管理人管理人

先日、「【2018】iPadがMacよりも圧倒的に優れている9つのポイントとは?」という記事を書いた。本日は、その逆バージョン。MacがiPadより優れている理由についてお伝えしていこう。[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


11月21日(水)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2018年11月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

MacがiPadよりも優れている11つのポイント

私はiMacは購入したことがないので、詳しい使用感についてはそこまで詳しくはない。

以下のポイントは基本的にMac (ラップトップ)だと思って読み進めて頂ければ幸いだ。

※MacOSとiOSの違いはこちら
【比較】最強はどっち?iOSとMacOSの違い9つを完全解説

その1、Finderが優秀すぎる

ファイル管理の方法がMacとiPadでは全く違う。

Mac→Finder
iPad→ファイル

というアプリでそれぞれ管理しているのだが、Macの方が圧倒的にファイル管理はしやすい。

  • ファイルの名称変更
  • ファイルのフォルダ分け
  • ファイルの一括ダウンロード
  • ファイルの一括アップロード
  • ファイルの一括削除

など、ファイルを扱うには、絶対的にMacのほうが早い。一方でiPadではどう考えても限界がある。特に一括でファイル名を変更したりだとか、一括でファイルを編集する場合は、ぜっっっっったいにMacの方が早い。

もともと、ファイル管理の概念すらなかったiOSに今のファイルアプリが実装されただけでも素晴らしいのだが、やはりMacOSと比べると圧倒的に作業効率の面では劣る。

PDF、ワード、エクセル、画像、それに加えてZIPファイルなどを大量に日々扱う人にはMacの方が便利だろう。

実際、私はメール返信はiPadから行なっているが、ファイルが届いた場合はMacでファイルを開いて、それを名称変更してiCloud内でフォルダ分けしている。

その2、プレビューの写真編集が優秀

私は、現在、iPadの「Affinity Photo」というアプリで写真編集を行なっているのだが、簡単な写真編集であればMacの写真プレビュー機能の方が優秀だと思っている。

写真を回転させたり、写真の色味を変えたり、写真にテキストを入れたり。

これらのことを行うならMacの方がシンプルだしユーザーフレンドリーだ。

iPadでも全く同じことはできるが、アプリを使ったりApple Pencilを使う必要もある。そもそも、写真を開く=プレビューという図式のMacの即効性には敵わない。

その3、キーボードの存在

キーボードの存在は、当たり前ではあるのだが、iPadにはない強烈なメリットだろう。

私はバタフライキーボードがどうしても辛くなってきて、最近は「HHKB」を使っているのだが、バタフライキーボードでも超高速タイピング出来る人はいるし、疲れない人もいるので、そういった人にはMacのキーボードの存在は大きい。

一方でiPadはスマートキーボードかBluetoothキーボードを持ち歩く必要が出てくるし、膝の上に置いて使った時などの安定感も悪い。

ゆえに、移動中の電車や新幹線などでタイピングする場合はMacの方が優れているだろう。

その4、トラックパッドの存在

私は、iPad Pro12.9インチとiOS11の組み合わせにどっぷりハマるまでは、トラックパッドの存在こそ神であり、Macが最強たるゆえんであると主張していた。

そして、今でもトラックパッドは神だと思っている。指を2、3本スッスッとやるだけで様々な操作ができるのはほぼ魔法だろう。

iPadでは画面に手を伸ばす必要もあることが多いが、Macでは手元のトラックパッドでほぼすべてのことができるというのは、非常に大きなメリットだ。

その5、外部ディスプレイに高画質で出力可能

Macは基本的にRetinaディスプレイなので、HTMIで繋げばそれなりに綺麗に映る。私の知り合いもオフィスを移動することが多いが、オフィス先でHDMIでディスプレイに繋げている人は多い。

いつでもどこでも大画面ですぐに仕事ができるというのは作業効率を間違いなくあげる。

ちなみに、iPadでも大画面ディスプレイに映し出す方法はあるし、そのためのアクセサリもApple Storeで販売はしているのだが、私は試したことがない。そして周りで使っている人を見たこともない。

あなたはそんな人を知っていますか?

その6、Web上のファイルダウンロード

ウェブ上で何かしらのファイルをダウンロードする必要がある時、Macでは99%開くことができる。当然だ。Macなのだから。

一方でiPadでは開くことができないケースが結構ある。

その7、Apple Watchの自動ロック解除機能

これは、読者さんに最近指摘されて気付いたMacの大きなメリット。

Apple Watchをつけたまま、Macを起動させるとパスワードの入力なし、Macのロックが解除される。

快感すぎるぅぅぅぅぅぅ!!!!!

