑定団 blog(羅針盤)にて拡散

Apple iPad 2019: News, Rumors, and Specs | Digital Trendsが記事にしてさらに拡散

上記の流れで広まっていった。

ただ、ニュースが継続的に出てきたわけでもないし、特に明確な根拠のようなものがあるわけではない。ゆえに、まだ噂程度だと言えるだろう。

当ブログでも最新の情報をキャッチ次第、この記事をアップしていくつもりだが、今のところ有力なリーク情報は出てきていない。10インチになるのであれば、非常に魅力的なのだが・・・

(むしろ、iPad mini 5が発売されるかもしれないという噂の方が多い)

個人的な予測【発売日・スペック】

今までの経緯を踏まえた上で「新型iPad(2019)」のスペックの個人的な予測を行ってみよう。

発売日

まず、発売日の予測から。

発表:3月下旬のAppleイベント
発売:3月末〜4月上旬

2018年3月27日に新型iPad(2018)を発表し、3月30日から発売を開始した。Appleはほとんどの製品を1年〜1年半のペースでアップデートし続けているので、2019年も3月末日ごろに開催されるであろうAppleイベントでiPad(2019)を発表する可能性は高い。

スペック

私が思う、スペックの予測は以下の通り。

  • CPUのマイナーアップデート
  • ベゼルがやや狭くなる
  • 初代Apple Pencilにのみ対応
  • ライトニングケーブルにて充電
  • スマートキーボード非対応
  • ProMotionテクノロジー非対応

ややベゼルが狭くなったマイナーアップデートのiPad、という感じだと思う。

新型Apple Pencilや、スマートキーボードはプロモデルの特権なので、新型iPad(2019)には対応しないことが予測される。

※ProMotionテクノロジーはスワイプ操作がサクサクしていたり、Apple Pencilの書き心地がやや滑らかだったりする機能。詳しい違いはこちらを参照→【レビュー】新型iPad(2018)とiPad ProはApple Pencilの書き心地が違うの? | Apple信者1億人創出計画

個人的にはベゼルが狭くなるのは良いことなので期待しているのだが、価格を上げるのだけは絶対にやめてほしい。。iPhone XRが思ったよりも高価格になったのでその点を私は非常に心配している。

エントリーモデルのiPadなのだから、4、5万円で販売すべき。(Android機に比べればそれでも非常に高価)

iPad(2019)を待つべき?

私の個人的な意見で言えば3月になれば待った方がいいとは思うが、1月2月に欲しいiPadがあるのであれば、買った方がいいと思う。

待って待って待って、いいものが買いたい気持ちは分かるが、その待っている時間損失というのは非常に大きい。

時間を効率化させるためにiPadを買うのに、そのために時間的損失を被るというのは皮肉すぎる。私は発表1ヶ月くらい前であっても、自分に必要だと感じたら買うようにしている。

とは言っても、2018年の無印iPadはApple Pencilに対応するという衝撃のニュースが世界を驚かせたので・・・待てば利益がある可能性もあるので難しいところではある。

今日のお告げ「新型iPadよりも旧型iPad(整備済製品)を買うべき?」

「新しい2019年のiPadと旧型の整備済製品はどちらがオススメですか?」

上記のような質問が、2019年Appleイベント後に多く届きそうな気がする。このあたり非常に迷うところではあるのだが、個人的に判断基準は2つだと思う。

  • 生活を変えるほどの機能があるかどうか?
  • 美しいと思えるかどうか?

生活を変えるほどの機能があれば間違いなく投資するべきではあるのだが、それよりも、「製品を美しいと思えるかどうか?」という点もぜひ重要視してみて欲しい。

私は、「毎日使いたくなるほど美しい」と感じられる製品を選ぶことが一番重要だと信じている。美しいからこそ毎日触りたくなるし、その結果、スキルが向上していく好循環が毎日続いていく。その結果、人生により良い影響を与えてくれるわけだ。

2019年のiPadの情報については何か分かり次第、当ブログでもしっかり伝えていきたい。

iPadのコスパについての記事はこちらを参照→コスパ最強はどれ?iPad(2018)、10.5インチ、9,7インチiPad Proを比較 | Apple信者1億人創出計画

iPadとiPhoneとMacを揃えるメリットについてはこちらを参照→ Apple製品”三種の神器”論「直感は熟考を超える」 | Apple信者1億人創出計画