管理人管理人

数多くのショートカットキーがMacには備わっているが、私が毎日必ず使うものだけを当記事では集めてみた。意外とApple信者でも知らないものが含まれているかもしれないので、ぜひ、参考にしてみてほしい。[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


12月11日(火)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2018年12月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

ショートカットキー5選【Mac】

では、早速、基本的なものも含めて、私が使っているショートカットキーをお伝えしていこう。

1、⌘キーとSpaceキー「Spotlight検索」

Macを使うのはSpotlight検索機能が便利だから。

と知り合いの経営者は語っていた。それほどMacの利便性の1つとして挙げられるのがこのSpotlight検索機能。

Mac内の全てのデータ「動画」「画像」「PDF」「Pages」などを一瞬で検索できる。アプリも爆速で起動可能。

私も毎日使わない日はない最高の検索機能だ。

2、⌘キーとTabキー「アプリ切り替え」

アプリを切り替えるたびにトラックパッドに手を置いていては作業効率が落ちる。

アプリの切り替えは⌘キーとTabキーのみでOK。これだけでアプリ切り替えが爆速に。

ちなみに切り替え途中に矢印キーを押すと左右にカーソルが移動する。

3、⌘キーとX「切り取り」

言わずもがな、テキストを切り取るショートカットキー。

この後にペーストするのが定番中の定番。

4、⌘キーとV「ペースト」

コピーしたものをペーストするのがこのショートカット。

ちなみに、テキスト以外にも画像データなどもコピーアンドペーストが可能。

5、⌘キーと+、ー「ページの拡大・縮小」

ほぼ全てのアプリで動作する便利なショートカット機能がこれ。

画面の文字が見づらい場合に、トラックパッドで拡大するのとは違い、ページ全体が拡大化されるので、全体のバランスを保ったまま拡大化される。

ページのスクロールもしやすい。

先日、知り合いに教えてあげたら喜ばれたので紹介。

今日のお告げ「複雑なショートカットよりもまずは単純なショートカットを。」

今回紹介したものは基本的なものがほとんどだ。

だが、当ブログには「初めてMacを買いました!」「Windowsから乗り換えました!」というMac初心者さんたちからのコメントが毎日のように一定数届く。

だからこそ、こういった初歩的なことも含めて今後は記事にしていきたい。

私は変態なので、変態ショートカットなどをアプリを駆使して使っていたりするが、そのあたりは上級編としてまたお伝えしていきたいと思う。