と言わざるを得ない。

※ちなみに私は仕事中はタイピングに集中したいので時計を外すクセが昔からあり、このメリットはあまり享受できていない(´;ω;`)ブワッ

その8、アプリの豊富さ・クオリティ

MacにもiPadにもよいアプリはあるのだが、Macの方がアプリの量は豊富だと思う。もちろんゲームなどは除いて。仕事をするという点においてはMacにしか対応していないものも多々ある。

私がiPadを使っていて恋しくなるのは・・・Yoinkなど。Macの神アプリのクオリティは本当にすごい。歴史が長いだけに圧倒的に便利なアプリが数多く公開されている。

Maの神アプリについては以下を参考にしてほしい
【2018】神が作りし5つの神Macアプリを完全レビュー※Web関係の人必見

その9、動画編集、音楽制作、画像編集時の圧倒的なパワー

専門的な仕事をしている人たちの多くがMacを愛用している。iPadをメイン機にしている人はほぼいない。iPadを持っていても10.5インチなどの小型機をサブとして持っているくらいでiPad Pro12.9インチなんて持っていない。

そもそも、Macでしか動かないアプリが多いというのもあるが、iPadのパワー・性能では耐えられない重い作業が多いというのが最も大きな理由だろう。

特に動画編集に関しては、かなりのパワーを必要とするので、Macでも上位モデルでないと厳しいものがある。仕事はできるが、時間がかかるしストレスがある、では意味がないので、私の知り合いは上位モデルを購入している人が多い。

その10、日本語入力ソフトの量・質

iPadで文字入力を大量にしていると、iOSの日本語変換能力にイラッとすることがたまにある。今では、だいぶマシにはなったがそれでも厳しい。

一方でMacには多くの日本語入力ソフトサービスが存在する。

無料どころでいえば、Google日本語入力が強い。有料で言えばATOKなどがある。Macに付属している自動変換入力だって利用できる。つまり入力ソフトを自由に選べるということ。

一方で、iPadではiOS付属の決して素晴らしいとは言えない日本語入力のみ。

日本語入力ソフトにこだわりがある人はMacの方がよいだろう。

その11、ウェブ上のサービス

私が、iPadの購入を友人たちに真っ先に進めずに、Macと合わせて、セールス?説明する理由がここにある。

iPadでは動かないウェブ上のサービスつまりウェブアプリが数多く存在する。

特にプログラマーさん、プログラミング学習者さんはブラウザ上で色々とツールを動かすことが多いので、Macの方がよいだろう。iPadで代用できないことはない、という機能も多いのだがやはりMacの方が利便性は高いし、安定して動作するというパターンが多い。

ウェブ上で動かすようなサービスとしては、

  • Chromeのデベロッパーツール
  • Cloud9
  • 会計ソフトツール

などなど。

非常に重要でかつ、多くの人が日々使っているであろうデベロッパー系のサービスは基本的にはMacでしか動かない。

ゆえに、Macが優れているというよりは、ウェブ上のアプリはMac(OS)を想定して作られており、iPadでの利用は想定されていないと言った方がよいかもしれない。

MacかiPadの購入を検討する時は、ウェブ上で利用するようなサービスに対応できるかどうかを確認すべきかは必須だと言えるだろう。

今日のお告げ

専門的な仕事か?それとも・・・?

Macは専門的なソフトウェアを使って仕事をするためにあり、iPadは動作の軽いアプリで文書作成やApple Pencilで記述、PDFなどの閲覧用、という住み分けが徐々にApple側で、できるようになってきたと思う。

MacとiPad、どちらが優れているということはない。要は、自分が何をするために、そして最も時間を費やす作業はなんだろうということを考えるべきだということだ。

私の場合はApple Pencilで「Noteshelf2」に書いたり、ブログ執筆、メール返信、電子書籍閲覧などiPadで完結した方が早い、もしくはiPadでしかできないことの方が多いので、iPadに触れている時間の方が長いので、iPad Pro12.9インチをメイン機にしている。

一方で、私の周りにはiPadは電子書籍とブラウジングくらいにしか使わずに、Macでほぼすべての仕事を完結させている人も多くいる。

自分は一体何をするためにApple製品を購入するのか?Apple製品購入前に参考にして頂ければ幸いだ。

※iPadの方が優れているポイントについてはこちら
【2018】iPadがMacよりも圧倒的に優れている9つのポイントとは?